五十嵐 清隆 Feed

毎日の生活の中コロナ禍も峠を超えたかのようについ感じますが、世界的に見れば未だ感染は拡大中のようです。大勢の人がいる場所に出くわすと、自分もその中の一人でありながら恐いなと感じる奇妙な世の中になりました。これがウイズコロナ社会なのでしょうか。

コロナ禍に対する知の巨人達の見解に以前ほど触れる機会は減りましたが、歴史的に感染症が人類社会に大きな変化を与えて来たことを知りました。歴史の授業では学ばなかったことです。例えば14世紀のペストの感染拡大から「神様はいないのでは」「どうせなら楽しく生きよう」と人々が考えるようになり従来の価値観が大きく変化し現れたのがルネッサンスであり、またペストによる労働者人口の激減と労働意欲の減退で領主は持っている土地を管理しきれなくなり、労働者に土地使用方法を任せたことから生まれたのが資本主義だそうです。コレラや結核も都市インフラの近代化を促進させたそうです。今回のコロナではテレワークの普及がそれに該当するのでしょうか。

生物学の福岡伸一先生からは驚きの知見を頂きました。まるでSF映画を見るようです。私には少々難しく間違っていたら申し訳ないのですが、要約すると「顕微鏡レベルでウイルスが宿主に入る様をみると、むしろ宿主の細胞が積極的にウイルスを招き入れているかのような動きをしている。これはいったいどういうことだろうか。実はウイルスの誕生は高等生物の登場の後にある。ウイルスの起源は高等生物の遺伝子の一部が外部に飛び出したものであった。その自分たちの一部だったウイルスが何等かの原因で流れて戻って来た結果宿主はこれを迎え入れているのだ。では一体何のためにそんなことをするのか。それはおそらくウイルスが進化を加速してくれるからである。親から子に遺伝する情報は垂直方向にしか伝わらない。しかしウイルスのような存在があれば、情報は水平方向に、場合によっては種を越えてさえ伝達しうる。その運動は時に宿主に病をもたらすこともありうる。しかし、それにもまして遺伝情報の水平移動は生命系全体の利他的なツールとして情報の交換と包摂に役立っているのだ」福岡先生の文章を越えられず途中から抜粋と写しになってしまいました。

驚くべき知識・見識です。私にここから何かを導き出せるような定見は無くただ驚くしかありません。ウイズコロナは分かりませんがウイズウイルスが当たり前のことを認識します。人込みを作ることを避け、手を洗い、マスクをするといった当たり前のことを行い、経済活動を行っていくしかありません。当たり前のそんなことしか出来ませんが、以前よく言われた正しく恐れる。そして一歩ずつ踏み出していくことが私達に課せられた使命と感じます。

コロナ自粛により遠隔ミーティングが主流になる予感があります。なぜ今までZOOMを使ってなかったのか不思議なくらいです。しかし、IT弱者の私はこの新しい時代の流れに乗ることが出来るか不安が隠し切れませんなどとは実はここだけの話しです。

自粛がテレビ界にも影響していることを感じます。このシーズンはコレといったドラマがありません。

ドラマ通の私もがっかりですが、しかし。突然占いしちゃいます的な番組が良いのです。確か8です。半端なドラマよりドラマです。バックに流れる音楽もハマっていて被占い者それぞれの人生がドラマとなって立ち上がってきます。この企画考えた人凄いです。

一方で再放送ドラマです。凪のお暇。この前の土日で6時間全部見てしまいました。来週の土日も6時間やりますがこれも全部見ます。思ったのですが良いドラマには一つ共通点があります。そう、時としてハッとする様な良い台詞が必ずあるのです。凪のお暇にもいくつもありました。「男女のすれ違いっていつだってセクシーよね」これおばあさんの台詞です。素晴らしい脚本家は詩人なのですね。尊敬します。

そんな中やはり朝ドラです。今週は勇気をもらえる予感すら満点です。

作曲家の主人公は飛躍するために自身の作曲の概念を変えなければなりません。周りの皆が気付いていますが、本人だけが未だに気付いていません。頑固にこれまでの自分に美意識を持っています。見ていてイライラするのですが、きっと気付いて早稲田大学の素晴らしい校歌を作るのでしょう。

