人が夢を語ることは自由ですが、そんなことが書いてあるブログ読みたいかと言えばまず読みたくありませんね。で、大昔私実は映画監督になることが夢でした。

見た人全てが驚き笑いそして涙しエンドロールでは観客が歓喜と共に総立ちで拍手するような映画を撮り、米国に渡ってアカデミー賞なども頂いてファラ・フォーセットのような女優と結婚するのも良いなと思ったりしたものです。映画同好会的なものに入るとかそれらしいことは何もしてませんが、実は一回だけアカデミー賞のレッドカーペットにぐっと近づいたことがあります。

そう新卒で入った建設会社が折りからの不況で傾いた時に映画制作の会社が社員募集していてそれに応募したのです。一次は書類選考で最近見た映画の感想文を求められました。

プライベートライアンについて書いたのですが、これが完璧な感想文で一級の映画批評になっていて、一流雑誌プレジデントに掲載されてもおかしくない内容でした。一次合格の時点でやはり私は映画監督になるべく生まれたのだな。神様はちゃんと見ていてくれたんだなと実感し、ファラフォーセットとの結婚式のスピーチまで考えていました。ハリウッド進出で五十嵐からIGARASHIになる日も近いと予感されました。

その後ですか?ガーン。人は嫌なことは忘れるように出来ているのですね・・・。確か2次試験は一人で面接と思いきや会場に大勢受験者がいて5人1組の面接でした。他の4人は皆映像関係からの転職希望組で建設会社の素人などお門違いな感がありました。その皆さんは記憶に残っている映画の場面は?の問いにソビエトの何とかいう映画でただブランコが揺れているシーンが胸に迫りましたとか、何とか言う監督がどうのなどと私の知らない映画の話しをしていました。ターミネーターの話しをしたのは私ぐらいで、しかも力が入りすぎしゃべってるうちに何を言ってるのだか分からなくなる始末で悲惨を絵に描いたような事態となりました。

戦略も戦術も大失敗で出たとこ勝負の大敗北でした。結局自分は自分なので建設会社で頑張って来たことと映画への熱意を話すべきでした。当たり前が全く出来ないガッカリの自分です。今も大して変わってませんが。

映画は良いですね。気をつけるべきは良い映画ほど素晴らしいものは有りませんが、反対につまらない映画ほどひどいものも無いということです。同じ映画でも彼我の差は極大です。

最近ではアマゾンプライムで家で映画を見ます。昨日は帰って来たヒトラーという欧米的にかなり際どい映画をみました。

すべての力を集中する。あとは攻撃あるのみ!

信念に確固たる基盤があれば常に正しい結論が導ける!

いかにもヒトラーが言いそうなセリフです。

映画自体はとても良く出来ていて、この映画から映画の奥深さと言いますか映画が表現できる力の凄さを改めて感じました。世の危うさをもしっかりと伝えていて現代社会に警鐘をならしています。

そんな底知れないエネルギーにあふれた映画に少しでも多く出会いリフレッシュしてまた明日への活力を頂きたいものです。

世の中には案外楽しいことがいっぱいあるのですね。

こんにちは、PORTER'S PAINTSの老川です。

毎月のように時の流れの早さに驚いています。

1日1日は非常に大切ですね、、、

最近よく社内で褒めていただくようになりました。

お世辞かもしれませんが。

学生時代や入社当初からは考えられないです。

非常にだらしのない人間だったので、少しはスイッチを入れ替えることができたのかなと思います。

そんな中ですが今、新卒メンバーでプチプロジェクトを立てています。

3人という少ないメンバーですが、1人1人特徴が違くて個性的でもあってとかなりバランスのいい組み合わせになっています。

1人は誰からも見えない角度から物事が見えていてユニークな発想が思いつく人

1人は普段は落ち着いて見えるのに、いざという時の気合や芯の強さからグサッと刺さる意見を発信することやまとめ役を担ってくれる人

もう1人は自分のことですが、自分の考えだけで生きているような自由人

みんな違ってみんな良いみたいな言葉が当てはまるなと日々思っています。

他2人の努力を横で見ているとかなり刺激になります。自分も負けていられないと鼓舞されていることは間違いないです。

その中で3人揃って1つのゴールに向かって動いている時間は非常に充実しています。

このプチプロジェクト皆さんぜひ楽しみにしていてください!

