2018年3月

先日築約40年の水澤工務店さんが新築し、

15年前に同社が改修を行った物件へご縁あって退去立会するという、

なかなか出来ない体験をしてきました。

また水澤工務店さんの物件という事で、

立会以外でも多くの事をいっぺんに感じる事が出来、感謝感謝。

仕上げは勿論、素材、収まり、デザイン、賃貸立会、不動産会社、工務店、家電そして人など、

多くの事を感じる事が出来た中でも特に感じたのは、、、

「良いものは良い」という事。(知ってるよ的な 笑)

細部にまでこだわった素材そしてデザイン、

これは古びる事はなく逆に存在感があり、品があり、オーラがあり、

住む方を包み込んでいる印象を受けました。

(下記写真でもすこーしは伝わっていただけるのではないかと。)

次の住まい手さんはどんな方になのか、

個人的には建物の価値が分かり、先を考え愛着もって住んでいただける方が良いですが、

どうなるのか。

人と人のやりとり。

不動産は難しい。。

今後もしかしたらこの物件をご紹介させていただくかもしれませんので、

その際は改めてご案内します。

8a1a1601236f42ee80996f874ccb8658

こんにちは。

中山です。

桜も満開に咲き誇り、連日ぽかぽかの陽気で

心にも春がやってきましたね。

桜の花言葉は、種類によっても違うようですが

女性の美しさや強さを表す意味が多いようです。

4月から新生活が始まる方も多いと思います。

建築業界も合わせて春先は、とても忙しい時期になります。

今日は、私が関わらせて頂いている「コーポラティブハウス」について少し触れていこうと思います。

まずコーポラティブハウスとは?

