GW前半も終わりますね。

天気も良くみなさん色々な場所に遊びに行ったのではないでしょうか。

私は昨日、長女とウッドデッキの塗り替えをしました。

1月に高圧洗浄機で洗浄して、先週末専用洗剤で汚れを浮き立たせ

綺麗にしました。

この洗剤は良かった。

浸透して汚れ絵を浮き立たせるのでとても綺麗になる。

そして昨日やっとトップコートの塗り替えが出来ました。

長女が頑張ってくれて、養生からペイント、片付けまで。

なかなかの出来栄えではないかと。

豪州PORTER'S PAINTSの親会社が出している洗剤とトップコートです。

まだ国内販売していないので我が家で検証してみます。

藤松

Img_6413

Img_6424

Img_6415



Img_6416

Img_6418

Img_6421_2

Img_6422

吉岡幸雄さんの本を読んでずっと足を運んでみたかった奈良市西ノ京薬師寺。京都出張がてら足を延ばし訪ねてきた。
雲ひとつないほどの快晴で初夏かと思うほど気温も高かったが、寺内を風が通りとても気持ちよい天候に恵まれた。寺内にある建物はそれは立派なモノが建っていたが、今回は何よりも季節を豊かに感じられたのが印象的だった。松並木やその麓にはドクダミなどの薬草、名前がわからないのばかりの草木花。自然の中にぽつぽつと建物がある感じだったので、自分のペースで廻ることができ、(空いていたというのもあるが、)とても心が満たされた。今回春を見て回れたが、夏・秋・冬はどんな感じなのか、次回の楽しみも増えた。
京都へ行かれた際は是非奈良へも足を延ばすのもおすすめ。

B213486b189b49dd8949a704841c2ac1

594c5709fab446bb9d207453ce838056

14c213129fcd4dad9349e0418e5f157c

1816eec918af481e96d5dd02aff97a38

42edd1c41f9a481a991ec764c8eb581b

F6090fac326c4d3780a8f7b9216afd25

438c012d98894840b2ae9cca944441a7


2月末から色のお打ち合わせを重ね

細部までこだわった案件がついに完成しましたのでご紹介します◎

HaaT表参道店

期間限定の装いです。

6e34b01ede7b42e3b3a94cadd3c6dd4c

下は施工中の写真。

0771716d70e245e2ad805ad695f879d6

D59e6f45d98c4920822741ef00f97841

MDFを8種の図形にくりぬき、

そのピースを約100個ずつ、6色のEGGSHELLで塗り分け

くりぬいたパネルには、柔らかく上品なピンク系カラーの

FRENCH WASHを施工しました。

余談ですが

620個の細やかな塗装を施してくださった職人さんは、なんと

「夢の中でも図形のピースを塗ってました…」と仰っていました。

通常、プラスターボードに塗装する際は2回塗りですが

今回の下地は色が乗りにくく、3〜4回塗りをしています。

夢に出てくるほど、大変な作業だったということですね、、

FRENCH WASHは、しっかり色づく下色と

透明感のある上色とを組み合わせで色づけるので

単色ではないもの

たとえば、葉っぱの色、空の色、複数の色の糸でつくった衣服の色との

相性がばつぐんに良いです。

べた塗りの色よりも深くて、

輪郭のぼやけたような柔らかな印象を与えてくれます。

今回の案件は、

ストーンペイントやダッチスサテンなども候補にありましたが

最後はFRENCH WASHの色の魅力が一押しとなり

デザイナーさまに選んでいただきました!

(とても雰囲気の柔らかなデザイナーさまでした!)

