みなさまこんにちは!

先日27歳になりました、PORTER'S PAINTS SHOPの渡辺です。

秋生まれだからか秋が大好きな私ですが、最近は台風や雨が多くパッとしない毎日が続いていますね。

すっきりとした秋晴れの空を見られる日を楽しみに毎日過ごしています。

さて、本日は先週のワークショップの様子からお伝えしたいと思います。

先週は3名の小さなお子様が参加してくれました。

大人用のエプロンをたくし上げてなんとかつけてもらい、

顔より大きい刷毛を一生懸命動かして目いっぱい背伸びして塗ってくれていました。

Img_0164

Img_0085

手や顔にたくさんペイントをつけて塗ってくれていました。
ポーターズペイントは水性塗料なので顔や手にたくさんペイントがついてしまっても取れるので安心です。

匂いもなく安全品質なのでお子様にもこうして存分に塗っていただけます。

ぜひポーターズペイントでご家族の思い出作りしてみませんか?

10月のワークショップは後半まだ空きがございます!

ご予約は早く埋まりやすいため、ぜひお早めにお申込みください。

みなさまのお申込み、心よりお待ちしております。

http://porters-paints.com/workshop.html

*********************************

さて、先週から始めました、わたくし渡辺のカラーコーディネーター検定合格への道!

本日2回目お送りいたします。

本日は≪色彩の連想≫についてです。

みなさま、ピンク色とチョコレート色を想像してみてください。

どちらの方が”柔らかく”感じるでしょうか。

印象では様々な答えがもしかしたらあると思いますが、これはしっかりと色の見え方として説明がつくものなのです。

答えはピンク。

ピンクは柔らかさを表現します。

実は、明度(明るさ)が高い色は「軽く」、低いものは「重く」感じるのです。

よって、明度の高いピンクの方が軽い=柔らかい

明度の低いチョコレート色は重い=硬い

このように感じられるのです。

例えばベビー用品などはベビーピンクやベビーブルーといったパステル調の明るい色が使われているイメージがあると思います。

これは人が持つ「赤ちゃん」のイメージと、色がもつ柔らかさとを結びつけていると言えるでしょう。

色の軽い、重いの話でおもしろい実験例を見つけたのでご紹介します。

***********

同じ重さの箱を2種類用意し、片方は真っ黒に、もう一方には明るい青を塗りました。

そしてそして同じ体力の二人の男性に、一定時間内に目的の場所まで幾つ運ぶことができるかを競わせました。

すると明るい青の箱を運んだ男性の方が箱をたくさん運びました。

黒い箱を運んだ男性は、箱を見たときから「重そう」という印象を抱き早々と疲れてしまったそうです。

**********

このように色が与える印象やイメージというのは心理的にも影響してきます。

周りを見渡せばそういった色の連想を利用した商品パッケージや様々なものが溢れていることに気づけると思います。

お部屋の壁の色一つでもそういった心理的効果も考えてお色選びをすることが可能です。

ぜひ、わたしたちにご相談くださいね。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。

本日もお読みいただきありがとうございました!

こんにちは、ポーターズペイントショップの渡辺です。

本日はまずはお知らせから。

9月17日(土)のワークショップに1席空きがございます。

9月は早々とお席が埋まってしまいましたため、ご案内さしあげられなかったお客様もいらしたかと思います。

この機会にぜひ、お申込みくださいませ!

お待ちしております。

お申込みはこちらから!

ワークショップ詳細と、10月のワークショップのご予約についてはこちらからどうぞ!

