2017年9月

こんにちは。中山です。

9月も最終日。

空気も少し乾燥してきた感覚を覚え、もお秋だな~と思わされる今日この頃。

9月は、題名通り FRENCH WASH が BOOM なのかと思うほど、

FRENCH WASH三昧でした。

君津のオフィス、テイクアンドギブニーズさんの結婚式場、凸版印刷さんの新ショールーム、

広尾の高級中華「茶禅華」さん などなど。

Img_1481_2

Img_0275

Img_1432

物件物件のコンセプトに合わせて色・ムラ感・下地の質感など、ご提案させて頂いているので、

コントラストをつけて壁に表情を与えると簡単には言えない奥の深い仕上げです。

施工スタッフの職人魂のおかげもあり、毎度設計さん・お施主様に喜んで頂けて

私としても嬉しいかぎり。

やっつけ仕事のような施工を行う業者も多い現代で、

我々は、提案の質・施工の質・満足度の質。

この3Sを常に探求して、提供することで、建築業界を少しでも良い方向に動かしていけたら

いいなと改めて施工スタッフとも話していました。

これからも精進します。

それでは。

中山

久しぶりにブログ書きますよ。

私の住む街、調布の駅前が変わります。

それも今日。

トリエ調布という商業施設がオープンです。

開業おめでとうございます。

Img5226


調布は新宿から特急で約15分とアクセスが良いのですが

駅から少し離れれば、のどかな街です。

北に深大寺、南に多摩川。

駅前もほどほどにお店があり、私もお気に入りの飲み屋さんが

いくつもあります。

今までも十分に住みやすくて楽しい街でした。

そしてこれから。

大きな商業施設はPARCOだけでしたが、京王線の地下化に伴い

3棟の大型商業施設が誕生します。

そして人の流れが変わり、渋滞が生まれ、今まである商店が

困るような事、よく言うどこにでもあるような街にはなって

欲しくないなあと。

もちろん変わることも大事。

ただ商店街や個人のお店が魅力的な街のほうが楽しいわけですよ。

そんな変わらない部分もずっと残るといいな。

でも調布には魅力的な人たちがたくさんいるから大丈夫だな。

さて魅力的な変わらないものの為に、今夜も飲みに行こう(笑

 こんにちは。スタッフ藁谷です。
 最近すっかりと秋めいてきましたね。
 湿度のないカラッと陽気。
 一年の中でも一番好きな季節かもしれません。
 
 さて、ここで私の前職について少しお話をしたいと思います。
 物心付いた頃から美術や服に興味を持ち、中学、高校共に
 美術専攻クラスのある学校に進学。高校を卒業してからは、
 洋服のデザインを仕事にしたい!という明確な夢をカタチにするべく、
 服飾の専門学校に通い、そこではデザインからパターン、素材まで、
 服に関わる全てのことを学びました。
 
 その後にアパレルのデザイナーとして奮闘。
 (デザイナーという響きはこそばゆく苦手です...)
 当時は今の時代の用にファストファッションが訪れる前で、
 アパレル業界自体もまだ少し潤いがあったこともあり、
 おそらく今よりはデザイナーの好きなものを自由に作れる風土の中
 売れ筋になるもの、これはブランドのエッセンスとして少量でも絶対に作りたいもの。
 (ここでショップスタッフ、営業さんとだいたい揉め合いになる。
 相互のバランスを常に考えながら、色々なことから刺激、影響を受け、
 デザインに落とし込む。という作業を毎日していました。
 洋服は、半年先の仕事を落とし込んでいくので、一体今が何の季節かが  
 わからなくなることもしばしば…一年があっという間でした。
 前職で色々学んだことは、「売れないとデザイナーとして認められない」
 お客様に喜んで頂ける商品作りをし、対価を得て次のシーズンの商品を始めて作ることが出来る。
 デザイナーというクリエイティブな部分と、マーケティングを周知しながらのもの作り。
 後にここで養ったバランス感覚は、今の暮らし、仕事、人との関わり方に多大な影響を
 もたらしていると言えます。
 
 そんな私が色々なご縁でペイントの仕事に関わることになりました
 ペイントと服作り、実は似ている部分があるのです。
 ということで、「ペイントと服作り」と題して、新連載スタート!
 