表参道行かれる際は

ぜひHaaTに足をお運びください◎

https://www.isseymiyake.com/ja/news/2259

5b7db50ac8b24ed197ecbb648f9ab110

皆様

こんにちわ

中山です。

先日施工させて頂きました賃貸の物件を、全国賃貸住宅新聞さんに取材頂きました。

Img_0773

Img_0774

Img_0785

住宅物件ですと、引き渡し完了後に再度物件へ伺う機会はなかなかないので

貴重な機会となりました。

オーナー様・設計さんが、ポーターズペイントをとても気に入って頂いており、

お手伝いさせて頂くのは、今回で3棟目。

内装は、基本塗装。部屋の一番大きな面でポーターズペイントをアクセントでご使用いただいてます。

賃貸物件は、ビビットな色を使用すると入居応募者の好みに合わず、

リーシングに影響することもあり、設計さんは汎用性のある色をチョイスしなければならないといった

モラルも存在します。

汎用といってもありきたりなものという意味ではなく、

どんな方にも受け入れられる・愛着を持っていただける色を使用することが重要になります。

ポーターズペイントは、2つの特徴「色」「質感」といった点で、

ありきたりではなく、その部屋に馴染む色を使用することができると思います。

けして塗装・ポーターズペイントは、敷居の高いものではありません。

あくまで1つのパターンとして考えてみて下さい。

皆さんのお住まいは、いかがでしょうか。

壁がビニールクロスの家と塗装の家、ポーターズペイントの家。

住み心地を考えた時、皆様はどんな家に住みたいでしょうか。

住まい手により良い生活をおくってほしいという考えをお持ちのオーナー様がいれば

現状の賃貸物件の環境は激変すると思います。

オーナー様・事業者・設計さん・ゼネコンさん・入居者の考えや知識、視座が高くなれば

いくらでも環境は変えられると思います。

今後新築住宅の建築数は、どんどん減っていきます。

賃貸物件のあり方・より良い住空間を考えることが、

今後の日本の建築事業を左右するかもしれませんね。

今回の取材記事は、5月末頃リリースされるようです。

良かったら見てみて下さい。

それでは。

こんばんは。はじめまして。

2018年新卒入社の又村と申します。

なぜ私がポーターズペイント事業部へジョインしたのかというと、

答えは、「ポーターズペイント好き」だからです。

シンプルです。

本当はここでは伝えきれないほどポーターズペイントの

魅力はたくさんあるのですが、、、。

とにかく、会社説明会ではじめてポーターズペイントに

囲まれた瞬間に魅了されてしまったのです。

これから、私のことばでその素晴らしさをみなさまに

お伝えしていきます。楽しみにしていてください。

どうぞ宜しくお願い致します。

先日ひょんなことから感謝について考えざるを得ない状況になりました。

「周りの全ての人に感謝します」。平昌五輪。日本人メダリスト全員がこの言葉を口にしていました。そこには当たり障りのない社交辞令などではない勝利への本質が隠されている気がしてなりません。

メダリストに限らず何かを成し遂げた人は言うに難い努力をしたはずです。決断をし、行動をし、頭をフル回転させ、自分を信じ、許される時間のすべてを注ぎ込んで勝利を得たはずです。その圧倒的な過程において人間力がぐっと深くなり、結果として周りの人の姿が良く見えるようになり、勝利の瞬間に感謝の気持ちが自然と沸き起こって来たのではないでしょうか。ライバルにさへ心から感謝する選手がいて感動しましたが、そう考えると納得がいきます。

これが正しいなら、助言としてよく言う「人に感謝しなさい」は「人に感謝出来る人になれるほど努力しなさい」が正しい気がします。

チューリップが咲く季節になりましたね。

故郷の勝手なアピールで申し訳ありませんが、クロード・モネによってオランダのチューリップ畑と風車が塗ってある作品をご覧になってください。モネと言えば、印象派のマスターで、ペイントを通じて色と質感を活かせた名作ばっかりです。

Claudemonettulpenveld

チューリップをクロスブリードしてきたことによって、現在数え切れないほどに種類が存在していてドンドン増え続けています。そのなかに2色を混ざった種類もあります。

ポーターズペイントでも2色を重ねて塗る「FRENCH WASH」というペイントがあります。サンプル作りでチューリップと同じくドンドン新しい組み合わせが出てきて、この前作ったものを並べてみたら↓

