皆さん

こんにちは

中山です。

1980年代~1990年代初期の本来のバブルを私は体験していませんが、

すごく忙しかったのではないかなとおかげ様で今絶賛体験中です。

オリンピックでの需要を筆頭に建築業界はバブルを迎えています。

店舗・ホテル・マンションの改修など物件形態は様々です。

特にホテルに関しては、オリンピック需要にまだまだ届いていないらしく

今後も増やし続けるでしょうね。

ただオリンピック後にも愛される物件を作らなければ、せっかく建ててもまさにバブルの再来のように

廃業をよぎなくされるでしょう。

日頃から「愛され続ける建物作り」を考える中で、「続く」という時間経過型の愛着の持ち方・昇華の仕方に目線を向けるようにしています。

というのもいつまで・どこまでという際限は、建てた時に決まっていることよりも決まっていないことのほうが多く。建てる際にそれを見越した提案は困難を極めるからです。

であれば、そこに建っている以上愛され続けるようにしたいと思うのが正常かと思います。

先日ある出版記念会に参加させていただき、著者からこんな言葉を頂きました。

「正解ではなく最適解へ導く」

正解が分からないこと。はたまた正解など存在しないものに関しては、

その時の状況を読み込み最適であると思う考えを導き出さなければならないという

ある意味普通で当たり前の言葉が私にはしっくり来ました。

最適解という言葉は、街の未来を作っていく建設業界に特にFIXする言葉ではないかなと思いました。

だからこそ難しいのだと。

だからこそ楽しいのだと。

数学のようにパキっとした答えがでない建築の仕事を

学生時代まで癌細胞をいじくりまくってた私がしているなんて10年前の自分は想像も付かないでしょう。。。

正解のない仕事っていうのは、もはや一生懸命精進することしか出来ず、

またやりがいしかないのだと感じました。

なんて、最近忙しすぎて感傷に浸ってみたりもする中山でした。

ちなみに癌細胞の研究というのはこんなのを毎日育てて、毎日いじめています。

Images

それでは。

半百と言う言葉があります。

葛飾北斎が自分の描いた絵は50歳までは全くダメ。70歳を過ぎてからはやっと見れるものになったといったことを記していますがそこに出ています。半百はつまり50歳のことです。古来からの日本語は面白く時に美しいですね。が、本題とそれます。日本語の話ではありません。

毎日様々な出来事に翻弄され、自分の足で立ち上がったと思ってもまたグルグルと渦に巻き込まれるばかりですが、時にやって来るチャンスはしっかりと掴まなければなりません。

歴史をたどれば信長には桶狭間の戦いがあり、秀吉には墨俣一夜城があります。この二つは結果的にチャンスを掴んだと言えますが同時に大ピンチでもありました。時に信長26歳、秀吉29歳の出来事です。自分の命を的にしてチャンスを掴み取ったわけです。30歳に満たずして不屈の精神力と絶大なる行動力です。彼らの人間的な凄みは他を圧するものが有ったのでしょう。人はここで自分の年齢と重ね合わせ戦慄しなければなりません。例えばあと3年でそうなれるの?もう10年も過ぎてますがと言った具合です。

さて自分です。でもがっかりする必要はありません。冒頭の通り葛飾北斎は70歳からの開花宣言です。富嶽三十六景も70歳を越えてからの作品だそうです。不屈や絶大までいかなくても一所懸命をやりきりましょう。

「なあ、まだ間に合うと思わないか」以前見たドラマの台詞です。信長、秀吉、北斎の例えはその域に達することはさすがに無理としても全ての人のエールになり得ると思います。

こんにちは。

入社1年目の窪田です。

9月、私は社会実験フェスという川崎駅前のイベントの運営スタッフになりました。

社会実験を通じて新しい川崎の豊かさを発掘し、今後の豊かな街つくりの礎にすることを目的にした、

型にとらわれない自由なイベントです。

「実験」というワードがついている通り、開催途中どんどん新しいアイデアを生み出しながら実験的な挑戦を繰り返しています。

普段、イベント企画や何かのプロデュースの中心になることは、PORTER'S PAINTSの営業としては多くありません。そのため初めてのことばかりでとまどいました。(今もまだ慣れません、、。)

しかも今回、スタッフが多くない分、全員何かしらのリーダーをしており、自分のもつ責任感が大きいのです。

それが、自分から能動的にうごくきっかけにもなりました。

やらなきゃいけない、という気持ちから、もっと成功させたい!という気持ちに変わりました。

もっともっと沢山の地域の人の笑顔が見れるように、あと1週間がんばります。

また、今回学んだ能動的な動きを、ポーターズペイントのコンサルティングにも生かして、

暮らしが豊かになる空間を作っていきたいと思います!

10月6日まで川崎駅ルフロン前で開催しております。

ぜひお越しください。

70217770_1740206972789502_199009939

皆さま

こんにちは

中山です。

まだまだ日光がバチバチな日が続いてますが、

風が少し涼しくなったなーと感じますよね。

あっとゆうまに10月です。

毎日を全力で過ごしてるからか、

時が過ぎるのが早くて早くて。。。

で、、、秋なのでエギングへ。

今年は、夏が食い気味にやってきたので、

もしかしたら産卵早いかもなーなんてふと思い、

居ても立ってもいられず、調査へ。

9月頭でしたが、アオリ・ヒイカ・タコ。

23b34f6e6a07436f886b97ca559b6975

例年に比べてちょい成長早めでした。

食べれる分だけお持ち帰り。

9月下旬も調査に行きましたが、

早生まれと遅生まれの子達のタイムラグがだいぶあるみたい。

10月中旬が面白いかもなーなんて、捨て台詞を吐きつつ

帰路につきました。

感覚的に感じる季節感は、人それぞれバラバラですが

それを合わせてくれて、楽しませてくれるのが旬の生き物たち

なのかなと改めて思いました。

一年で潰える命。

これから大海へでて、春には大きく成長して戻って来てくれることでしょう。

春イカも楽しみだな。

ひっさしぶりに、釣りネタオンリーでした。

それでは。



ポーターズペイントの梶原です。

9月14日〜10月6日まで川崎の東口の広場で社会実験フェスを開催中。

交換型本屋のbookbook📚
ストリートピアノ🎹
美味しいフードトラック🚚

など色々なコンテツがあり楽しめる空間です。
ストリートピアノでは、有名youtuberさんも演奏に来ていただいてます!

明日は、広場で朝ヨガ🧘‍♂️🧘‍♀️も行います!
ヨガマットも先着30名様にお貸出しも可能です。
会社行く前に秋晴れの下でヨガを行うといつもより体が活性化されて仕事も楽しくなるかも?!

社会実験フェスは、今週までの開催になりますので是非、立ち寄ってみてください!

入社して半年、ポーターズペイント事業部の仕事だけでなく色々な視点の働き方を体験でき大変ながらも楽しく頑張っております。

引き続き駆け抜けたいとおもいます。