14191452_549363505273238_1468193531

***********************************

さて、最近のわたしはといいますと。。

12月の頭にあるカラーコーディネート検定3級試験の合格に向けて勉強しているところです。

カラーコーディネートというと色の組み合わせや色の効果などの知識が中心となるとおもいきや、色の認識などの生物的観点であったり、色の移り変わりといった歴史的観点などの知識も必要となっており、率直なところ難しいな~と感じています。

しかし勉強しなければ知りえなかった知識を得ることはとても楽しく刺激的です。

ぜひこの場をお借りしてわたしが学んだことを発信させていただきたいと思います。

本日は日本における歴史的観点からの色の知識をお送りします。

みなさま、聖徳太子が定めた≪冠位十二階≫、という制度をご存じでしょうか。

簡単に言うと、奈良時代当時の役人を12の階級に分けた制度です。

そしてこの12の冠位それぞれには色が与えられていました。

位の高い順から徳(紫)、仁(青)、礼(赤)、信(黄)、義(白)、 智(黒)の六階。

それをさらに「大」「小」に分けて、十二階としていました。

ここで注目すべきは、なぜ、上位の色が紫、青、赤、黄なのか、という点です。

現代では合成顔料や染料の普及により色を自由自在に大量に染めることが可能となっていますが、昔は自然のものから採取した天然染料を使って染めていました。

そしてとりわけ天然染料だけで鮮やかかつ濃い色に染め上げることは、大量の天然染料を必要とし手間のかかることであったため、紫、青、赤、黄などの色が位の高い者だけに纏うことが許された色となったわけです。

ちなみに冠位十二階の色の由来は、中国の哲学的思想「五行説」から来ているそうです。

そして当たり前ですが時代の移り変わりによってそういった色の価値観というものは変わってきます。

例えば平安時代になると、こうした身分の差による色分けの縛りは弱まります。

平安時代といえば枕草子や源氏物語にはじまる文学や、貴族文化が華々しい時代でした。

そのため文学や着物などにおける色の表現といったものが広く使われるようになりました。

こうして日本の色彩感覚というものは、他国からの影響であったり、続く時代の中で生まれ、定着していったものであることが言えるでしょう。

日本人は人種の中で一番色彩感覚が豊かな人種と言われています。

目の色などの科学的な観点もあるかと思いますが、こうした文化的、時代的背景も十分影響しているのではないでしょうか。

こうした日本人の色彩感覚を生かし、ポーターズペイントでは、和の色のカラーカードもございます。

(個人的に眺めているだけで癒されます。。)

Img_0060

もちろん、一色一色に名前がついていますよ。

ぜひこちらも合わせて色選びなどなさってみてはいかがでしょうか。

また、先ほど自然顔料のお話しをいたしましたが、ポーターズペイントもオーストラリアの花や土などから採られた自然顔料を使用して色の調合をしています。

そしてその顔料の種類は世界最多の16色。

そのため、こうした和の色などの微妙なニュアンスや深みと幅のある色を表現することができるのです。

それでは長くなりましたが今日はここまで。

本日もお読みいただきありがとうございました。

こんにちは。

今朝、全速力で走っていたら、かばんのチャックが開いていて、道端にパン落としてきてしまった竹藤です。

担当させていただいたお客様の作品展示会が本日より開催されますのでご案内させていただきます。

奥様は.URUKUSTという革のお財布などをハンドメイドで作成されており、旦那様はFLANGE plywoodという家具の設計から製作までを行っています。

 

旦那さんの上田さんがやられているFLANGE plywoodは反りや歪みが少ないといった合板の特性を活かし、今までの合板のイメージを覆す家具を作成されています。

積層することによってできる合板が魅せる独特な表情がシンプルなフォルムの家具に唯一無二の印象を与えます。

 

奥様の土平さんがやられている.URUKUSTのレザープロダクトは機能性と簡潔さ、スタイルを合わせ持ち、無駄なパーツを減らしシンプルな構造で今までにない新しいデザインを作り出しています。