 次回となる第一回目はペイントとニットの関係についてお話しさせて頂きたいと思います。
 
 
 では次回の更新をお楽しみに〜。
 
 

2_2

 洋服のイメージ作りは素材収集から。
 この最初の大きな枠組作りがとても大事な作業なのです。
 
 
 

映画関ケ原を見ました。日本史最大の戦いをうまくまとめていて見応えのある映画でした。

映画にはなかったのですが、原作の司馬遼太郎の関ケ原からエピソードを一つ。

ご存知の通り関ケ原の戦いは小早川秀秋の裏切りで東軍の勝利に終わります。実はその小早川軍の中でただ一人だけ「そんなバカな」と裏切りに加担しなかった武将がいました。大野主馬。小早川家59万石の内で1万石を領していたそうです。

大野の陣に駆け込み下馬し秀秋の命令を伝える伝令将校と驚き拒絶する大野主馬とのやり取りは利害、正義、命運と様々なものを天秤にかけその場で瞬時に決断しなければならない土壇場のやり取りです。生と死が眼前に広がる戦場で思ってもいなかった状況が発生し、しかも全体の流れに抗い自身の考えを貫き通すなど並大抵の精神力ではありません。だからこそ現代の私たちから見てこういった行動が美しいと思えるのでしょうか。

先人たちの必死の物語が歴史をさらに奥深いもの、興味深いもの、そして時に滑稽なものにしていると思います。

司馬風に言うと「たった一人だけでも裏切りに従わなかった者がいた事は、歴史という巨大な人間物語の中で後世の我々の大きな救いになっている気がする」でしょうか。

こんにちは。山口です。

ポーターズペイントでは、全国に代理店展開をしております。

今回は22箇所目となる新潟のトレドさんが

代理店として仲間になってくださったのでご紹介させて頂きます。

トレドさんは家具販売はもとより、空間全体をコーディネートされています。

新潟のお客様と以前は電話でやりとりをしたりもしていましたが、

代理店さんができ、新潟でも販売できるようになり嬉しいです。

トレドさんの、自分の住まいを美しく、大切に扱う。
家に帰るのが楽しみになる。
家族がリビングに自然と集まるというコンセプト、とても素敵ですよね。

自らの暮らしを自身で装い、飾り、遊び、楽しみ、大切にする。

ペイントをご自身でされることにより、家に愛着が増し、

暮らしを楽しむ方が増えていく、、、

そんな想いで㈱NENGOは、ポーターズペイントを取り扱っております。

お近くの方はぜひ、遊びに行ってみてください。

TOLEDO(トレド)さん

〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代3丁目5-36
TEL.025-255-5502/FAX.025-255-5503
営業時間 10:30〜19:00(水曜日定休)

http://c-toledo.jp/

Classes1

こんにちは!

PORTER'S PAINTS JAPANの渡辺です。

最近めっきり涼しくなりましたね。

みなさま体調など崩されていませんでしょうか。

相変わらず元気な私は先日スタッフの中込と共にてぬぐいの専門店『にじゆら』さんの染色ワークショップにお邪魔してきました。

色を扱う仕事をしている身としてとても貴重な体験となりましたので、少し長くなりますが皆さまにもお話しさせてくださいね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にじゆらさんの手ぬぐいは『注染』という漢字の通り『注いで、染める』伝統技法を用いて作られています。