30184745_10155963880729584_91698780

正に虹色のチューリップ畑。

自然にありそうな色が特徴のポーターズペイントは植物と相性が良くて、家に春を齎してくれます。

春ですね。

暖かくなってきて、このゴールデンウィークでもたくさんの方が、

ポーターズペイントを塗装したいとご来店くださっています。

今日はすでにリノベーションされ、住まれている方が、

もう少し部屋をアレンジしたい、もっと自分たちらしい空間にしたいとお越しくださり、

ペイントをされたお写真をいただきましたので、ご紹介いたします。

最初はドアの色を変えたいとお越しいただきましたが、

壁もゆくゆく塗装されたいとおっしゃっていたので、まずは広い壁の色を先にメインで選び、

ゆくゆくドアを塗装されたほうがよいですよと、アドバイスさせていただき、

今回は先に壁をペイントされました!

ワークショップがとても楽しかったとお声をいただき、ご購入後すぐにペイントされたそうです。

Img_20180415_203218

塗装というと色をつけてアクセントをつけると思われる方も多くいらっしゃいますが、

今回は少し色みを加えるというより、ニュアンスをつけ上品に仕上げられています。

ペイントされた色は「ASSAM TEA」です。ゆるりとした落ち着く色ですね。

色は効果や力がとてもあり、また色みだけでなく色のもつ発色(彩度や明度)も重要な要素です。

活発な色にされたい方、落ち着いた色にされたい方、どんな暮らしにされたいか、、

ポーターズペイントは350以上の色のカラーカードがあり、またオリジナルで色をお作りすることもできます。

ワークショップも毎週2回開催しておりますので、ぜひお気軽にご相談にお越し下さい。

こんにちは、PORTER'S PAINTSの渡辺です。

本日は前回に引き続き、二子新地に誕生したある場所についてお話させていただきますね。

早速ですがそのある場所とは・・・

『レンタルシェアキッチン』です!

THINK ABOUT EAT 合同会社の里見浩子さんが

『EATALK』という1時間で完結する超特急の料理教室をメインコンテンツとして

『食べる』について興味や関心を持ってもらおうと活動されており

その新拠点として二子新地に『BASE.』をOPENされました。

BASE.ではEATALKのほか、キッチンのレンタルやワークショップ形式の料理教室を開催される予定です。

前回お話しした通り、その場所をペイントワークショップで

地域の方々にご参加いただきました。

そして完成した全貌がこちら!↓

Img_4439_2

Img_4440_2

選んでいただいたお色はPOPCORN

テクスチャーはSTONE PAINT COARSEです。

躯体あらわしのクールな空間に、温かみのあるPOPCORNの白とぬくもりの床材のバランスがとても良い空間になっています。

**********************

3月の中旬にはお披露目会を開催され、私も会社のメンバーと参加してきました。

.

.

里見さんとぱしゃり

9688602fbfe64079bd4b0de468cb59d2_3

お子様もご一緒大歓迎だそうですよ!

ぜひご興味のある方はinstagramをフォローくださいね。

■BASE.instagram

https://instagram.com/p/Bhdw32XlZ5y/

それでは今日はこの辺で失礼します。

本日もお読みいただきありがとうございました!

先日築約40年の水澤工務店さんが新築し、

15年前に同社が改修を行った物件へご縁あって退去立会するという、

なかなか出来ない体験をしてきました。

また水澤工務店さんの物件という事で、

立会以外でも多くの事をいっぺんに感じる事が出来、感謝感謝。

仕上げは勿論、素材、収まり、デザイン、賃貸立会、不動産会社、工務店、家電そして人など、

多くの事を感じる事が出来た中でも特に感じたのは、、、

「良いものは良い」という事。(知ってるよ的な 笑)

細部にまでこだわった素材そしてデザイン、

これは古びる事はなく逆に存在感があり、品があり、オーラがあり、

住む方を包み込んでいる印象を受けました。

(下記写真でもすこーしは伝わっていただけるのではないかと。)

次の住まい手さんはどんな方になのか、

個人的には建物の価値が分かり、先を考え愛着もって住んでいただける方が良いですが、

どうなるのか。

人と人のやりとり。

不動産は難しい。。

今後もしかしたらこの物件をご紹介させていただくかもしれませんので、

その際は改めてご案内します。

8a1a1601236f42ee80996f874ccb8658