来月も頑張ります。

こんにちは。

PORTER'S PAINTS 向原でございます。

洋服を買いに行けば秋物が出ていたり、

ビールは秋仕様のものがでていたり。

でも気温はそんな優しくはしてくれないです。

まだまだ汗との闘いは続きそうです。

「最近のお話」っていうのはこういうことではなく。。。

ほんとここ1~2週間なのですがある物件形態のご相談が非常に多いです。

それはクリニックです。

特にデンタルクリニックと整体は頭1つ抜けてます。

歯医者さんは多いとよく耳にしますが、

まだ癒業系や美容院と比べるそんなに多くもないのです。

今のところはこれからも増えるんでしょうね。

そんなデンタルクリニック案件での仕上げサンプルが下記。

Img3257

Img3256

使用している色や数は同じですが1枚目はいわゆるグラデーションのエイジング。

2枚目はグラデーションではありますが地層をイメージしたグラデーションです。

地層をイメージすると色が変化するラインが波を打たなくなります。

細かな違いではありますが、最近こんな細かなサンプルをご用意させていただくことが多々あります。

こだわりの強いお客様がいらっしゃって、それに応えられる技量を有しているスタッフが居ます。

そんな環境は毎日ワクワクしますね。

まだまだ勝負はこれからです。

皆様こんにちは、高瀬です。

8月は雨が続く日もあり、

気温が一時的に下がり過ごしやすい気温だったのですが、

今週からまた暑い日が続いていおります。

お体に変化はないでしょうか。

知らない間に脱水症状になっている可能性もあるのでこまめに水分補給を行ってください。

9月2週目からは気温が少し下がるのでそこまでの辛抱です。

前置きはこれくらいにして、

タイトルにも記載をしました。

MORTEX(モールテックス)を皆様ご存じでしょうか。

モルタル系材料を薄塗りし仕上げる左官仕上げです。

ネットやインスタグラムなどのSNSに住宅の一部仕上げ材として

特集がくまれていますね。

表情としては色ムラがでて、防水機能もあるので水周りにも施工ができる、

とても魅力的な仕上がりになります。

ですが、施工をするにあたりデメリットがあります。

それは施工期間です。

MORTEXには乾燥時間が20時間前後必要になる工程があります。

そのため施工期間が他の仕上げよりも長くなります。

良い物をを仕上げるためには、やはり時間がかかるみたいです。

私は8月にMORTEXを2件施工させていただきました。

色々な箇所で施工をさせていただき多くの方に興味をもってもらえるように頑張っていきます。

Img_2004

Img_2008

今日は木材への塗装についてのご紹介します。

よくご質問で木材へのペイントはできますか?と質問をいただくことがございます。

ご返答としては木はタンニンなどのアクが出る場合もありますので、

下地の処理や、塗装の種類をお選びいただければ、ペイントは可能です。

なお、木材用の塗料は2種類ございます。

①木材の質感を残さない…塗膜をつくるタイプの塗料で塗装

②木材の質感を残したい…浸透するタイプの塗料で着色

昔から人気があるのは、壁とドアを同じようペイントして、ドアを目立ちにくく、

空間をすっきりさせる方法です。こちらは塗装だからこそできるご提案です。

こちらは①のタイプです。

造作での設置や、塗装できるドアも売っているので、ぜひご興味がある方はご検討下さい。

Image_6483441

そして②の塗膜を作らず、木に浸透するタイプはこちらの写真の床になります。

桜の木材に、WOOD WASHという塗料をペイントしています。

水性塗料なので、塗ったらすぐにふき取っていく仕上げ方です。

色はポーターズペイントの顔料で調色ができるので、色は多数からお選びいただけ、

また着色の見え方が柔らかく、マットな仕上がりが特徴です。

ただし、こちらはアクの豊富な木材には使用できません。

また無塗装の木材のみに塗装可能となっております。

こちらの施工事例は、天井と壁、床もペイントしています。

日本では質の高い木材を使うケースが多いので、木材に着色しない場合が多いですが、

素材によっては、着色による木材の活かし方もあります。

82469839fb5c316dedf64ebded44153c

4fb137b5e0730803ce0764ab4177e232

ただしWOOD WASHは外部用ではないため、

オイルステイン系のような防腐、防カビ剤などの添加剤が含まれてはなく、

高い機能性はありません。あくまで内装の装飾としてのカラーをしたい方にお勧めです。

ぜひご興味がある方は、直接お問合せいただけると幸いです。

問い合わせはこちらをクリック