またご自身が作成するだけではなく、ものづくりを通して、つくる楽しさやその大切さを伝える活動も行っています。

私も実際に土平さんのお財布とキーケースを愛用しています。

ポーターズペイントのスタッフたちにお財布を自慢していたところ、実際に手に持ってもらったスタッフみんながボソッと「さわり心地がいい」と。

土平さんのこだわった革の「さわり心地」。

女性が持っても、男性が持っても手に馴染みます。

しかも小銭入れのチャックを閉め忘れて、小銭をばらまけることもない。

パンを道端に落とすようなおっちょこちょいな人には持ってこいです。

14159961_550421488500773_1222068036

現在アトリエは月1回のみ開店しており、今回の展示は直接お2人にお会いして作品を見ることができる大変貴重な機会です。

また小泉硝子製作所さんの手吹きガラスもとても気になるところ。

今回の展示会は表参道のスパイラルマーケットさんで行われるため、ポーターズペイントを塗った壁はご覧になれませんが、ご興味のある方はぜひこの機会に行かれてみてはいかがでしょうか?

「合板×革×硝子 それぞれの工房展」
2016/9/2 fri – 9/15 thu 11:00 – 20:00
spiral market selection vol.347
東京都港区南青山5-6-23(スパイラル2F)
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2002.html

Dm_1

 

 

ご夫婦がお越しになったのは今年のまだ寒い時期でした。

ポーターズペイントについてご案内させていただいている中で、お2人の作られている作品についてお伺いさせていただきながら色選びを行っていきました。

作品全体のイメージカラーや、作品への思い、コンセプトをお伺いしていく中でお2人の作品に共通点があるというということがわかりました。

それは「シンプル」「実用性」新しいデザインではあるもののどこか「懐かしい(馴染みのある)」雰囲気。

そこであえて青や赤などの色を入れていくのではなく、全体を統一感のある雰囲気で作品のイメージをより強調する印象の色を探していきました。

最終的にお選びいただいた色は「OLDSTONE WALL」。

少し緑味のあるグレーベージュです。

FLANGE plywoodの「魅せる」合板の雰囲気に合わせドミナントカラー配色にしました。

ドミナントカラー配色はシンプルで統一された印象にもなり、またそのお部屋や空間の持つ雰囲気をより強調することができます。

またポーターズペイントを塗った壁を背景に作品撮りをされるとのことでしたので、質感は「STONEPAINT COARSE」という石が粗く入った塗料をおすすめしました。

似たような色味の場合、質感が類似しているものでコーディネートしてしまうと空間がのっぺりした印象になってしまうため素材違いでうまく差を出すことで空間を広く演出することなどができます。

そのため作品撮りの際に.URUKUSTのマットなレザークラフトたちを引き立たせるため、STONEPAINT COARSEでご案内しました。

ポーターズペイントと上田さんご夫婦との共通点は「唯一無二」「ハンドメイド」。

こういったお客様との共通点を探すことも楽しみのうちのひとつです。

またお客様からペイント後のお写真をいただきましたらお知らせさせていただきます。

それでは。

 

Img_0499

※お写真の背景の壁がOLDSTONE WALLです。

みなさまこんにちは。

季節は秋がすき、PORTER'S PATINTS SHOPの渡辺です。

早いものでもう9月に入りましたね。

私事ながら誕生月であり、大好きな秋の足音が聞こえ始める大好きな月です。

気づけば入社して1か月が経ち、できることも徐々に増えてきております。

前職ではアパレルで店長をしていたため、なんでもできなければいけない、という考え方が根付いているからか、今はまだまだできないことだらけの自分にもどかしさや不甲斐なさを感じることもしばしばです。

しかし優しい先輩方に「今できることを丁寧に」という言葉をいつもかけていただけてるおかげで、まずは目の前のことに全力で取り組もう、という心もちになっています。

さて奮闘記ということで、最近の成長といえば、ワークショップを次回から一人で担当させていただくという点と、ティンターという調色作業に本格的に入った点の2点です。

まず先日のワークショップの様子をご紹介しましょう。

14191783_549363498606572_1534690330

3組のお客様をお迎えし満席で開催いたしました。

写真は最後、一面の壁を塗っていただいている様子です。

800回以上塗り重ねられた壁は若干塗りづらくなっておりますが、みなさま真剣なまなざしで塗っていただいてました。

3組のうちの1組のご夫婦は、岐阜に別荘をお持ちとのことでそちらに塗るペイントをご検討いただいておりました。

4月まで3年間岐阜に住んでいたこともあり勝手に親近感をいだきつつお話しさせていただきましたが、とても穏やかなおふたりでワークショップ中も和気あいあいと楽しそうにされていました。

