初冬に入り年も押し迫ってきたにもかかわらず、どうした訳か忙しくなってきました。こんな時は焦らず常に原点に帰らなければなりませんね。しかし気分は忙中閑なし。このため今月のブログはお休みになります。毎月私のブログを楽しみにしてくれている全国100万読者の皆様大変申し訳ありません。と言いましてもただ単にお休みは本意ではありません。そこで本日終わったNHK朝ドラエールから感動のセリフを一つ。

「やらないで後悔するより、やって後悔する方が良い。例えやっても状況は何も変わらないかもしれない。でもやれば必ずあなた自身が変わります」

さあ今年もあと1カ月。追い込みです。ダメで元々。ドンといきましょう。

皆さん

こんにちは。

中山です。

また一つ変わりましたよ。

URさんの賃貸。

通常のアップグレードと比べたら

これは、ハイパーアップグレードですよ。

5bf18bfed4fe4329a9ccfd73eebd1cdf

9795cd8b22a74e3db7bef7c77330e04e

ポーターズペイントが塗られた賃貸物件。

なかなか無いです。

何故か。

まだまだ地主さん、不動産管理会社、借主

全ての方々の暮らしへの要求度が低いからでしょうね。

短いて2年、長ければ十数年て場合もあるかもしれません。

引越しの時に、家や部屋を選ぶだけでなく、

どんな生活を送りたいかもよくよく考えると

これからが大きく変わるかもしれませんね。

おしゃれな部屋にしたいなら家具を探すのも良いですが、

これからはまず壁や天井について考えてみませんか?

それでは!

皆さま
こんにちは。窪田です。

本日はハロウィンです!
例年日本では仮装をした人達が渋谷に溢れかえる、、、という現象が起きますが、今年は新型コロナウイルスの影響で落ち着いたハロウィンになりそうですね。

皆さんは、ハロウィンってそもそもなにか知っていますでしょうか?
ハロウィンは死者のお祭りです。
秋の収穫をお祝いするとともに、悪霊を追い払うために行います。
悪霊達を驚かせて追い払うために人間が仮装しています。

子供達が地元の家を回って、お菓子をもらう文化もアメリカなどでは定着していますよね。

最近では日本でも、ハロウィンに子供達が家を回ってお菓子をもらえるように地域ぐるみでイベント化しているところも多くあるそうです。

伝統的なお祭りを活用して街を上げたイベントおこなうことのは、地元の横のつながりを強くしていく一つの手だなと思います。

自分の今住んでいる地域のイベントも要チェックしようと思います!

ドラマ通の私には常に良いドラマが放送されていないか見張っていないといけない責務があります。厳しい道のりです。

ドラマを本気で見始めたのは小学生の時の18時から30分間の「奥様は魔女」か夕方学校から帰るとやっていた「水戸黄門」だった気がします。

私は水戸黄門には縁があり小学校通学時に緑が丘商店街を歩いていると向こうから2代目水戸黄門西村晃さんが歩いてきて何回もすれ違いました(今思えばただの似ている人の可能性も無い訳ではありませんが)。子供心にこんなこともあるのだなと思ったものです。これは今まで誰にも言ったことのないお話でこれを知った皆さんはかなりラッキーと言えます。この俳優との出会いが私がドラマに目覚めるきっかけだったかもしれません。人生わからないものです。

今期のドラマ一斉に始まりましたがやはり朝ドラ「エール」良いですね。今朝などは熱いものがこみ上げてしまい、出勤の用意をしている家人の横で涙を見られないようにするので朝から大変でした。朝ドラはBSで7時半から放送していて通勤時間10分の私にはギリ見ることが出来る訳です。脚本家は朝からなぜこんな物語を考えることができるのかと感心していましたが、よく考えると見るこちらが朝なだけでした。

今日のエールでは高校野球の歌「栄冠は君に輝く」を改めて聞きましたが、しっかり聞くと感動的な歌詞でした。しっかり聞くとよい歌詞の歌は実は結構あるもので水戸黄門の主題歌もなかなかのものです。よろしければお読みください。

人生楽ありゃ苦もあるさ 涙の後には虹も出る 歩いてゆくんだしっかりと 自分の道をふみしめて

人生勇気が必要だ くじけりゃ誰かが先に行く 後からきたのに追い越され 泣くのが嫌ならさあ歩け

人生涙と笑顔あり そんなに悪くはないもんだ 何にもしないで生きるより 何かを求めて生きようよ

こんにちは。山口です。
ついにNENGOは溝の口駅近くの新オフィスに、
PORTER'S PAINTS JAPANは世田谷の玉堤に移転しました。

新オフィス:神奈川県川崎市高津区溝口2-15-1-3F
PORTER'S PAINTS JAPAN:東京都世田谷区玉堤2-15-8(google map)

PORTER'S PAINTS JAPANは目黒家具通りからも近くなりましたので、
二子玉川駅からはバスにはなりますが、ぜひお気軽にお越し頂けたらと思います。
また家具屋さんのスタンダードトレードさんの近くでもあります。

さて、今回は玉堤ではなく、NENGO本社のオフィスのペイントやカラーについて、
どのように決めたのかをここではご紹介させていただきます。

新オフィスはもちろんすべて石膏ボードや既存のコンクリートの上から塗装をしました。
またスタッフみなで作り上げようということで、ペイントは地域やお客様からのご協力も得て、全員でペイントしました。もちろん必要な個所は職人さんにもお願いしました。

Img_8094_4


NENGOにはミッション↓があります。それを芯において色決めしました。
気候、風土、歴史、文化をいかし、『らしさデザイン』をすることで
“住みたい” “遊びたい” “働きたい”街をつくります。

また、ポーターズペイントの色の特徴↓や質感もふんだん取り入れました。
『控えめで多弁な色を多く揃える』 『目をひく大人しい色を多く揃える』

NENGO本社は2Fと3Fにも分かれている為、設計さんとの話でも上下階で別空間を作りましょうということにもなりました。

そこで、今回のテーマは『対話を促す場』としました。
人同士の対話、自分自身と交わす対話、自然との対話、時間との対話です。

お客様を迎える3Fや会議室は対話を促す=リラックスできる色彩計画を、
オフィスやスタッフが使用する箇所は仕事がはかどる=集中力、アイディアが生まれるように建物に緊張と静養のバランスがあり、静であると同時に動で元気づける効果をもたらすようにしました。

・気候からは、光と影のデリケートなコントラスを体感できるテクスチャーや色の濃さを、
 また顔料構成から色を決めました。
・風土からは、近くの二ケ領用水は江戸の民の生活用水として400年前からあったので、 
 時間軸に想いをはせるカラー、日本の伝統色をセレクト。
・歴史からは、あの岡本太郎の誕生の地であると共に、日本の原風景を読み取っていた
 リスペクトを込め、岡本太郎さんが使っていた赤を再現し、一部に塗装しています。
・文化からは、日本人の繊細な色彩感覚やその遊び使いを取り入れました。

とくに色はとてもパワーがあるものですので、
例えばスタッフが最初や最後にはいる更衣室はエネルギーを与えるオレンジにしたり、
2Fはブルーで集中力を高める色を使ったり、色の心理的効果の実験の場にもしました。

Img_8083_3


これからこの空間がどのようにNENGOスタッフやお客様と混じり合い、どんなものが生まれるのか楽しみです。ぜひお近くにお越しの際は、お気軽にお越し頂けると幸いです。