PORTER’S PAINTSは様々な商品を取り扱っておりますが、その中でも大きな特徴として、本物の成分、自然由来の成分による表情を出している点です。

石灰、石英、銅、鉄、錫など本物の成分を含んでいます。

今日はその中で「LIQUID BRONZE」をご紹介します。

こちらは、銅を主成分として錫(すず)を含む合金の塗料です。

2つの成分が含まれていることで、銅が反応しておこる青錆に、磨き仕上げをして、より金属の風合いを出すことが可能です。

塗装箇所のお勧めとしては、立体物におすすめしております。

技術的に、予算的に素材そのものを加工することができない場合、表面を本物の素材でペイントすることで、鋳物製品の風合いを出すことが可能です。

 銅の入った成分を塗って、そのあとにアルカリ剤で反応させ、本物の青錆を発生させます。

Unnamed_2

その後、研磨することで、より金属の風合いを出すことができます。

Unnamed_1

オーストラリアの施工事例です。

経年を得た風合いにもなりますので、植物の成長とともに経年変化をするデザインには、ぴったりです。

Porters_paints_on_instagram__gar_4

Unnamed

ポーターズペイントは様々なご提案ができますので、ぜひお気軽にお問合せください。

最近料理にハマっています。

 
今月から始めたのでまだ簡単なものしか作れませんが、、、
 
Facebookであげ続けたところごくわずかな方から美味しそうだったよと褒めていただきました。
 
始めたきっかけは幼馴染が一人暮らしをしていてよく遊びに行っていて、朝ごはんを作っていたことがきっかけです。
 
そんなことを初めていたら毎日のようにUber Eatsをしていたその子が影響されて自炊をするようになりました。
 
ニートのような生活をしていた友達の生活習慣を変えることができたのは嬉しいですよね。
自分の些細な行動が影響力を与えると嬉しい気持ちになります。
 
僕は入社以降POTER'S PAITSの先輩達に影響されて、日々営業マンとして行動しています。
 
営業をする上での行動や、社内での行動であったりと多くのことを学ばせて頂いています。
 
毎日のように質問をして丁寧に教えてくださり、日々感謝でいっぱいです。
 
もう半年が経つので影響されるだけでなく、影響を与えるような新卒1年目へと成長しなければいけないですね

このブログ、私が参加してから間もなく5年になろうとしています。55回ほどになるはずです。振り返ると良くそんなに書いてきたなと自分で自分を褒めたくなります。

プロ野球に関しても2回ほど書きました。日本ハムの太田、広島の堂林と知っている人しか知らない選手をクローズアップしています。どうせならドラマのある選手について書きたいとの思いからこの2名の選手が私の目に留まったわけですが、この二人今期は不調です。来季がんばって頂きましょう。

そして今回はタイトルを見ればわかる通りTさんになります。Tさん?そうです。T岡田。皆さん知ってますか。T岡田選手はチームの皆からTさんと呼ばれているようですがそれはそうなりますね。プロに入ってからバッファローズ一筋で22年。大ベテランになりますが毎年期待される割には…の成績です。しかししかし、実はT岡田選手20年前にホームラン王になっているのです。33本。すごい本数ではないですが正真正銘のホームラン王です。練習の虫で朝から晩までバットを振り続け、周りから労働基準法違反と呼ばれているそうです。20年前のホームラン王がまだ現役なのもすごいお話しです。

そんなT岡田選手ですがなぜTがつくのでしょうか。そうなのです。岡田監督就任時に間違えやすいという理由でTがついたのです。岡田監督はあのバース、掛布、岡田のホームラン3連発の阪神の岡田です。そんな人が来るならTなんかいやだとは言えませんね。

ネーミングは一般から公募し7000もの名前の中から選ばれたそうです。ティラノサウルスのように強い!からTという説もあります。

たしか今期はいまのところホームラン14本。吉田、杉本に続いて6番辺りを打っています。来季こそまた頑張って輝いて頂きベテランみんなの希望の星になって頂くことを念じながら、今回はお後がよろしいようで。

皆様

こんにちは。

タイトルの通りですが最近は下記のような仕上げを良く扱っております。

Img3256_1

こちらは地層をイメージした仕上げです。

エイジングやマーブリングを施工していただくスタッフの方に作成いただきました。

仕上げの名称はエイジングでもマーブリングとも呼ばない仕上げです。

なんで名付けましょう。。。

Img0007_2

Img0008

Img0013

こちらはマーブリングに近しい仕上げです。

デザイナー様の頭の中にあるイメージを具現化するには、

材料のみの力では厳しい時だってあります、そんな時は卓越した技術に頼らせて頂くのがベストかと。

気になる方はお気軽にご相談くださいませ!

皆様

こんにちは、髙瀬です。

早速ではありますが下に添付した写真は実物か偽物かどちらでしょうか。

Img_2147_2

照明器具が見えているので、すぐわかりますね。

これは実物ではなく絵描きです。

塗装ではなく弊社でエイジング塗装を得意とする職人による絵描きになります。

先日私があるオフィスで、

「オフィスの会議室を海にしたい!」という施主の要望があると設計さんから連絡をいただきました。

海にすると言っても陸から見た海なのか、海の中の水中なのか、上から見た海なのか

色々と発想が浮かびますね。

せっかくなら空も書きたいよね!という職人さんの意見をもらい、

過去に施工をした写真を職人さんよりいただき、設計さんに提案したらとても好印象でした。

「髙瀬さん、海の写真送ってきたよね?」

「〇〇さん、これ職人が描いたんですよ!」

「ほんとに!? 写真かと思ったよ。」

設計さんがびっくりするくらいエイジングが得意な職人さんです。

絵描きを任せたら誰にも負けません。

塗装はその空間に馴染み雰囲気を変えますが、

絵描きはその空間にあたかも実物があるかと思うような存在感を与えます。

塗装でできないことが絵描き(エイジング)では可能で

絵描き(エイジング)ではできないことが塗装では可能です。

どちらも何ものにも代えがたい代物です。

海の施工が無事にできたあかつきにはブログで写真を投稿させていただきます。

楽しみにお待ちください。