岐阜のおうちの壁もおふたりで楽しく塗られている姿が目に浮かびます。

ぜひお酒を飲みながら、お茶などしながら楽しんで塗ってみてくださいね。

3組のみなさまご参加ありがとうございました。

次回はわたくし渡辺が一人でワークショップを担当させていただきます。

ご参加のみなさまどうぞよろしくお願いいたします!

*****************************************

さて、続いてティンターのおしごとについて。

ティンターとはPORTER'S PAINTSには欠かせない、色を作る専門のスタッフのことを言います。

現在わたしは一人前のティンターになるべく奮闘しております!

先週あたりから一連の流れを一人でやらせていただくようになり、緊張の面持ちです。

20種類以上あるテクスチャーに、16種類の顔料を入れて混ぜる。

単純な作業に思えると思いますが、その色の豊富さや、自然由来の顔料ということで標準とする色と時々合わないこともあればそれを見逃さず微調整したり。

はたまた30kgほどあるテクスチャーのバケツを自力で運び、混ぜるのも機械ではなく人の手で行う、などなどなかなか厳しくもこだわりのある作り方をしています。

今日は色を混ぜている場面をご紹介しましょう。

Img_7498

まず顔料を入れて(しっかり目盛りを合わせてレシピ通りの量を入れます)

Img_7496

混ぜます!(色むらが残らないようにしっかりと)

ちなみにこちらは、WHITE PEPPER(白こしょう)という色です。

優しいベージュですが、黄色寄りの茶色と黒が少量入っています。

単純に白と茶色だけでできているのではないのです。

ここがPORTER'S PAINTSの奥深いところで、微妙かつ絶妙な量で目には見えない色が入ることにより、壁の色と自然や家具が馴染み、居心地の良いお部屋にすることができるのだそうです。

私はまだまだですが、ベテランティンターですとこの少量の顔料が足りない、多いなども完成した色を見るだけでジャッジすることができます。。

驚きですよね。

まだまだティンター駆け出しですが、一つひとつの作業を丁寧に行い、心をこめてみなさまの元へペイントをお届けできるよう努めてまいります。

平日の個別相談、土曜日のワークショップでも工房をご案内しております。

ぜひティンターのお仕事を見学しにいらしてくださいね。

それでは今日はここまで。

今回もお付き合いありがとうございました。

こんにちは。

PORTER'S PAINTS SHOPの渡辺です。

本日はみなさまに個別相談のご案内をさせていただきます。

SHOPでは平日の火曜日と木曜日、または土曜日のワークショップ後に個別相談を承っております。

現在9月のワークショップが満員となっておりますので、ぜひ平日の個別相談をご利用いただければと思います。

***********************************************************

個別相談ではカラーカードやA4サイズの大きめの色見本等を用いたお色のご相談はもちろん、20種類のペイントが施されたショールームをご覧いただくことで、実際の質感や雰囲気を体験していただくことができます。

Img_7462

 

 

