渡辺 あづさ Feed

こんにちは。

PORTER'S PAINTSの渡辺です。

今日はお知らせがございます。

PORTER'S PAINTS JAPANではインスタグラムをはじめてみました。

TINER渡辺目線のPOSTや素敵な施工事例など、随時UPしております。

ぜひフォローしてくださいね。

♥やコメント、大歓迎です!

PORTER'S PAINTS JAPAN instagram 

170523_nengo31610

こんにちは。ポーターズペイントの渡辺です。

寒い日が続いておりますがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

先月の頭にちょっとスペシャルなワークショップを企画させていただきました。

弊社NENGOでは現在川崎市日進町にあります、簡易宿泊所をゲストハウスとして生まれ変わらせるプロジェクトを行っております。

その一部屋をポーターズペイントで塗ろう!という企画でお客様を募らせていただきました。

**

ワークショップの様子をお伝えする前に、簡易宿泊所のご説明から。

高度経済成長期に、川崎は工業地帯ということもあって、横浜や東京から多くの日雇い労働者が中継地とする土地でした。

そのため、日進町のような安く長く滞在できるような宿泊施設が多く生まれました。

現在はそういった時代に活躍された方々が生活保護を受けながら生活する場所として利用されているという現状です。

日進町を含む一帯には、はかつて風俗街があったりと歴史的にもかなりディープな界隈です。

そんな色濃さも残しながら新しい風を吹き込むべく、外国人の方やバックパッカーのお客様に利用していただけるようなアートな宿として、『日進月歩』が来年1月に誕生予定です。

**

ポーターズペイントとしてはそんなバックグラウンドを読み取りつつ、お客様に快適な空間を感じていただくべく、一部屋まるごとペイントをしよう、ということで、ペイントをお考えのお客様を募りワークショップを開催するという形になりました。

一部屋まるごと塗ることでポーターズペイントに包まれた空間を体感いただけます。

そんなワークショップにお越しいただいたお客様はU様ご夫妻です。

Img_1373

ご新築中のご自宅にペイントご予定です。

とてもこだわっていらっしゃるご自宅で、なんと全面塗装!

教えさせていただくわたしも力が入りました!

まずは大切な養生作業から・・・

Img_1356

とても真剣なおふたり。

続いてペイント1回目!

Img_1362_1

見事な刷毛裁きです!

つづいてペイント2回目。仕上げていきます。

05c24ae72d47453e8f1991ad5f8e1538

Img_1364

空間がどんどん仕上がっていきますね。

Img_1371

完成!

お疲れ様でした。

今回塗っていただいたのは、浅葱鼠という日本の伝統色です。

畳の色とマッチして、落ち着いた青緑に包まれたとても居心地の良い空間になりました。

きっと安眠できるお部屋になっていると思います。

U様ご夫妻、ご参加いただき誠にありがとうございました!

日進月歩は1月にOPEN予定です。

また情報をお伝えしますので、お楽しみに!

また、ポーターズペイントでは今後もちょっとスペシャルなワークショップを企画しますので、ぜひみなさまチェックしてくださいね。

それでは今日はこの辺で。

こんにちは。

PORTER'S PAINTS,TINTERの渡辺です。

雨が長く降り注ぎ気持ちも少し落ち込みぎみのここ最近ですがみなさまいかがお過ごしでしょうか

.

.

先日、そんな秋の長雨で少し暗い雲がかかってしまっている心にぱっと日が差し込むように気持ちが明るくなる色のご注文がありました。

.

.

Img_0870_2

.

.

"SOLEIL(ソレイユ)"

フランス語で『太陽』、ぱっとその場が明るく照らされるような明度の強い黄色です。

.

色に名前がついていることで、調色作業をしているとこういった気付きもあり、はっとしたり心が励まされたりする瞬間があります。

.

***********************************

さて、日本では太陽といえば赤をみなさまイメージされる方が多いかと思いますが、フランスでは黄色なのだそう。

国や文化により色の概念が違い、ポーターズペイントのカラーカードにはそういったことも反映されているようです。

面白いですよね。

.

.

.

果たして次の日本のソレイユはいつ姿を現すのでしょうか。

台風が近づいておりますのでみなさまどうぞお気をつけてお過ごしくださいね。

それでは今日はこの辺で。

こんにちは!

