施工事例 Feed

こんにちは。山口です。

本日は塗装の下地のパテ処理について説明します。

普段は意匠の下で見えませんが、間取りの変更をするリノベーションや、

新築の工事ではよく見かける光景です。

私たちが普段みている壁は塗装や、ビニールクロスです。

その下には石膏ボードというボードやコンクリートがあり、それらを平滑に処理してから、

塗装やビニールクロスが施されています。

Img_2972

こういったボードとボードのつなぎ目を綺麗に平滑にします。

これがビニールクロスの場合は、上から貼るので、ある程度の平滑でいいのですが、

塗装はその下地処理がそのまま凸凹が出てしまうため、職人技でかなり平滑に処理するのを

「パテ処理をする」と言います。

なので、普通のビニールクロスの下地処理と、塗装の下地処理は技術も丁寧さも全く異なるのです。

そのため、職人さんの技術を要する塗装はビニールクロスとの比較では高額になってしまいますが、

費用対効果では、かなり塗装に軍配が上がるかと思っています。

その理由は様々ありますが、大きく分けて3つあります。

①まずはひとつは、健康面です。

壁とあまり通気性のないビニールクロス(つまりはビニールなのです、、、)の間で、

カビなどの発生がおきやすいです。

よく賃貸の退去時にクロスを剥がすと、カビだらけなんてこともよくあったりします。

そういったことが塗装はないです。カビが生えるとすると表面に出てきます。

なので、それを拭くなどの処理が可能です。ビニールクロスはそれができませんので、

ずっとカビのある家に住むことになってしまいます。

②理由のふたつめは自由度です。

ビニールクロスは自身で貼ったり剥がすのは大変ですが、塗装はやろうと思えばできます。

弊社輸入元のオーストラリアでは、当たり前のように住む人が自身で

ペイントをしている文化があります。

またビニールクロスは破れてもしまうとなかなかメンテナンスしにくいですが、

塗装の場合は、部分的な補修などもしやすく、また何より自分たちで家に手を加えて、

自由に変えていける楽しさがあります。

③さいごの理由は、居心地の良さです。

大量生産のソファや椅子と、職人がひとつひとつ丁寧に作ったソファや椅子の座り心地が

違うのと同じで、大量生産で均一に作られたものを後から貼るビニールクロスより、

職人が丁寧に仕上げた空間はなによりも居心地の良さが異なります。

また色もビニールクロスと異なり、弊社では300色以上、さらにはオリジナルを検討すれば、

1000色以上の無限の色を生み出せます。

弊社ではあまり色数が多すぎても大変なため、あえてコーディネートのしやすい色を

厳選した色をご用意しております。

ぜひこれからリフォームやリノベーション、新築等でご検討されている方、

また既にお住いの家でもお気軽にご相談下さい。

工事も、ご自身でペイントされる場合もどちらも承っております。

ボードを貼った状態↓

Img_2971

ポーターズペイントを塗装した状態↓ 陰影が美しいです。

123388682_3434030840012950_449521_2

皆様

こんにちは、高瀬です。

2021年が明けて大分日が経ってしまいましたが、

本年もよろしくお願いいたします。

今年は私の年代が厄年なのですが、厄に負けずに頑張っていきたいと思います。

突然ですが、

皆様はタイトルの言葉をご存知でしょうか。

「遠きに行くは必ず邇き(近き)よりす」

こちらは言葉の意味は、物事を行うには、順序を追って手近なことから着実に進めなければならない。

という意味があります。

仕事に関しても、プライベートに関しても同じことが言えると思います。

一つ一つ順を追って進めていかないか成功には辿り着くことは出来ないと思います。

昨年末から駒澤大学駅付近で現場が始まっています。

自分が思ってもいない事や分からないことに多く直面しています。

そういった際にその問題に対して一つ一つ順を追って進んでいけば答えは見つかってくると思います。

その現場も残すところ1か月を切りました。

自分に出来ることは何かを良く考え一歩一歩進み自分を成長させていきたいと思います。

今施工をさせて頂いている現場ですが、スポーツジムのティップネスです。

スポーツジムに入会を考えている方がいらっしゃいましたら、

是非ティップネスのご検討をよろしくお願いいたします。

142386692_2970679949819530_20446330

皆さん

こんにちは。窪田です。

先月ご紹介しました地元での施工ですが、

完成写真をいただきましたので皆さんに共有いたします!