Fullsizerender_1






まだお色がお決まりでない方、ペイントについてまずは知りたい、という方、どなた様もショールームにお越しいただけると実際のお部屋のイメージがつきやすくなりますよ。

スタッフが丁寧にご説明いたしますのでぜひお気軽にご来店ください。

また、簡単なペイント体験もしていただけますので、実際のペイントの要領や塗り心地を味わうことができます。

お色相談だけでなく、お客様のペイントに対する不安や心配も拭えるような内容となっておりますので、ぜひ個別相談をご活用ください。

みなさまのお申込みを心よりお待ちしております。

PORTER'S PAINTS(ポーターズペイント)の施工物件が商店建築8月号P.52~56で紹介いただきました。

物件は、Van Cleef&Arpels 銀座本店。

天井でDUCHESS SATIN(ダッチスサテン)を使用いただきました。

この建物は"家のようにくつろげるブティック"というコンセプトのもと、

銀座の中心にあって時間がゆったりと流れる静謐な空間つくりがされております。

来訪された際は、柔らかい光に包まれた落ち着いた都心の庭のような空間を是非ご堪能ください。

8

みなさまこんにちは。

PORTER'S PAINTS SHOPの渡辺です。

本日はワークショップについてお話しとご案内をさせていただきます。

ポーターズペイントは毎週土曜日にワークショップを開催しております。

ペイントについてのご説明や、スタッフによる塗り方のレクチャー、また実際にお客様にペイントを塗っていただける内容となっております。

ペイントご購入希望のお客様はぜひ、お申込みください。

こちらはある日のワークショップの様子です。

このようにご参加のみなさまに一面の壁を塗っていただきます。

Img_6680

Img_6681

スタッフによるレクチャーでは刷毛の動かし方やペイントの塗り方まで、ご説明いたします。

はじめてのペイントには心配や不安がつきものです。

ワークショップにご参加いただけますとよりペイントを身近に感じていただけるようになります。

ぜひご夫婦やお子様連れのご家族、ご友人、どなたさまもお気楽にご連絡ください。

以下ワークショップの概要です。

・所要時間:1時間

・参加費:1800円/人

・ご準備いただくもの:動きやすく汚れても良いお洋服

(エプロンのご用意ございます)

また、お知らせですが、9月17日(土)のお席に空きが出ております。

9月も残すところ17日1組と24日のみとなっております。

ぜひこの機会にご参加ください。

詳細はHPをご覧いただき、お申込みフォームからお申込みください。

ご連絡お待ちしております。

*********************************

私の成長記録といたしましては、先日初めてお客様にペイントのご説明をさせていただきました。

とても緊張しましたが、みなさま熱心に耳を傾けてくださり、ご興味をお持ちいただけたようでうれしく思いました。

今後は養生の仕方や塗り方などのレクチャーにも挑んでまいります!

先ほども記述いたしましたように、ペイントについて不安などがおありの方が多いと思いますが、ポーターズペイントはお客様に、楽しくペイントをすることを通してお家づくりに携わっていただくことでお家に愛着をもっていただきたい、ご家族やご友人とのコミュニケーションを活性化していただきたい、そういった想いがあります。