ご存知の方は、まだまだ少ないと思います。

簡単にゆうと、「自由設計ができる集合住宅」になるでしょうか。

数名~十数名の規模で集い、みんなで0から小規模なマンションを作るといった感覚です。

Img_0732

分譲マンションは、最初から決まった間取り・内装・設備を買うといった感覚ですが、

コーポラティブハウスは、新築の一戸建て同様ゼロから決めることができるといった点で、

マンション購入とは異なり、新築戸建てよりも予算は抑えた、自分らしい家作りができる

仕組みといえるでしょう。

自分らしい家つくりと一言でいうと、すぐには思いつかないとは思いますが、

「住まいを買う」のと「住まいを作る」という二つの方法から考えると

後者のほうが明らかに「らしさ」を反映した家つくりができるのではないでしょうか。

マンション購入をご検討中の方は、まずコーポラティブハウスという選択肢もあることを

知っていただけると人生が変わるかもしれませんね。

実は、弊社でもコーポラティブハウスの企画を行わせていただいております。

ご興味のある方は、お気軽にお問合せいただければと思います。

NENGO COOPERATIVE HOUSE

それでは。

中山

誰もがこの写真をみて『同じ色に塗らないの?』と質問されるそうです。

新しく鴨居に使われた木材は年齢を重ねることで、既存の木材たちのような落ち着いた

あめ色に近づいていきます。

中心にある柱は表面をリフレッシュしてもらい、新しい鴨居たちにあわせて少し若作りして

おります。色は違えど、住まいを支えてくれるに役割に変わりはありません。

Img_0224_2

出来たての見た目をそろえるための塗装を施さない理由、それは美しい木材の経年変化を

楽しんでいただきたいからです。

今回、木材の美しさを堪能できるこちらのアトリエ兼ギャラリーでポーターズペイントも

お手伝いさせて頂きました。ギャラリーに展示されるのは世界で活躍されている帽子作家

さまの作品で、併設のアトリエで生地の染色から成型の作業も行われます。

南面の大きな開口から降り注ぐ光、レコードから奏でられるBGMが流れるここでの暮らし

をイメージしながら2つの色を提案させて頂きました。

STONE PAINTS FINEの"CAMEL BACK"をベースに収納スペースはEGGSHELL"BRASIL

NUT”は木材の経年変化の中に添う色をご提案させて頂きました。お客様の暮らしの引き立て

役ですので引越しが整うまでは完成ではありませんが仕上がりはこんな感じです。

Img_0229

Img_0232

五感で感じる見学会を来月に予定しております。

色で楽しみ、木材に触れ、レコードを耳で聞き、美味しいお茶で香りと味を

楽しんでいただけるひと時になるはずです。ぜひNENGOのイベントページも

チェックください。

ポーターズペイント 中込

イエローです。

春を感じさせてくれる黄色の代表といえば菜の花。

なかなか街中で見ることが少なくなった菜の花ですが、季節の食材としてスーパーなどで

見かける機会の方が増えたでしょうか。

Img_7103

そしてミモザ。
フラワーショップで見かけることが多くなり、すっかり日本の春の花の仲間入りをしておりますが

原産地はポーターズペイントと同じオーストラリア産です。

Img_0203

暮らしの中で花は季節の色を届けてくれる重要な役割を持っています。

ポーターズペイントは16色の顔料で植物などアースカラーの色表現を叶えてくれるペイントです。

皆さんのインテリアでぜひ体験いただきたい色を取り揃え、ご相談をお待ちしております。

170523_nengo31576

PORTER'S PAINTS JAPAN
中込

   こんにちは!

   スタッフ藁谷です。

   全国で桜の開花が例年よりも早いというニュース通り、 

   今年はいつのまにやら春陽気が急に訪れ、なんだかちょっと得した気分です。

   そう、気分ってとても気候に左右されるものだと私は思っています。

   そんな気分を高揚させてくれるような、素敵なお洋服が並ぶ

   アパレルショップが青山にオープン。

   壁の仕上げを、ポーターズペイントのフレンチウォッシュで施工させて頂きました。

   

今回は、"主張し過ぎない仕上がりと色"  というデザイナーさんのご希望に添うように、

   本来ムラ感が特徴のフレンチウォッシュですが、ムラ感が極力さりげなく仕上がるような

   色をご提案させて頂きました。

   店内のグリーンやアンティークの什器、上質ながら遊び心の見え隠れするような大人の服。

   素材と物が引き立つような空間を是非ご覧に足をお運び下さいませ。

   

C0d0f19cf32c4064b90ca32e6448d287

   curensology AOYAMA

   〒107-0062

   東京都港区南青山5-5-25  T-PLACE 1F

   03-6419-7899

    

ポーターズペイントでは、本格的な錆を出せるペイントがあるのを知っていましたか?

ベースになるLIQUID IRON (リキッドアイアン) にINSTANT RUST (酸化剤) をかけて、時間が経つと錆が発生します。

しかも、その日の気温や湿度や酸化剤をかける回数によって錆びの出方がかわることがあります。

それでサンプル見本を作るときに塗るタイミングと塗る回数が同じだとしても、乾きにおいて置く場所だけがことなって表情がかわるときもあって、とにかく謎もまだ多いペイントなのです↓↓↓

Img_6754

その格好良さに裏切りがなく、一つの空間にさまざまな姿をみせてくれるのは、このLIQUID IRONに間違いがないです。

Img_6758

今回どういう感じに錆びていくのを毎回見届けることはサンプル作成者としてワクワクします♪

お店や植物の背景として使われることが多いですが、皆様のそれぞれの空間にどう活躍できるかを一緒に考えてみてはいかがですか?

ご来店をお待ちしております!