今朝見ていて遠隔ミーティングを恐れる自分と重なりました。変わることが出来ない。しかもそれを年のせいにする。あり得ません。誰しもがコロナ後の新しい世界を前にして不安があるに違いありません。でも誰だって条件は同じです。ビビる必要なんかありませんね。あらゆることに果敢にチャレンジしましょう。立ちすくんでビクついている自分など見たくありません。

私達は歴史を体験しているのです。コロナ後にはあらゆることが急激に変化するのでしょう。明治維新や終戦の時と同じ時代の変わり目です。そんな体験が出来るのです。凄いことに違いありません。せっかくです。後世の人々に我々がやり遂げた姿を見せてやりましょう。あの時代の人達って強かったんだね、そのおかげで自分たちがいるんだねと言わせてやりましょう。

歴史の一員になれるチャンスが今ここにあります。

雨の月曜日。丸の内の街に人影はありません。無人と言っても良いほどです。いつかこんな日が来ることを知っていたように思いますが、私に予知能力が有るわけでもなく多分そんな気がするだけなのでしょう。

この状況下では、私の書くブログといえどコロナ禍について書かざるを得ません。ただ、常に真理の探究を目指す私ですが、コロナについて意見を語るほどの定見を持ち合わせていません。残念です。しかし、悲しんでばかりはいられません。ここ数週間コロナに関する知の巨人達の意見となるべく接したいと思ってきましたが、折角なのでそのご意見のいくつかを切り抜きさせて頂きたいと思います。

1.ウイルス感染は国の違いや貧富の差に関係なく平等に全ての人に起こり得る。しかし、一たび感染したなら貧富の差によってその結果は全然違うものになる。新型ウイルスは格差を助長させ社会の分断を大きくする可能性がある。

 (BS NHK シリーズコロナ危機より)

2.この危機は歴史上最大のものであり、各国はこの危機を抜けたとき巨大な財政赤字と経済的ダメージを抱えているだろう。コロナ後は限られた財源の中で優先順位をつけながらしっかりとした効果的な対策を立てなければならない。

 (BS NHK シリーズコロナ危機より)

3.パンデミック後の世界はどのようなものだろうか。その特徴を一言でいえばグローバリズムの後退と国家の復権ではないだろうか。グローバリズムには国境を越えた世界秩序の構築も含まれる。もし国家の復権が大国が国益のみを追求して競合する世界への転換であるとすれば、国際的緊張の拡大は避けることが出来ない。 

 (国際政治学者 藤原帰一さん 朝日新聞)

4.人類は長い間、生存のために四つの課題と闘ってきた。飢餓、戦争、自然災害、病原体である。これらが経済成長、自由民主主義、科学技術、医学・病理学を生みだした。全て人間の生を盤石にするためである。そしてそれが文明を生み出した。だが現代文明は決してそれらを克服できない。今回のパンデミックで文明の被膜がいかに脆弱なものかが示された。我々の生がいかに死と隣り合わせているものかを我々は改めて知ることとなった。

 (京都大学 佐伯啓思教授 朝日新聞)

5.私たちはとても疲れていたのです。私達の馬も機械も何もかもが疲れていたのです。

 (BS NHK シリーズコロナ危機より)

6.今、最も意味のある社会の構成単位は全人類という構成単位である。 

 (コラムニスト デイビット・ブルックスさん 朝日新聞)

7.大人も子供も不安定になっている?それじゃ聞くけどコロナの前はそんなに安定していた?そんなに充実していたの?今こそ自分で考える頭と敏感で時折きちんとさぼれる身体が必要。心っていう漢字ってパラパラしていて良いと思わない?心は乱れて当たり前。常に揺れ動いて変わる。不安とか不安定こそが生きるってことじゃないかな。

 (絵本作家 五味太郎さん 朝日新聞)

ピアニスト。洗練されかつ優雅にして選ばれた人を想像します。
 
ただしそう呼ばれるためには私達が知ることのないイバラの道を歩む必要があるに違いありません。
一見すると優雅でありながらその陰での努力は圧倒的。繊細でありながら体力が必要。そしてそのたゆまない努力を土台に何千人もの前で自分の世界観を自由自在に表現する度胸と精神力を持ち合わせている。私にとってサッカー選手や弁護士を抜いて成りたい職業NO1です
 