ワークショップに参加していただき、ご自宅のペイントの楽しいイメージを浮かべていただくお手伝いをさせていただきます。

ぜひお気軽にお声がけくださいね。

では、今日はここで失礼致します。

先日、江戸川区西葛西にて大型ヘアサロンの現場を引きわたすことができました。

プロジェクトが立ち上がったのは、まだ寒い春先でした。

じっくりと時間をかけてオーナーと顔を合わせ打ち合わせを重ねてきたのですが、

今後どんなお客様をターゲットにしていくのか?というところからヒアリングをし、

カラーとテクスチャーを決めていきました。

既存店舗のデザインも当然インテリアデザイナーがデザインしているので、

ペイントだけで改装という場合には造作物を変更できないのでバランスを

保つのが難しかったですが、そのあたりは含有している顔料のデータを解析し

ベストなカラーを提案していきました。

ポーターズペイントはカラーのみならず質感も選べるので、このような状況では

それがとても役立ちます。

そして、ついにペイント工事~引渡しになりましたが、できあがった空間は

オーナーと私のイメージ通りのものでした。

リニューアル後に来店するお客さんの反応が楽しみです。

しっかりとした店内の写真はまた後日アップします。

Img_7410工事前の既存のカラー

Img_7499

まだ工事中ですが、リニューアル後のカラー。イエローが効いている。

白の部分は既存よりも更に白くパッキリと洗練された印象に。

こんにちは、ポーターズペイントショップ新人の渡辺です。

先月21日に入社いたしまして、早1ヵ月が経とうとしています。
今回から定期的にブログを担当させていただくことになりましたので、成長記録という形で私の日々感じたことや気付きなどを混ぜつつ、ポーターズペイントについて発信していこうと思います。
どうぞお付き合いくださいませ。
ポーターズペイントに興味をもったきっかけは、NENGOという会社に出会い、そこで偶然取り扱っていたという、いわば運命の出会いのような感じです。
とはいえ、趣味のDIYを通してペイントに触れる機会は多く、また前職がアパレルであったことから色に触れる機会も多く、かなり興味のある分野ではありました。
みなさまも普段、色というものに触れる機会は少なくはないと思います。
ただ、意識してみるとこの世界はさまざまな色で溢れていることに、このお仕事を通して気付くことができます。
ここで小ネタを少々。。
先日、お盆休みで4年前に1年間住んでいた金沢へ旅行してきました。
そこでカラーカードという300通り以上の色のサンプル本と、身の回りの色を照らし合わせる”カラーハンティング”というものをしてきました。
これをすると、本当に世界はさまざまな色であふれていることを実感できます。
まずは金沢の伝統工芸、水引きが描かれたマンホール。

Img_7316

どこか異国情緒のあるブルーですね。
続いてこちらは以前県庁として使われてた建物。

Img_7315

金沢の広坂周辺にはこうした煉瓦造りの建物が点在しています。

Img_7275

経年変化で煉瓦ひとつひとつの色褪せなどもあり表情がとても豊かです。
続いて、世界一美しい駅に選ばれた金沢駅を象徴する、おもてなしドーム。

Img_7313

Img_7283

遠目にみると全体的に赤っぽく見えますが、意外とオレンジ寄りだということに気づきました。
最後に駅構内にある壁画です。

Img_7290

Img_7287

凹凸のある壁と間接照明で絶妙なニュアンスが生まれています。
和の赤が素敵ですね。
ちなみにこの壁のタイトルは「月日の煌き」
その説明の文章が素敵だと思ったので載せさせていただきますね。
―月日はそのままに、時だけがすぎていく
そして、金沢にそれぞれの景色が訪れる。
駅は様々な人の交差点
それぞれの道とそれぞれの人生がすれ違い
その旅立ちに別れはない。
この変わらぬ空間の煌きによって
それぞれの光が観えることを願いたい。―
月と太陽のもとに様々な色で景色が描かれていると私は感じました
その景色は人によって様々。
人によって見る色も様々。
沢山の色を見る人生という旅をしていきたいものだなあ、なんていうことを考えながら見つめた壁画でした。
このように街や世界には様々な色が溢れています。
ポーターズペイントは16種類という世界一豊富な顔料を扱っており、それにより幅広く奥深い色を表現することができます。
もし、こうして身の回りに溢れている色で好きな色、作りたい色があればそれを調色することも可能です。
もしご興味がありましたらぜひ、ショップの方までお問合せください。
お待ちしております。

【Hitoshinaya】

 だしにこだわっている。

 だからうまみを味わって欲しい。

 という想いから、献立をシンプルにした羽田空港第一ターミナルにある和食専門店。

 こちらの待合室(天井・壁)に使用いただいたのはストーンペイントコース。

 素材(石英)にこだわり、

 刷毛でシンプルに仕上げるテクスチャー。

 光との相性が良く、

 天候・朝昼晩・見る角度によって壁の表情が異なる味わい深い仕上げ。

 羽田空港をご利用される際は是非。

 設計 : 株式会社 松井亮建築都市設計事務所

Img_3761

Img_3757

Fullsizerender