Img_6388

Img_6398

店舗名 GODIVA仙台パルコ店

設計事務所名 株式会社HiP

柔らかい空間にしたい、、というご依頼からFRENCH WASHを採用いただきました!

GODIVAさんという本当に多くの方々に愛されるお店に採用していただき非常に嬉しいかぎりでした。

GODIVAさんもそうですが、普段からよく目にする店舗にも沢山PORTER'S PAINTSを塗装させてもらっています。

先輩たちの過去の施工のお話しをきくと、「え!そんなところにも!」と驚くことがあります。

こんなところにPORTER'S PAINTSを塗っているんだな~とより多くの皆さんに気付いてもらえるように、今後もブログで施工事例を発信していきたいと思います。

今年も多くの人に助けられて無事何事もなく終えることができました。

ありがとうございました。

2021年もどうぞよろしくお願い致します!

こんにちは、

PORTER’S PAINTS髙瀬です。

2020年も残りわずかとなりました。

皆様はどのような一年になりましたでしょうか。

私は大学を無事卒業し17年続けていた水泳とも離れ、小さい時から携わりたいと思っていた

建築関係の仕事に就くことが出来、日々学び成長が出来てる日々でした。

コロナウイルスが流行し今までは考えられない日常を送り、

そんな中新社会人となりある意味当たり年ではないかとポジティブに考えています。

最初の半年は右も左も分からない為ひたすらに色々な事を学び、自分の中でも苦戦をする毎日でした。

夏が過ぎた辺りから少しずつ仕事にもな慣れ、以前先輩が担当した現場の改装工事にて初現場を持つことができ、そこから少しずつですが現場を持つことが出来ました。

色々な設計さんと話をする機会も増え楽しく、苦戦することも多々ありますがとても濃い一年になったと思います。

そんな中夏頃から話を頂いていた大きなスポーツジムの案件を受注することができました。

上司や先輩達に色々相談をし助けてもらっている現場ですが、自分が成長をできる絶好のチャンスだと思います。

「考えることを辞めてしまうと成長をしない。

 ここはなんでこうなっているか、ここをどうしたら良くなるか、自分ならこうするけど他の人はどうするのか追求した方がいい。」

現場の職人さんに教えてもらいました。

この現場もそうですが、他の現場や日々の業務で常に考え一手先ではなく二手、三手先の事も考えれるように成長をしていきたいと思います。

132322939_2758837434373012_76763790

PORTER'S PAINTS向原です。

いつものような年の瀬感があまり無いのはやはり忘年会がないからでしょうか。

2020年もいろいろな現場に携わることが出来たのですが、

2月頃からコロナの影響で通常とは異なる営業や現場環境を経験することとなりました。

ですが根本はやはり変わらないわけで、お客様のイメージを具現化していくことに力を注ぐのみでした、

ただ私が実際に施工するのではないため、あくまで中間的な立ち位置のもと施工スタッフへバトンを繋ぐのですが。

物件数が増えるとそれだけいろいろな施工スタッフの皆様とお仕事をさせて頂けました、

最近では写真のようなことも。

Img3011

Img3015

フレンチウォッシュ施工完了後に壁を足すこととなったため、

追加の壁も施工することに。

だが猶予が1日しかないため全面塗り直しは出来ない、

ただ通常はフレンチウォッシュは部分的な補修は不可。

さあどうする、となっても施工スタッフの技術力で全面塗りなおさずに綺麗な仕上がり。

誰にでも出来ることじゃない難しいことも、さらっと仕上げてしまうことに尊敬と感謝の念を持つと共に、安心感を感じました。

やはり仕事をするうえで安心感を与えることが出来る人には人が集まり、仕事が集まってくるんだと

しみじみ思いました。

私もそんな人間になれるよう精進せねば。。。