そんな中私もピアニストの仲間入りを果たしました。の訳はなくただピアノを始めてみました。実はウチには20年物の電子ピアノがあるのです。
 
もともとスキーヤーでテニスプレイヤーの私は楽器は全く初めてでピアノを前にしても何をどうして良いのかさへ分かりません。妻から取っかかりを教わりそこからは毎晩40分程自主練習することを日課にしています。まだ指一本の状況ですが鉄の意志は止まることを知りません。修行はやはり荒業でなければならないのでまだまだ甘いですが、仕事の疲れにピアノの疲れが加わり良く眠れるという思わぬ効能もあります。上手く弾けないので自分にイラっとしますが楽しいので驚きます。音楽のない人生などやはりあり得ないのですね。
 
パッハルベルのカノン、ブラームスのワルツ15番、バッハのG線上のアリアなど世の中にはこんなにも美しい旋律があるのかと思います。いくつもの音が重なり合い奇跡の旋律が紡ぎ出されます。
 
目標はいつの日かこのカノンとワルツ15番をマスターしNHKの空港ピアノに出ることです。ヨーロッパのどこかの街の空港が良いですね。たまたま通りすがった感を出しながら気のきいたコメントも必要です。例えば「今日は5年ぶりにこの街に一人旅です。この街の空気が忘れられずまた来ました。ピアノ?生活の一部です。昔はピアニストを目指そうかと思った時期もありましたが、今は自分のために弾いています」などいかがでしょう。
 
楽しみです。皆様近いうちにテレビでお会いしましょう。
下のURLはカノンです。ピアノではありませんが美しい調べをお楽しみ下さい。
 
https://youtu.be/MOBYK_reo-4
 
 

年末年始のバーゲンセールも終わりですね。1年の重大なイベントとは言いませんが、この時期私はついデパートに顔を出してしまいます。

開き直ってしまえば値引きにつられる買い物は醍醐味です。例えば60%引きに思わずジーンズを買ってしまったり、70%引きで考えてもいなかったコートを買ったりとハプニングとも言えます。

最近ではセール内容もエグくなりました。店の入り口に「UP To80%」と看板があったり「全品半額で今日だけはそこから20%引き、さらに当店の会員になると10%引き」や「全品30%引きで2点お買い上げで3点目無料」などあの手この手で売り尽くしです。もう暗算は無理でスマホの電卓機能がありがたく感じます。

ただ世の中は甘くありません。単なる安売りではモノは売れません。常日頃、良い商品が置いてあり魅力的な店だからこそバーゲンに人が集まるというのは納得の理論です。

日本で年間に供給される服の数は実に38億点。その内10億点が売れ残るそうです。日本の1年間の食品ロスは680万トン。産業廃棄物は年間4億トン。その8割が建設関連です。これらの数字は衣食住がゴミの山を作ることを示しています。人間圏の維持は地球に莫大な負担をかけるようです。

サスティナブル=持続可能な社会は一人一人の意識からと言われますが、数字を見る限り効率と利潤の最大化を追求する経済システムに問題があるようです。すでに人類は巨大化しすぎ滅亡に向かっているとも言われます。南極が20度などのニュースを聞き、もうタイムリミットが目の前と誰しもが考えていますが、動き出した車輪があまりにも重すぎてこれを止める方法は誰にも分りません。人類の進化の方向が環境を破壊させるものとするなら、もしかするとこの流れは誰にも止められないのかも知れません。今私たちが太古の昔に恐竜が絶滅したことを学ぶように、遥かな未来に新しい生命が人類滅亡を研究する時がくるのもSF的な面白さではあります。

結論めいたものは無いのですが、持続可能社会を実現するために私達の生活の質を落とすことは困難で、さらにはそれが出来たとしてもそれだけでは既に遅い気がします。ただ唯一人類の進化の方向の一つに科学技術の発展があるなら環境破壊をも改善させる圧倒的な科学技術の開発のみが社会を持続可能にする道である気がしてなりません。