2018年1月

新年も明け1月があっという間に終わろうとしています。

今年もよろしくお願いいたいします。

自宅の庭にウッドデッキを付けたのは約7年程前のこと。

子供達がまだ小学校に入る前でした。

MDFのような素材も考えたのですが、やはり天然木の風合いが欲しいので

アメリカンレッドシダーを選びました。

それから7年、一度もトップコートの塗り替えをしないまま来てしまいましたので

いよいよ塗り替えをしようと思います。

これから先はまた。

この度、1月16日に発売された、

I'm home no.92 March「WORK AT HOME」

へご紹介いただきました。

ご家族、ご友人、ご友人のご友人など、

大勢の人たちと一緒にペイントさせていただいてから早一年。

このようにご紹介いただけるの本当に嬉しい限りです。

Puddle株式会社 加藤様ご夫妻、羽場様、ありがとうございます!

職住一体の住まいで自分らしく暮らす。

今後どのように働いていくのか、暮らしていくのか、

きっかけにも繋がるなる1冊だと思うので是非本屋で見かけた際は、

お手にとってご覧ください。

皆さん、こんにちわ、中山です。

本年もよろしくお願い致します。

年末年始、連日快晴で、とても気持ちの良いお正月でしたよね。

私は、地元静岡へ帰省して参りました。

忘年会、親戚との集まり、初売り、新年会と毎日何かしらあってバタバタと過ごしましたが、

空いた時間に、今では世界遺産になった「三保の松原」に久しぶりに行ってきました。

三保は、折戸から三保へ埋め立てられて繋がった地域なのですが、

昔は「神の島」と呼ばれていたらしいです。

海を挟んで富士山を真正面で拝める場所として、とてもありがたい聖域とされていたとな。

Img_1877

私は、高校時代この三保半島で、学問、、、部活、、、釣りに!!!励んでいたので、

改めて三保の歴史と自然にありがたみを感じました。

折角来たので、少しばかり竿を出すことに。

急深な地形が特徴の駿河湾。ちょいと遠投し、探っていると小さなあたりが!!

新年初フィッシュということで、ワクワクしながら巻いていると急にヌ~っと重くなり

こんな子が釣れました・・・・・

Img_1858_3

Img_1857_3

ギャー!!!

お亡くなりになっていましたが、

「ミズウオ」とゆう水深900m~1500mで暮らす深海魚さんらしいです。

と、釣り好き・自然好きの私が、地元静岡は清水・三保で感じた「らしさ」のお話でした。

皆様も自分なりの感じ方で、地元や思入れのある場所の「らしさ」に触れてみてください。

次回は、しっかり施工事例などUPします。

中山

 こんにちは。

 1月も中旬が過ぎ、お正月気分もすっきりと抜けた藁谷です。

 今年もポーターズペイントを通して、多くの方々との出会いを期待しつつ、

 同時に出会った方々とよりよいお仕事、関係性を築いていく事が出来るよう

 日々楽しみながら努めて参りたいと思います。

 11月から営業スタッフになり、早3ヶ月。

 4月からの新卒スタッフを寛大な気持ちで迎えられるよう、スピードアップしながら

 様々なことを習得していこうと思っています。

 

 さてさて、今年も出勤初日、長女を連れての子連れ出勤デーでした。

 小学校の冬休みは長いので、こうして度々会社に来て一緒に過ごしています。

 子連れ出勤の日はなんだかんだ私が一番嬉しかったり笑。

 やはり子供と一緒にいることは親子共々気持ちが穏やかになるものです。

 とは言いつつ、かなり集中しなければいけないときはなかなかかまえませんが…

 そんな真剣な親の姿を見せるのも彼女にとって社会勉強の一つになるでしょう。

 また数か月で春休みがきます。

 また会社や工房で長女を見かけたときは、話しかけてみてくださいね。

 名刺交換してくれるかも?!