PORTER'S PAINTS JAPANの渡辺です。

最近めっきり涼しくなりましたね。

みなさま体調など崩されていませんでしょうか。

相変わらず元気な私は先日スタッフの中込と共にてぬぐいの専門店『にじゆら』さんの染色ワークショップにお邪魔してきました。

色を扱う仕事をしている身としてとても貴重な体験となりましたので、少し長くなりますが皆さまにもお話しさせてくださいね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にじゆらさんの手ぬぐいは『注染』という漢字の通り『注いで、染める』伝統技法を用いて作られています。

どのような工程で作られているか、それは説明を聞くととても手の込んだ、経験がものをいうようなとても手間のかかった作り方をしています。

まずはよろしければにじゆらさんのHPをご覧になってみてくださいね。

今回のワークショップでは染める前の準備段階と、染料を注ぐ工程を体験させていただきました。

まずはカラーリングデザインから。

配色や発色をイメージしながら色鉛筆で色を塗っていきます。

シンプルな色合いにしよう、テーマを決めたにも関わらず、あんな色もいいね、この組み合わせもいいね、とどんどん欲が出てしまい結局カラフルなデザインになりました。

そういえばポーターズペイントのお客様もたくさんある色の中から選ぶのは、大変そうだけど楽しそうだな~とお仕事と重ねてみたりもしました。

1

デザインができたらまずは染める箇所にふ糊という糊で土手を作っていきます。

2

3

ちょっと面白い光景ですが、これも綺麗に染めるための大切な作業です。

なかなか難しい!

そして次についに『注染』の工程です。

4

土手から出ないようにデザインを元に染料を注いでいきます。

そーっと、そーっと。

.

.

初めてにしては、上出来?(笑)

5

.

.

土手を取るとこんな感じに!

充実感の笑顔です!

94d53e84b58b45c2ad1a56a321b22087

この茶色っぽい色は糊がついているためで、後日工房で洗い流す作業をして完了です!

6

.

.

じゃーん!

仕上がりはこんな感じ。

色に欲張りなふたりのカラフル手ぬぐいが完成しました(笑)

7

とても貴重な経験をさせていただいた上に、自分で作った手ぬぐいを持って帰ることができるというのはかなりの満足感がありました。

手しごとを体験することで、昔から大切にしてきた職人さんの誇れる技術の偉大さや、様々な染め方はその地域や文化によってその土地に根づいてきたという歴史を感じることもできます。

なにより、自分で作った手ぬぐいは、とても愛着がわき、大切に使いたいな~とより強く思います。

”色×手しごと”

提供しているものは違えど、PORTER'S PAINTSと共通している部分が多いにあります。

私たちもお客様にセルフペイントでご自宅に色をご自身の手で添えていただき、より愛着のある空間に育てていっていただきたい。

そういった想いがあります。

そのためにペイントはすべて手作り。素材も自然素材。

よりみなさまの生活に馴染むように、より豊かな暮らしになるように。

これからも手しごとを大切に、みなさまに寄り添ったペイントと空間を提供していきます。

今回のにじゆらさんのワークショップは、にっぽんてならい堂さんよりお申込みいただけます。

ポーターズペイントのワークショップもこちらから随時募集しております。

ぜひお越しくださいませ!

それでは今日はこの辺で失礼致します。

こんにちは。
PORTER'S PAINTSの渡辺です。

PORTER'S PAINTSには欠かせない”TINTER(調色士)”のお仕事。

調色に欠かせない道具を大切にしていることもブランドプロミスである『ヒューマンメイド』のひとつ。
道具を大切に扱うことで安定した色を作ることができるのです。

週に一度、色の元である『顔料』が入っている『TINTマシーン』のお掃除をしています。
ノズルをすべて洗い、詰まりなどがないように綺麗に掃除します。

顔料は全部で16種類。世界最多の色ぞろえです。
16種類混ぜるとどんな色になるかなあ、と試してみました。
どんな色になると思いますか?

答えはおよそ『茶色』になります。
色というのは混ぜれば混ぜるほど濁色になります。また、PORTER'S PAINTSの顔料では茶系の顔料の色ぞろえが豊富(なんと6色!)で、そのため全部混ぜると茶系になるのだと考えます。

お掃除している瞬間にも出会えたらラッキーかもしれませんね!

