タイトル雑色てすが色の話しではありません。
先日、夕暮れの雑色を訪れました。ぞうしきと読みます。極たまに訪れる街ですが心に出来た隙間を埋めてくれるような独特の空気感を持った街です。
ホームに立つと快速電車が風圧を感じるほどギリギリを走り去り、商店街のお肉屋さんにはコロッケやウズラ串が並び、そのお隣りでは鉢巻きのお兄さんが焼き鳥を焼いています。どこかで見たような懐かしさのある光景です。この懐かしさはどこか来るのかと考えているうちにハタと気付いたことがあります。
私が少年期を過ごした昭和40年後半では生活のかなりの部分が知り合いで成立していました。
八百屋さんもお肉屋さんも魚屋さんも味噌屋さんも牛乳屋さんも酒屋さんも靴屋さんもラッパを吹いて廻って来る豆腐屋さんも駄菓子屋さんも皆知り合いでした。今と比べると何も無い時代で世界などは遥か遠くにあるものでしたが、生活において生の人付き合いが濃厚で皆が助け合って生きていたのかなと思います。今よりも大人が大人であった気がします。地に足が着いていたとも言えます。
全ての国民に幸福を追求する権利があることは日本国憲法13条が国に命じ保証するところです。しかし実際にはこの資本主義下では競争に勝たないと幸福にはなれません。求める権利はあっても捥ぎ取らないと自分のものにはなりません。はやりの自己責任です。幸せは勝利の向こう側にあるわけです。
お母さんが幼い我が子を見る目はなぜあんなにも慈愛に満ちているのでしょう。そんな目で全ての人が全ての人を見ることが出来れば、全ての人が幸福になる社会が実現するのでしょうか。そうではない、捥ぎ取らなければダメだとつい考えてしまうのは、誰かが決めたこの世界のルールにドップリと浸かってしまい思考停止しているからだと考えるのは少なくとも半分は正解なのでしょう。
人生の目標をどこに置くかは状況、思い、年齢によって大きく変わります。地に足を着け思考を再開し自分なりの答えを見つけ後は堂々と生きて行きたいものです。 
しばらくは永遠に来ないであろう勝利を目指して右に行ってつまずき左に行ってぶつかりながら肩肘張って生きるしかないのでしょう。そんな毎日を楽しむのがきっと人生なのでしょうね。なんか弱者の言い訳みたいになってしまいました。

お世話になっております。
ポーターズペイントのチャーリーです。

今日は台湾について話しようと思います。
以前、文化財修復の授業で先生が二枚の写真を見せてくれました。
写真に写っているのは二枚の扉でした。
台湾のお寺の正門には必ず書いてある門神の復元でした。
4EF620B2-62E6-4440-B755-310E4130E04B.jpegをダウンロード


二枚の画像の中で一枚は日本の復元班、一枚は台湾の復元班が再現したものでした。

再現とはいえ、色彩のちかいで担当が丸分かりでした。
どうしてかというと、背景に使われている赤でした。
日本復元班が選んだのが朱色に近い赤、台湾復元班が選んだのは青っぽい赤でした。

国によって同じ色でも自分なりの解釈の仕方があるのわかりました!

皆さんの中に自分の文化に代表できる色ございますか?

皆様こんにちは。
窪田です。

本日はポーターズペイントの仕上げの一つ、LIQUID IRONについてご紹介致します。

鉄粉が含まれた塗料を塗装し、その上から酸化剤を塗布することで錆を促進させます。

本物の鉄粉が反応し、生まれる表情は、その時の環境によって変化するため、一つ一つが唯一無二の仕上がりになります。

こちらは、違う環境で仕上げたLIQUID IRONを並べた写真です。

Ba9cc28ff67c45dd820f14fd580b902e


見ていただくとわかると思いますが、錆の色が違います。

その時しか生まれない、世界に一つの表情をぜひ楽しんでください!

皆様こんにちは!

夏も終盤、残暑を楽しめるくらいの心の余裕を持ちたいと思う今日この頃です!
暦のうえでは8月7日ごろを立秋、8月31日の今は処暑というのですね。

処暑とは、読んで字の通り「夏が過ぎるころ」という意味を表しているそうです
年々夏が長くなっているような気がしますが毎年秋になるのは一瞬なので今はまさに処暑なのだと信じたいです。

秋になると赤や茶など暖色系のものが街にあらわれますね
オータムカラーは深みがある色が多いと思います

Photo


ポーターズペイントは茶系の顔料を豊富に取り揃えているのでくすみや深みのある色がとても得意なのです

先日、板サンプルを塗っていたら意図とせず秋色なラインナップになりました

Photo_2


秋はこころなしか年々短くなっているような気がします
だけど秋が一年でいちばん好きという方もおおいですよね◎

今から秋を楽しめるようばっちり準備しなければ☆

こんにちは

中山です。

先日毎年恒例となったふるさと納税をしようとサイトを見ていたところ
お仕事させて頂いた平戸市の返礼品に目が行きました。

昨年も平戸のなつ果ブリを選んだのですが、今年は昨年とはまた違った感情で
手を伸ばしました。

というのもふるさと納税って納税する理由で市町村へ税収の使い道を指定できるんです。

平戸でタクシーを利用した時の運転手さんの言ってたことを思い出しました。

「産業が死んでる」

都内での仕事が多い私からすると平戸はのどかな場所で、
環境的には人が住むべき場所なんではないかと思っていたので
その言葉を聞いて、生きている以上お金とは縁を切れない生活。
つまり仕事が絶対的に必要なんだと改めて現実を突きつけられたように感じました。

なので、地方創生の仕事(農業・水産業)を支持する項目に寄付しました。

ふるさと納税って実際住んでいる地域からすると税収が減っていて大変なんだよな。
と誰かが言っていました。
確かにそうなのかもしれないけど、それって人口流出とか残すべき文化や生活様式等を
考えるうえで自分をベースとして当て込みすぎなんじゃないかなとも思ったりもします。
納める税金すべてを地方に寄付しているわけではなく、ほんの気持ち程度の話だと思います。

「気候・風土・歴史・文化を読み込み、街つくりをする。」

弊社のミッションです。

都内で行うべき事、地方で行うべき事って全く違うなと思います。

新たに作り出すこと、維持する事、復活させること。

これまでに失われてしまった文化さえも思想とお金があれば盛り返すことができるのかもしれません。

ふるさと納税を通してお世話になった人の生活が少しでも豊かになり、
少しでも幸せになってもらえるように。少しでも。

そんな気持ちで今年もブリをおいしく頂きます。

それでは。

21591477