佐々木 映 Feed

こんにちは、コーディネイターの佐々木映(ささき はゆる)です。

もうすぐお盆休みに差し掛かりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

故郷に帰省したり、長期休暇を使って海外に行かれる方も

多いのではないでしょうか。

そんな私も実家(浦安)に帰り、両親に元気な姿を見せようとしております。

自分で言うのは変ですが、それが一番の親孝行だと思いますので。

さて、今回は私が担当している明大前コーポラティブハウスの

「暮らし方」について書きたいと思います。

■最上階の天井高約4.0mを活かした暮らし方

この物件の最大の特徴でもある最上階の天井高。

この空間の使い方として、1つは開放感を活かしたLDK。

ただ、暖かい空気は上にたまるので、空気の流れを生むため

にシーリングファンなどを設ける方がよいかと思います。

もう一つはロフト。生活スペースをさらに広げることが

できるロフトを設けることで、収納や小さいお子さんに

とっても秘密基地のような空間として楽しめるはずです。

Img09

■実はとても快適?!地下住戸での暮らし方

地下と聞くと、「暗い」「湿気が多い」「風通しが悪い」など

ネガティブなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

実は防水やドライエリア、開口部、階段の位置などをしっかり

設けることで、上記の問題点はクリアされます。

むしろ地上より快適な暮らしができる空間になります。

_q5j6044

あなたらしい暮らしを創ることができるのが、

コーポラティブハウスです。

ご興味ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

以上

<目黒コーポラティブハウス>
http://nengo-cp.jp/project/meguro/index.html

<明大前コーポラティブハウス>
http://nengo-cp.jp/project/meidaimae

また、コーポラティブハウスの自由設計についてのご質問なども、お気軽にお問い合わせくださいませ。
https://docs.google.com/a/nengo.jp/forms/d/e/1FAIpQLSdZSmOso_lSgyUiffiptotBoVIUXvIg-65cOF1b5--Rmr3awA/viewform?c=0&w=1

こんにちは、コーディネイターの佐々木映(ささき はゆる)です。今回のテーマは「色」が人間に与える影響についてです。

生活をしていると様々な「色」を目にすると思いますが、

実は無意識に色の影響を受けており、人間のパフォーマンスに影響しているのです。

例えば、某ファーストフード店の「赤」の効果とは?

「赤」は交感神経を刺激し脈拍が早くなるため、

実際の時間よりも時間の経過を早く感じさせる効果があります。

また、エネルギーを感じさせる色であり、アドレナリンを分泌させる効果がございます。

その他、愛情、勇気、危険、勝利などの連想もできるでしょう。

そして、私の好きなカラー「青」の効果とは?

赤色とは逆に副交感神経を刺激し、脈拍や体温が下がり、

呼吸もゆっくり深くなるために心身の興奮を鎮め、

感情を抑える色でもあります。ただ、ネガティブな意味で使われる

「ブルーな気持ち」というくらいですから、悲しさや不安を連想させてしまいます。

そして、最後に皆さん大好きな「緑」(おそらく、、)

「緑」は木や森など自然をイメージさせる色ですので、

気持ちを穏やかにし、リラックスできる色でもあります。

疲れている方はこの「緑」を感じられる場所に行くとよいでしょう。

住環境の中の植栽もこのような癒しや安心感をもたらしてくれます。

街中を歩いているだけでもたくさんの広告を目にすることでしょう。

よ~く見てみると作り手の意図や狙いがわかるかもしれませんね。

我々NENGOは色のプロでもあります。色選びから素材選びまで、

より良い住空間をご提案いたします。

http://blog.nengo.jp/porters_paints/

~映のぼやき~

先日、オープンした川崎のunicoで演奏させていただきました。

海パン効果で色の力を借りずに場を涼しくさせました。。。


19911534_1230192177084781_191219054

<目黒コーポラティブハウス>
http://nengo-cp.jp/project/meguro/index.html

<明大前コーポラティブハウス>
http://nengo-cp.jp/project/meidaimae

また、コーポラティブハウスの自由設計についてのご質問なども、お気軽にお問い合わせくださいませ。

https://docs.google.com/a/nengo.jp/forms/d/e/1FAIpQLSdZSmOso_lSgyUiffiptotBoVIUXvIg-65cOF1b5--Rmr3awA/viewform?c=0&w=1

こんにちは、コーディネイターの佐々木映(ささき はゆる)です。

最近は雨が続き、ジメジメとした日が多いですね。そして、雨の日や曇りの日でも熱中症になる可能性があるので、家の中にいても、こまめな水分補給しましょう。

〇窓は家の「呼吸」をする場所?!

室内の空気には、熱、湿気、臭気、ほこり、有害ガス、などが入り混じっており、「窓」はその不浄な空気と外気を交換する、人間でいう呼吸を行う場所でもあります。風力換気をするためには、風当たりの良い場所と風の通り抜けを考慮し位置を決め、出口となる窓やドアも設置する必要があります。

1

〇窓は生活を楽しむ重要な要素?!

幼いころ、よく家の中から窓越しに外の人の流れや風に靡く木々をぼーっと見ていたりしませんでしたか?外の景色を見ているだけで多くの発見と気づきがあり、感性をくすぐられます。また、日本の四季を家の中から楽しめるような窓辺のしつらえも日本の良き文化でもあります。

〇部屋を明るく照らすだけが「窓」の役割ではない?