こんにちは。

ポーターズペイントには全国22箇所に代理店さんがございます。

定期的なワークショップを開催されているところもありますので、

お近くの代理店をぜひご確認下さい。ここをクリック

今日は愛知県のみなさまにお知らせです。

愛知県の代理店のCarafeさんの『春色イベント』のご紹介です。

3月10日(土)~

ポーターズペイントがリニューアルをした新色に合わせて
選びたい綺麗色のクッションやカーテン、ベルギーの花器などが入荷されるそうです。

期間中はお子様向けのワークショップやポーターズペイントの無料体験コーナー、ハギレ市など楽しいイベントをご用意されるそうです。

爽やかな気分とともにぜひ部屋の模様替えのご参考にしていただけたらと思います。

Carafe

詳しくは直接下記へご連絡下さい。
カラフェ/ ZONE C. CORPORATION
http://www.carafe-jp.com/shopinfo/


よくいただくご質問の1つに、

「PORTER'S PAINTSはクロスの上から塗れますか?」という質問があります。

塗れるか塗れないかで答えるならば、答えはYESです。

クロスにも、プライマー+2回塗りの手順で、きちんと定着します。

しかしながら、クロス上の施工はあまりオススメしていません。

なぜか。

クロス上施工では、PORTER'S PAINTSの良さである

骨材と刷毛のストロークによる陰影や質感が100%活かされないからです。

A526f9fc90c14bb784adad331e7c9153

47b7281cf84f4ed3bdbcb4932fe07ec5

陰影や質感は、平滑な下地でこそ美しく表現されます。

クロスにはほぼ、凹凸のある柄がすでに入っています。

その、ほんのすこしの凹凸でも仕上がりに影響が出るのです。

例えば、以下の写真のような、柄の入ったクロス。

PORTER'S PAINTSの色は楽しんでいただけますが、

クロスの柄が塗料より勝ってしまい質感は100%にはなりません。

061e9a8f1c464489b5b65491f4008421

ですので、クロス上に施工する場合

色をつけて雰囲気を変えたい!というご要望のみならば

他社様の塗装の方が良いのではないでしょうか、とお話させていただいております。

クロスを剥がして、質感のあるPORTER'S PAINTSで仕上げたい!というご要望であれば

①クロスを剥がし、②剥離による下地の傷みに丁寧なパテを施し、

③PORTER'S PAINTS PAPER (PORTER'S PAINTS専用 表面が平滑な紙クロスを貼り付けてから ④PORTER'S PAINTSを施工

という手順で承ります。

クロスを剥がした下地がボロボロになってしまうのでは、、という恐れがある場合は

①クロスを剥がさずに、②表面の凹凸を総パテで埋め、③PORTER'S PAINTSを施工

という手順もございます。

空間に、色だけではない特別な仕上げを施したい際には

ぜひ、PORTER'S PAINTSをご検討ください。

NENGO 松川

こんにちは!

PORTER'S PAINTS の渡辺です。

先日、二子新地に誕生する、ある場所でワークショップを開催致しました。

地域の結びつきを大事にする大家さまとその場所のオーナーになる方と共に、

地域の住人の皆さまにお手伝いいただき、一室を完成させました。

詳細はもう少しでお披露目できますので、今日はワークショップに来てくれた

可愛いこどもたちのお写真のご紹介をさせていただきます。

******************

仲良しのふたり!力を合わせて一緒に塗ってくれました♪

Img_3698


みんな仲良し!

がんばったから、手にはペイントべったり!

Img_3699

こちらの男の子。

一年前にお隣のニコルーチェさんで行われたワークショップでも脅威の集中力を見せてくれましたが

今回は倍の時間かけて塗ってくれました!

将来はペイント職人かな?

Img_3700

いかがでしたか?

PORTER'S PAINTSはお子様にも安心な水性塗料で、刷毛で楽しく塗っていただけます。

ご検討されている方はぜひHPからお問合せくださいね。

それでは、次回はこの場所の全貌をお伝え致します!

渡辺でした。

日曜日の午後。人を待っています。3名の大切な友です。友あり遠方より来たる。西の海の方からバスと電車を乗り継いでやって来ます。

生きる事を焦ってはいけませんね。待つことも楽しみましょう。待つ時間も大切な人生の一コマです。1日24時間の全てを楽しみたいものです。

中学の修学旅行で奈良の薬師寺に行きました。「3分間を精一杯に生きなさい」その時の高僧のご説教です。人は24時間頑張り続けることは出来ませんね。それを3分に分け気付いたら24時間全力を尽くしていました、そんな風を目指せといった意味なのだろうと当時私は思いました。

バブルの頃に時任三郎が歌っていました。24時間戦えますか。それが当時のサラリーマンのファイティングスピリットだったのでしょう。しかし時代は移りました。生産性を上げ戦うべき24時間を8時間に凝縮する。そして、充実の余暇を過ごす。これが現代のビジネスパーソンの流儀ですね。やりましょう。3分間脇目も振らずに8時間。おのずと24時間は8時間に凝縮されます。これこそが私達NENGOの心意気です。多分24時間戦うよりはるかに意味のあることだと思います。