2017年11月

皆様

こんにちは。中山です。

色の効果や施工事例をいつもUPしていますが、

本日は視点を変えて、「工事現場の中ってどうなってるの?」ということを書いていきたいと思います。

まず工事現場の種類もいくつかあり、道路沿いに仮設の囲いがされている場合は、

外構(外まわり)の工事が行われている時です。

Photo

囲いの中では、LGS(壁の骨組み)や足場などがむき出しの状態になっているため、

一般の方が立ち入るとケガをする恐れがあることから壁が建てられています。

この段階では、まだ内装工事のいわゆる仕上げ(壁紙貼り・塗装)などは行えない為

我々ポーターズペイントもあまり立ち入ることはありません。

後に大工さんや左官屋さんが頑張ってくれると次のような状態になってきます。

Photo_2

壁や天井の基礎になるボードが貼り付けられ、何もなかった空間に壁や仕切りやドアなどが設置されていきます。

この状態から仕上げ工事が始まっていきます。

工事現場と言ったら「騒音がうるさい、汚い」などのイメージを持たれている方も少なからずいらっしゃるかと思いますが、この段階になると整理整頓も常に意識された現場であれば、音もほとんど気にならない綺麗な状態になっていきます。

Img_1393_2

仕上げ工事が完了する頃には、ほとんど完成型の状態になります。

照明器具や床の養生を剥がして、クリーニングをすればお引渡し。

物件の条件(新築、建て替え、リノベーション、表層替え)にもよりますが、

一概に工事現場といっても内部の状況は様々なんです。

今回は、なかなか見れない内側のお話をさせて頂きましたが、

内部を見なくても良い工務店さんか悪い工務店さんか見分けるちょっとしたコツがあります。

工事現場の近くを通った際は、現場の廻りを見てみて下さい。

近隣住民や関わる人が不快な思いをしないよう管理・心使いができているゼネコン・工務店さん

の現場廻りは、とても綺麗でスマートな状態です。

建設会社を決める際迷ったとしたら、それを決め手にしても損はしない視点になるかと思います。

それでは。

今日は雲が多かったので雲の白について。

光というのは全ての波長の光を集めると私たちの目には白く見えます。

日中空が青く見えるのは太陽との距離が短く、青の短波長が空気中の空気分子や微細な塵粒子(=粉塵)にあたってたくさん散乱するので青く見えます。(逆を言うと赤の波長は日中は空気分子や微細な塵粒子をすり抜け率高です。)

雲が白に見えるのはその仕組みと基本的には同じです。

何が違うのか?

光を散乱させる粒の大きさが違うのです。


雲に含まれる水滴や氷の結晶は、空を青くする微小な粒子よりも大きく、七色全て等分に散乱します。そのため雲が白く見えます。


ただし、雲が水分を含み、かなり厚くなっている場合や、ほかの雲の陰に隠れている場合は、日光の透過量がさほど多くならず、雲は黒っぽくなります。

子供に聞かれたら是非小ネタとして使えそうな方は是非。

Img_9105

技術の進化

ある現場でFRENCH WASHを施工させていただきました。

この仕上げは特殊な施工方法なので、どの職人さんも上手く

できる仕上げではありません。

今回施工に入ってくれた施工班はその難しい仕上げをベース

となる仕上げ方法と共に、独自の進化をして高いレベルの

仕上げをしてくれています。

51f57683835244fab5db5f5c325a1982

943e38c8dfbf47ee9f1b195b07714431

春木屋理論という言葉があります。

荻窪にある春木屋というラーメン屋さんはお客さんから

『昔から変わらず美味しい』

と言ってもらうためにはお客さんにわからないように少しずつ

味を変え、進化し続けるそうです。

彼らを見てそんなことを思い出しました。

ポーターズペイントの特徴の一つは、色に名前が付いていることです。

その名前は想像を活かしながら色の由来について少し教えてくれるかもしれません。

「GREEN TEA (緑茶)」や「AUBERGINE (なす)」はすぐ浮かんできますが、

コンセプトを表現する比喩的な色もいっぱいあります。

例えば、「RAINCLOUD (雨雲)」はどういう色でしょうか?「DRAGON'S EYE (竜の目)」は?

Img_5352_2

この写真は古代エジプトの女神をイメージした色のペイントサンプル。(写真のため色は実際のと少し異なる場合があります)

使われているテクスチャーがSTONE PAINT FINEとFRENCH WASHです。

これも、ポーターズペイントの創始者ピーター・ルイス氏が世界を旅行していた間に見つけた色かもしれません。

ポーターズペイントの色と一緒にに旅に出てみてはいかがでしょうか?

ご来店をお待ちしております!