もちろん大きな窓を設ければその分、光を大きく取り込むことができますが、実は光は明るい・暗いだけではなく素材感を際立たせる大きな役割を持っております。日本の建築では、例えば、あえて大きな影を創りだすためにより深い庇を設け、影を演出し、奥行き感を出したりします。太陽が一日を通して東から西へ動くことで、住戸内に取り込まれる光の量や角度が異なり、時間帯によって同じ家でも異なる姿を表現できると思います。

<目黒コーポラティブハウス>
http://nengo-cp.jp/project/meguro/index.html

<明大前コーポラティブハウス>
http://nengo-cp.jp/project/meidaimae

また、コーポラティブハウスの自由設計についてのご質問なども、お気軽にお問い合わせくださいませ。
https://docs.google.com/a/nengo.jp/forms/d/e/1FAIpQLSdZSmOso_lSgyUiffiptotBoVIUXvIg-65cOF1b5--Rmr3awA/viewform?c=0&w=1

皆さま、こんにちは。コーディネイターの佐々木です。

今回はメゾネット住戸の特徴をお伝えしたいと思います。

 

そもそも「メゾネット」って何???

と思われている方も多いはずです。

 

簡単に言うと、1住戸内で複層になっているのがメゾネット

Daita028

実際にどんな暮らし方ができるでしょうか。

 

1、 マンションでも戸建て感覚?!

住戸内で1階2階があるということは、

戸建てと同じような生活ができるということですよね。

例えば、大きな吹き抜けを設けることができたり、

内階段を通して、上下階の空気の流れを作ることができるという特徴がございます。

 

2、 メゾネットだから安心‼ 

マンションで起こる問題の大半は「音」と「水漏れ」。

夜中に上の階の人がドタドタしていたら、

寝られないどころかストレスが溜まりますよね。

次第には争いに、なんてこともあり得ないわけではございません。

「水漏れ」も同じです。ですが、メゾネットであれば、

上の階に水回りや子ども部屋があっても結局自分の家。

 

3、 光や風の出入り口が2倍?!

一般的なマンションの部屋の形は、ほとんどが長方形。

北側に玄関があり、廊下を通って南側のLDKへ。

南側にLDKが面していても、北側まで光や風が抜けていかない。

ですが、メゾネットは2層分の間口がある分、

光や風の取り込める量は上下で2倍。階段も吹き抜けとしての

役割を果たすことができます。

 

階段の昇り降りが面倒くさい、という方も多いかとは思いますが、

一日に数回程度の昇り降り。運動不足の方にはちょうど良いのではないでしょうか。

工夫することで快適な生活空間を創ることができる魅力がたくさんあるのが

メゾネット」の特徴です。

現在、毎週土日に明大前コーポラティブハウスの説明会を開催しております。
http://nengo-cp.jp/project/meidaimae

現地案内や応援メッセージなど、お気軽にお声がけください。
https://docs.google.com/a/nengo.jp/forms/d/e/1FAIpQLSdZSmOso_lSgyUiffiptotBoVIUXvIg-65cOF1b5--Rmr3awA/viewform?c=0&w=1

みなさん、こんにちは。コーディネイターの佐々木です。
先日、自分の住む街を見下ろしてみたら、、、一面のコンクリートジャングルだった。

Img_9397_2

高い建物と低い建物が乱立しています。日々、生活しているだけでは、実際にどんな街並みなのか、あまり気にしないですよね。俯瞰してみると、気づくことがたくさんあります。


ただ、コンクリートジャングルの中には、温かみを感じるポイントもチラホラ。
こちらは、渋谷にあるMODI。渋谷の中心にある商業ビルですが、外観は緑に覆われ、都心の冷たさを払拭するようなデザイン。ただ目立つ、のではなく、本来あるべき姿なのかもしれません。

ちなみにこちらのデザインは、明大前プロジェクトの設計を担当していただいている古谷デザイン建築設計事務所さんです。

Img_9463_2

渋谷のスクランブル交差点を目当てに外国からくる人が多いようですが、それでいいのか日本!!

現在、毎週土日に明大前コーポラティブハウスの説明会を開催しております。
http://nengo-cp.jp/project/meidaimae


現地案内や応援メッセージなど、お気軽にお声がけください。
https://docs.google.com/a/nengo.jp/forms/d/e/1FAIpQLSdZSmOso_lSgyUiffiptotBoVIUXvIg-65cOF1b5--Rmr3awA/viewform?c=0&w=1

こんにちは、コーディネイターの佐々木 映(ささき はゆる)です。

記念すべきブログ第1回目の記事を担当させていただきます。

Sasaki


~自己紹介~
■氏名   佐々木 映(ささき はゆる)
■生年月日 1993年11月13日 現在23歳
■出身   千葉県浦安市生まれ(成人式は某・夢の国)
■在住   三軒茶屋(最近、引っ越してきました)
■趣味   音楽(昔はバンドマンでした)、映画鑑賞、フットサル、他多数
■特技   書道(二段)、ギター、いつでもどこでもすぐに海パン姿になれる
■マイブーム ウォーキング・デッド

一番大切にしていることは、“健康”です。健全な体調なくして、健全な仕事はできません。
そして、お客様にも健康的で健やかな生活を送っていただける住宅を私がコーディネイトいたします。

Sasaki_2

元気があれば、いつでもどこでも海パンになれます。
4月の社員旅行(屋形船)での1コマです。

このブログでは、NENGOで企画するコーポラティブハウスの情報や自由設計についてのお話、スタッフの人間味溢れる記事を書いていきますので、ぜひこれからもお付き合いください。

現在、毎週土日に明大前コーポラティブハウスの説明会を開催しております。
http://nengo-cp.jp/project/meidaimae

現地案内や応援メッセージなど、お気軽にお声がけください。
https://docs.google.com/a/nengo.jp/forms/d/e/1FAIpQLSdZSmOso_lSgyUiffiptotBoVIUXvIg-65cOF1b5--Rmr3awA/viewform?c=0&w=1