 

Img_0017_2

 

 

 

株式会社NENGO PORTER'S PAINTS営業スタッフは、

PORTER'S PAINTSのみならず、特殊塗装・特殊左官の提案から施工までを行っています。

本日は、最近ご要望の多い、MORTEXについてご紹介いたします。

MORTEXは、優れた機能と高い意匠性を併せ持つ

”デザインコンクリート”を2~3mmという薄塗りでつくれる左官仕上げです。

27種の鉱物成分が順に硬化することで表面が強靭になり

コンクリートの5倍の強度があると言われています。

下地が動かないように出来ていることが大前提ですが、非常に割れにくい材料です。

開発したのはベルギーのBEAL社(https://bealinternational.com/fr/)。

至るところで幅広い仕様が可能なことから、最近ではかなりご要望があります。

Mortex04

床にも、壁にも、天井にも、ダイニングカウンターにも、

Ocrier_20locrier1304x400

水周り、浴室、浴槽、プールまで施工できてしまいます!!

Mortex31

下地は、選びません。

多孔質で吸水性のある下地(板、セメント、モルタルほか)や、

金属、タイルなど表面が滑りやすいものまで施工できるため

新築・改築問わず使用いただけます◎

MORTEXのご説明、設計中案件のお打合せ、御見積依頼、現場調査、

いつでも承りますので、弊社PORTER'S PAINTS営業担当までご連絡くださいませ。

松川由衣菜

東京から富士山を見るとその手前に丹沢の山々が連なります。その丹沢を見ると私は決まって「詠み人知らず」という言葉を思い出します。

詠み人知らず。

数ある日本語の中でも最もロマンチックな言葉ではないでしょうか。「奈良、平安時代の和歌で作者不明のもの」といった意味と思いますが、ここでは大きく変えて遥かな日本の歴史の中で名も知れない人々が一生懸命に生き、そしてその子孫が私達だという意味で考えて下さい。少し無理がありますでしょうか。

連綿と続く人々の営みとそれを見てきた山や河、青空、雲、夕陽。これは千年をこえる昔から、そして未来永劫も続くものです。

その一方で人は祖先は会ったことがあっても二代前の祖父母までが一般的です。父母にしても若い時のことは想像の領域です。

その想像するしかない永遠の時の流れの中で後から続く後輩たちに、例え詠み人知らずであっても何かを残すことが出来るでしょうか。

その何かを創り出すために毎日があるのだと心に定めやって行こうと思います。

本年もよろしくお願い致します。

皆さまは「手作り」に挑戦したことはありますでしょうか?

料理をすることは、材料を増やしてみたり、もしかしたら自分でレシピを考えてみたりしたことは?

お花のブーケ、リースやクリスマスの時期に飾るクリスマスツリーでも、手作りに挑戦できます。

実はこういう手作りとインテリアは以外と共通点が多いです!

最早季節外れの話になりますが、去年クリスマスツリーを飾ったとき気がついたものです。

ポーターズペイントの中で質感が色々あると同じ、クリスマスツリーのオーナメントも、テクスチャーや形がたくさんあります。テクスチャーのバランスのあるクリスマスツリーは、センスが良いと思います。

まずはクリスマスツリーのベースカラーを二つくらい選んで、マットとツヤツヤしているボールのオーナメントでツリーを飾ります。それに、キラキラしているオーナメントを加えて、ツリーがうるさくならないように、数を控えめにします。(ベースの4/1くらい)
最後に、形や素材が全く異なるもの(金属、木材、お花、アンチークオーナメント等)をアクセントとして加えます。

(以上、クリスマスツリー作りのレシピでした。今年のクリスマスは是非参考にしてください m(_ _)m))

インテリアは同じく、それぞれ質感がある家具やデコレーションをミックスして上手く出来上がるものです。例えば、木材のベッドフレームに、リネンの毛布にサテンのシーツを全部象牙で揃えても、バランス取れます。

そこでベースとなる壁はとても大事な役と勤めます。自然にありそうな色や質感がいっぱいあるポーターズペイントには木材や植物や自分の気入り飾りを引き立てる力があります。

是非、自分の目と手で実感してみてください。今年も、ご来店をお待ちしております。