始めに言葉ありき。聖書にある深淵なる教えです。

これまで人並に読書をしたつもりですが、言葉と言葉を発する事の重要性についてはほぼ考えずに来てしまいました。その結果なのか瞬時の会話が下手になってしまい、人を引き付ける会話どころか、しっかり伝える、ごまかす、笑わせるなどとても難しいなと思います。時に自分にがっかりさえします。

いつだったか元ボクシングの世界チャンピオン輪島功一さんに、何事かを成し遂げたいなら勇気こそが大事だと教えられましたが、人を勇気づけるのも、人から勇気付けられるのも、自分自身を鼓舞して勇気を持つのも言葉無くしてはあり得ませんね。

周りの人のためになる良い言葉を上手に発したいものです。

下の詩は最近娘に教えてもらったものです。有名な詩らしいのでご存知かもしれませんが、このような言葉はいかがでしょうか。元気が出ると良いです。

「心に太陽を持て」

心に太陽を持て

あらしがふこうと、

ふぶきがこようと

天には黒くも、

地には争いが絶えなかろうと、

いつも心に太陽を持て。

くちびるに歌をもて

軽くほがらかに。

自分のつとめ、

自分の暮らしに

よしや苦労が絶えなかろうと、

いつも、唇に歌をもて。

苦しんでいる人、

悩んでいる人には、

こう、はげましてやろう。

「勇気を失うな。

 くちびるに歌を持て。

  心に太陽を持て。」

        ドイツ詩人 フライシュレン

 こんにちは!

 最近里芋料理にハマっているスタッフ藁谷です。 

 今回のブログは、前回アップさせて頂いた「ペイントとニット~前篇」からの後篇です。

 手持ちのニットをフレンチウォッシュという手法で表現してみよう!という実験企画。

 実際の色選びからペイントまで一気にご紹介します。

 (続編ですので‘‘ペイントとニット前篇”からご覧ください。) 

Img_6856

 まずはニットの糸とカラーカードの色合わせ。

 近い色を探していきます。

Img_6864_2


Img_6862
下地にグレー系の”DUSTY MULE”

その上からオレンジ系の”AYER‘S LOCK”をペイントし、ガーゼで叩いてムラ感をだします。

Img_7035_2

グレー系とオレンジ系、一見違う系統の色目ですが、予想以上に自然な仕上がりに。

名付けて”AUTUMN KNIT2017(仮)”

実際にこの色をペイントしてみたい方からのお問合せ、

是非ともお待ちしております。

藁谷

 



 

こんにちは。

街の色が赤色~黄色~茶色に変化して秋の色が楽しめますね。

まだ寒くなる前、これから冬で家にいる時間が長くなる季節、

少しお部屋の模様替えや変化をつけて、インテリアを楽しみませんか?

ポーターズペイントは水性の塗料のため、においも少なく、

人によってはペイントしたその日にお食事ができる!なんてことも。

(部屋のサイズや開口部にもよりますが、、)

お子様も、6歳くらいからは一緒にペイントもできますよ。

1度塗りはお子様と一緒に、2度塗り目は大人が仕上げる、

最後に手形や名前などの刻印つけてよくみるとついてる!!なんて

仕掛けをつくるのも楽しいですよね。

2

毎週火曜日・土曜日にワークショップを開催しています。

ワークショップでは塗る前の準備~ペイント方法、養生の仕方などをご説明しています。

よろしければぜひご参加下さい!

すこし前、PORTER'S PAINTSカラーカードをお供に京都をめぐり

伏見稲荷神社にてカラーハンティングをしました⛩

Img_0408

Img_0410

神社の朱色にぴったりくる色が

“SPICE TEMPLE”や“PAGODA”だったことには

さすが、色の名前にぴったり!と納得&驚き。

さて、この1枚目と2枚目の写真

色はもちろん異なりますが

材質と、艶も異なりますね。

艶のない塗装は、古びた印象や風景と馴染んだ印象を

艶のある塗装は、新しい印象や目立った印象を与えてくれます。

また、艶の度合いによって、耐久力は変わります。

艶があるほど強く、艶がないほど弱いです。

PORTER'S PAINTSは、自然界と"馴染む”色を揃えており、

質感は、艶の少ないマットな仕上がりのテクスチャーが多いです。

わたしは、マットな質感が好きです。

ネイルや服にしても、色はもちろん、質感や艶感はとても重要な要素。

みなさまにもPORTER'S PAINTSのお気に入りのテクスチャーを

見つけていただければ幸いです。

Img_0415

✳︎伏見稲荷神社のグリーンの色がとても好み。


Img_0430

仙台の美しい自然の中にたたずむ設計事務所兼ショールームにてポーターズペイントを採用頂きました。
 
 
存在感のある梁やレンガウォールの計画をまとめるように、壁面はストーンペイントのDOUBLE STRENGTH GREYTHORN、木造作部分に今回はチョークエマルジョンを採用いただきました。

2017102120171021dsc_0316


扉色は赤レンガの色を引き締める色としてROCOCO、少し遊び心のある飾り窓と棚の造作はMOROCCOという黄色を提案させていただきました。

2017102120171021dsc_0311

2017102120171021dsc_0330


木造作にはエッグシェルもお勧めしておりますが、今回はあえてチョークエマルジョンを提案させていただきました。石膏成分を含むチョークエマルジョンはマットな仕上がりに蜜蝋ワックスでしっとりと仕上げていきます。独特の手触り感で使い込むほどに面が取れるので家具向けのペイントです。

写真ではお伝えしきれないのが残念ですが、カラーコーディネートに留まらず、用途に合わせたテクスチャーを提案で、体感してその良さを実感頂けるようご提案をしております。

新しいHPにてテクスチャーの紹介、ご相談の受付をしておりますので合わせてご覧下さい

ポーターズペイント 中込