どのような工程で作られているか、それは説明を聞くととても手の込んだ、経験がものをいうようなとても手間のかかった作り方をしています。

まずはよろしければにじゆらさんのHPをご覧になってみてくださいね。

今回のワークショップでは染める前の準備段階と、染料を注ぐ工程を体験させていただきました。

まずはカラーリングデザインから。

配色や発色をイメージしながら色鉛筆で色を塗っていきます。

シンプルな色合いにしよう、テーマを決めたにも関わらず、あんな色もいいね、この組み合わせもいいね、とどんどん欲が出てしまい結局カラフルなデザインになりました。

そういえばポーターズペイントのお客様もたくさんある色の中から選ぶのは、大変そうだけど楽しそうだな~とお仕事と重ねてみたりもしました。

1

デザインができたらまずは染める箇所にふ糊という糊で土手を作っていきます。

2

3

ちょっと面白い光景ですが、これも綺麗に染めるための大切な作業です。

なかなか難しい!

そして次についに『注染』の工程です。

4

土手から出ないようにデザインを元に染料を注いでいきます。

そーっと、そーっと。

.

.

初めてにしては、上出来?(笑)

5

.

.

土手を取るとこんな感じに!

充実感の笑顔です!

94d53e84b58b45c2ad1a56a321b22087

この茶色っぽい色は糊がついているためで、後日工房で洗い流す作業をして完了です!

6

.

.

じゃーん!

仕上がりはこんな感じ。

色に欲張りなふたりのカラフル手ぬぐいが完成しました(笑)

7

とても貴重な経験をさせていただいた上に、自分で作った手ぬぐいを持って帰ることができるというのはかなりの満足感がありました。

手しごとを体験することで、昔から大切にしてきた職人さんの誇れる技術の偉大さや、様々な染め方はその地域や文化によってその土地に根づいてきたという歴史を感じることもできます。

なにより、自分で作った手ぬぐいは、とても愛着がわき、大切に使いたいな~とより強く思います。

”色×手しごと”

提供しているものは違えど、PORTER'S PAINTSと共通している部分が多いにあります。

私たちもお客様にセルフペイントでご自宅に色をご自身の手で添えていただき、より愛着のある空間に育てていっていただきたい。

そういった想いがあります。

そのためにペイントはすべて手作り。素材も自然素材。

よりみなさまの生活に馴染むように、より豊かな暮らしになるように。

これからも手しごとを大切に、みなさまに寄り添ったペイントと空間を提供していきます。

今回のにじゆらさんのワークショップは、にっぽんてならい堂さんよりお申込みいただけます。

ポーターズペイントのワークショップもこちらから随時募集しております。

ぜひお越しくださいませ!

それでは今日はこの辺で失礼致します。

PORTER'S PAINTSが日本にやってきて15年。

私が入社して10年。

入社半年後携わったパン屋さん(=TENDRESSE)10年。

この度10年経過したTENDRESSEさんの壁の補修にお声がけいただいた。

当たり前と言えば当たり前。しかしとっても感慨深い。

PORTER'S PAINTSは、

日本に愛着ある空間を増やしたいという想いで取り扱いを始め、日々行動している。

壁にどれだけの人が愛着をもっているのか、

殆どの人は壁に対して愛着をもっていないだろう。

しかし10年間有楽町という激動の土地で営業されているお店であり、少なからずTENDRESSEの「場」を求めている人はいて、直接的ではないにしろそういう「場」に関われたことは素直に嬉しい。

補修工事をするかどうかはまだ決定していないが、この先10年どのように経年していくのか楽しみなお店ができた。

忙しなさの中にほっと一息つける落ち着いた佇まい。

お近くに行かれたさいは是非。

 □店 名 : サンジェルマン タンドレス

 □住 所 : 千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1F

 □デザイン: BRANCA DESIGN.

