施工事例 Feed

皆様

こんにちは。

タイトルの通りですが最近は下記のような仕上げを良く扱っております。

Img3256_1

こちらは地層をイメージした仕上げです。

エイジングやマーブリングを施工していただくスタッフの方に作成いただきました。

仕上げの名称はエイジングでもマーブリングとも呼ばない仕上げです。

なんで名付けましょう。。。

Img0007_2

Img0008

Img0013

こちらはマーブリングに近しい仕上げです。

デザイナー様の頭の中にあるイメージを具現化するには、

材料のみの力では厳しい時だってあります、そんな時は卓越した技術に頼らせて頂くのがベストかと。

気になる方はお気軽にご相談くださいませ!

皆様

こんにちは、髙瀬です。

早速ではありますが下に添付した写真は実物か偽物かどちらでしょうか。

Img_2147_2

照明器具が見えているので、すぐわかりますね。

これは実物ではなく絵描きです。

塗装ではなく弊社でエイジング塗装を得意とする職人による絵描きになります。

先日私があるオフィスで、

「オフィスの会議室を海にしたい!」という施主の要望があると設計さんから連絡をいただきました。

海にすると言っても陸から見た海なのか、海の中の水中なのか、上から見た海なのか

色々と発想が浮かびますね。

せっかくなら空も書きたいよね!という職人さんの意見をもらい、

過去に施工をした写真を職人さんよりいただき、設計さんに提案したらとても好印象でした。

「髙瀬さん、海の写真送ってきたよね?」

「〇〇さん、これ職人が描いたんですよ!」

「ほんとに!? 写真かと思ったよ。」

設計さんがびっくりするくらいエイジングが得意な職人さんです。

絵描きを任せたら誰にも負けません。

塗装はその空間に馴染み雰囲気を変えますが、

絵描きはその空間にあたかも実物があるかと思うような存在感を与えます。

塗装でできないことが絵描き(エイジング)では可能で

絵描き(エイジング)ではできないことが塗装では可能です。

どちらも何ものにも代えがたい代物です。

海の施工が無事にできたあかつきにはブログで写真を投稿させていただきます。

楽しみにお待ちください。

皆様こんにちは、高瀬です。

8月は雨が続く日もあり、

気温が一時的に下がり過ごしやすい気温だったのですが、

今週からまた暑い日が続いていおります。

お体に変化はないでしょうか。

知らない間に脱水症状になっている可能性もあるのでこまめに水分補給を行ってください。

9月2週目からは気温が少し下がるのでそこまでの辛抱です。

前置きはこれくらいにして、

タイトルにも記載をしました。

MORTEX(モールテックス)を皆様ご存じでしょうか。

モルタル系材料を薄塗りし仕上げる左官仕上げです。

ネットやインスタグラムなどのSNSに住宅の一部仕上げ材として

特集がくまれていますね。

表情としては色ムラがでて、防水機能もあるので水周りにも施工ができる、

とても魅力的な仕上がりになります。

ですが、施工をするにあたりデメリットがあります。

それは施工期間です。

MORTEXには乾燥時間が20時間前後必要になる工程があります。

そのため施工期間が他の仕上げよりも長くなります。

良い物をを仕上げるためには、やはり時間がかかるみたいです。

私は8月にMORTEXを2件施工させていただきました。

色々な箇所で施工をさせていただき多くの方に興味をもってもらえるように頑張っていきます。

Img_2004

Img_2008

皆さん

こんにちわ

向原です。

株式会社NENGOは6月より40期をスタートさせました。

節目の年です!

先日マンションデベロッパーのL-trusu様のオフィスを施工させていただきました。

Dsc09001_1

Dsc09042_1

Dsc09059_1

Dsc08961_02_1

オフィスは全てポーターズペイントのFRENCH WASHとSTONE PAINT FINEで仕上げさせて頂きました。

このご縁を大切に今後も、自社で手掛けるマンションシリーズでもスペックを頂いております。

普段とは異なるお客様の層ですが、新しい可能性を信じて今期もがんばります!!

皆様、こんにちは

ポーターズペイントの髙瀬です。

弊社株式会社NENGOは6月より40期になりました。

期も変わったので改めて1から頑張っていきたいと思います。

今月はたくさんの現場を施工をさせていただきました。

その中で私がかっこいいと思った仕上げをご紹介させていただきます。

Img_1570_2

こちらは「LIQUID COPPER」という塗料を使用した仕上げになります。

こちらの塗料には金属の成分が含まれており、銅色に仕上がるのですが、

仕上げた後に乾燥を十分にさせ「PATINA GREEN」というアルカリ液を塗ることで、

塗料内の金属が反応し緑青を出すことができます。

私自身金属系の仕上げは今まで一度もなかったのですが、

今回施工の機会をいただき施工いたしました。

仕上がりを見るととにかくかっこいいです。

施工時の天候や気温などにより反応具合が変わり、

唯一無二の仕上がりになります。

こちらの仕上げは弊社溝の口の本社のショールームに

サンプルウォールとして施工をしておりますのでご興味のある方はご連絡ください。