こんにちは!PORTER'S PAINTS SHOPの渡辺です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

さて、本日はポーターズペイントショップ初!(私が入社してからはですが)

課外授業を行ってきたのでその様子をご紹介します。

いろいろとペイントにも通ずるものがあり、非常に勉強となる経験をしてきましたよ。

まず、場所は蔵前の”ダンデライオンチョコレート”さん

F369d8cedad94b6a82c6ce29363c0e01

ダンデライオンチョコレートでは、BEAN TO BAR CHOCOLATEといって、カカオ豆からチョコレートにする工程を一貫して手作業で行い作られたチョコレートを販売しています。

まずはいただいてから。。ということで食いしん坊たちはチョコレートづくしのメニューを堪能。

9e5229d5f5654d1bb601b5aea3b6cfc7

お店には広い工房があり、その工程を見ることができます。

私たちが座った2階の席には一部がガラスの天井になっている席があり、上から工房を見渡すことができました。

こうしてチョコレートができていくんだな~と感心してみんなで口を開けながらほお~と見渡していました。

Af63760d9a754b338d4d6f29d79da2a3

写真の資料はBEAN TO BARの工程をわかりやすく図や冊子にしたもの。

冊子には世界各国のカカオ工場の様子や働く人々の様子が映っていました。

F3f53441bed344c88253035da5b82fad

こんなおしゃれなチョークアートでもBEAN TO BARの工程を知ることができます。

**************************************

今回、スタッフの方からお話しを伺う機会があり、たくさん刺激となるお話をいただきました。

中でもこのBEAN TO BARの考え方を広めるために、ダンデライオンチョコレートさんでは知識や製法などあらゆる情報をオープンにしているという点が印象に残っています。

この考え方、文化を広めることでより質の高いチョコレートを普及させることができ、フェアトレードの観点でも原産地に良い影響を与えることができる、と。

そういった想いの元、ブランドが確立しているんだなあと非常に感銘を受けました。

ペイントも、日本にペイント文化を広めるためにこうしたオープンな関係にペイント業界でつながっていけるようになれたらなあ、と考えたりもしました。

また、おいしいチョコレートを作るために徹底された生産体制や、豆の焙煎、プロファイリングなどにより季節によって豆の性格を引きし製造、提供することなどなど。

私たちが普段行っている調色作業や梱包作業も全て手作業で行い極めて人の手がかかったペイントを提供しているといった点と重なる部分もありました。

他業界から学ぶことってたくさんあり、他業界でも活かせることがたくさんあるなと感じたとても貴重な時間でした。

ダンデライオンチョコレートのみなさま、ありがとうございました!

そして最後に、ダンデライオンチョコレートさんでもお客様によりチョコレートについて知ってほしい、ということでワークショップを開催されています。

私たちPORTER'S PAINTS も一緒で、みなさまによりペイントを身近に感じていただきたいといった想いで毎週土曜日にワークショップを開催しております。

3月は25日(土)が比較的お席に余裕がございます。

ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。

お電話またはメールにてお申込みくださいませ。

こちらから

それでは今日はこの辺で失礼致します。

こんにちは、PORTER'S PAINTSの渡辺です。

本日もご覧いただきありがとうございます。

最近、ずっと欲しかったお椀を自宅に招くことができました。

めいぼく椀という、国産の木を使って職人さんの手で一つひとつ丁寧に作られている品です。

Img_4039_2

1996年にグッドデザイン賞を受賞し、その形はとても優しく木の感触も相まってとても手になじみます。

6種類の木を使ったラインナップで、その表情は一つひとつ違い、風合いや重さも異なります。

(写真は左がナラ、右が栗です)

それぞれの木の特徴を見極め職人さんの手の感覚で削り出されることによって生まれるお椀。

使うごとに風合いが増し、日々の食卓や生活の一部として馴染んでいく・・・

技とこだわりが商品を伝って私たちにその想いを届けてくれるかのようです。

そしてこれは私たちPORTER'S PAINTSも抱いている願いであり想いと似ています。

私たちが手がけるペイントは全て、人の手を介す”ヒューマンメイド”がこだわりのひとつです。

ペイントの調色はティンターと呼ばれる調色師が色の調合から混ぜる作業、色を確認する作業、梱包まで全てアナログに手作業で行っています。

自然由来の顔料の特性を理解し色の調色をし、自分の色を見る力一つでカラーカードと同じ色になるように調整をかけることもあります。

様々なものが溢れ量産社会となっている中で、このように時間や手間をかかることをこだわりにしているのは、そうすることで伝えられる真のものの価値や良さを実感していただけると私たちは信じているからです。