 □仕 様 : STONE PAINT FINE

 □ 色  : GUSTO.FIRED EARTHオリジナル色(=オレンジ)/GOLDEN OCHRE.PALEオリジナル色(=イエロー)

Img_8685

皆様、お久しぶりです。

一週間オランダに帰国して日本に戻ってきたエミです。

 

両親の引越し編の最終章で新居のお待ちかねのBEFORE・AFTER写真を共有します。

738_1440_3

Img_4369_2

肌触りが寒いタイルの代わりにフローリング。家の中に基本靴をはかない私にはうれしい。

壁と天井にスタッコ。

フローリングの木の色以外、元の実家とあまり変わらない印象になりました。

746_1440

Img_4018

私は嫌いじゃないカントリー感のあったキッチンを取り出して、お父さんと協力して親戚がお母さんの好きな赤色のモダン系の新しいキッチンをつけてくれました。

773_1440

Img_3958

Img_3960

一番の驚きは、これです。かなり古かったバスルームを壊してホテルでありそうなスタイリッシュな空間に。屋根に窓が開いているため照明の必要がなくて、夜は鏡横の弱めな照明だけをつけて落ち着きます。

トイレはなんと、オランダであまり見ない、ドイツのメーカーのシャワートイレ。私のお兄さんが取り入れてくれました。

 

こうしたリノベーションは周りの人にお願いすることによって、コストをかなりさげることができますし、正に自分たちの手で作った家に住めることができます。前の「祖父母の内」の感じが強かったこの家と、今の私の両親っぽくなったこの家、両方魅力があります。

 

自分の家に今まで手をだしたことがない方々も、まずは是非セルフペイントからやってみてください。私たちポーターズペイントはスタートからフィニッシュまでサポートします。

ポーターズペイントに出会ったのは11年前。

古い外車の部品を輸入する会社からここに移ってきました。

ペイントのぺの字も知らなかったのですが、

「ペイントをすることが家に愛着を持つことにつながる」という考え方が、

古い車を修理し維持し、車に愛着をもつという既に体験していた感覚と

シンクロしその考え方を方々に広めてきました。

そして今は12歳の自分の息子も、小さなころにペイントに触れ、

身近に色を感じ、美術という道に進みつつあります。

体験を通じて感覚や考え方が自然と次の代に伝わるいうパターンですが、

この感覚や考え方を彼の若い仲間たちにも伝えていってもらえればと思います。

014_2

ワールドカップ出場が決定しましたね!!

サッカー観戦が好きな、営業スタッフ松川です。

対戦したオーストラリアは、なんといっても、PORTER’S PAINTSの本社がある場所。

よくお客さまから、

「どこの国のペイントなのですか?」

と尋ねられるのですが

「オーストラリアですよ!」

とお答えすると、みなさん若干驚かれます。

私も、PORTER’S PAINTSに出逢ったとき、驚きました。

なんとなく、ヨーロッパのような印象を受けていたからです。

そして、その感覚は間違いではありませんでした。

PORTER’S PAINTSは、創設者のおじいさまの名である“PORTER”から名付けられています。

建築士であったおじいさまは、ヨーロッパ中で使われていた伝統的な塗料の味わいを好んだそうです。

そのおじいさまが残された日記をもとに生まれたのが、PORTER’S PAINTS。

ヨーロッパの建物の修復技術を応用し、現代に取り入れた、歴史あるペイントと言えます。

特徴は、外装であれば、まわりの建物・植栽・街並みと

内装であれば家具やファブリックといい具合に【馴染む】こと。

あるいは、【経年変化が美しい】ということ。

ぴっかぴかで、いかにも新しく見えて、悪目立ちするような空間ではなく

あたかもそこにあったかのような色と、光を味方につけるテクスチャーで

柔らかな主張をする空間をつくることができます。

私も、これから住みはじめる自宅にPORTER’S PAINTSを塗りました!

大好きでいつか使ってみたかった色、“DEW”

Img0545_1_2

こちらは、“NAPOLEON”

Img0546


暑い中の養生作業は、なかなか大変でしたが。。。。

どちらもとても良い壁に仕上がってくれました!

それでは、今日はこのへんで。

Yuina Matsukawa