上の器と同じように、高い質で使い手・お客様の生活に長く寄り添える、そんなペイントを提供しています。

毎日このお椀で飲むお味噌汁のように、みなさまをほっとさせられる空間をポーターズペイントは実現できます。

ぜひご興味のある方はお問い合わせくださいね。

PORTER'S PAINTS JAPANのFACEBOOKページはこちら

PORTEE'S PAINTSの魅力を随時更新中です。

ぜひご覧ください。

それでは今日はこの辺で失礼致します。

こんにちは!

PORTER'S PAINTS SHOPの渡辺です。

本日もご覧いただきありがとうございます。

さて、およそ2か月前、大山街道にできるイタリアンレストランの壁を地域のみなさまでペイントする素敵なワークショップを行った記事をUP致しましたが覚えていらっしゃいますでしょうか。

そのイタリアンレストラン、Nico luceさんが先月末無事オープンされました!

25日にお披露目会ということで、お邪魔させていただきました。

0e04c5a715fb429fbd30fb176b4e5de8

『ぶどう』をモチーフにして照明や壁の模様にこだわられています。

そして真ん中のアーチはPORTER'S PAINTSのFRENCH WASHというテクスチャーで、お色は店主ご夫婦がこだわりをもってお選びいただいた色の組み合わせです。

お二人が力を合わせて塗られた懇親のアーチとなっていますよ♪

地域の方々にペイントしていただいた壁も優しい色がお店全体を包み込み、柔らかな物腰の店主ご夫妻にぴったりです。

来るお客さまたちは口をそろえて居心地が良いとおっしゃいます。

こだわりの店内だけでなく、間違いなくお二人のお人柄がにじみ出ているからこそみなさまそう感じるのだと思います。

***************************************

さて、そんな素敵なお二人に、PORTER'S PAINTS SHOPからささやかな贈り物をさせていただきました。

『ぶどう型のボード』です。

6c9e53e173e74b669ce8c3002b748342左から、笑顔が素敵な店主奥様、エリアプロデュースを行った弊社の敏腕和泉、極上イタリアンを手掛ける店主さま


こちらもPORTER'S PAINTSの塗料が塗ってあります。

チョークで書くことができるのでぜひメニューボードなどにお使いいただければと思い贈らせていただきました。

お二人に喜んでいただけて素敵な笑顔が見ることができ、壁を塗らせていただけて本当に嬉しく温かな気持ちになった瞬間でした。

*****************************************************

店名の『Nico luce』

二子(にこ)新地の luce(ひかり)となれるよう、そんな想いでつけられた店名だそうです。

ここ、Nico luceでお二人のおもてなしの心とおいしい料理によって生まれた笑顔と幸せは間違いなく周りの人々、目の前の人々を幸せにし、あたたかな光を生み出しその街を包んでくれることでしょう。

みなさまもぜひ、お店に足を運んでみてくださいね。

Facebook pageはこちらから。

Nico luce

ぜひフォロー、いいねをお願いします!

それでは今日はこの辺で。

本日もお読みいただきましてありがとうございました。

こんにちは!

PORTER'S PAINTS SHOPの渡辺です。

みなさんは何か特別愛着を持って使っているものや大切にしているものはありますでしょうか。

時計やペン、カバンや靴など、人それぞれこだわりがあったりするものがあると思います。

私は最近、キッチンで使う道具を徐々に『良い物』に替えることをしています。

『良い物』というのは私にとっては、『適材適所でメリットを最大限に引き出すことができ、また長く使うことができ、使い込むごとにその風合いや使い勝手、使い心地が良くなるもの』です。

例えばこちらの玉子焼き器。

1b83a4d955fb420eb669388c719d52de

こちらは合羽橋で購入した銅製の玉子焼き器です。

フライパンなどは鉄製のものが手入れは難しくもより美味しく仕上がり長く使えることで有名ですが、実は卵焼きにおいては熱伝導性の良い銅製のものの方がよりふわっとした玉子焼きができるのだそうです。

そして銅製なので緑青という青い錆ができやすいのですが、鉄製のものと同様に手入れをしっかりとすることで長く、そして使い込むことでより手になじむかのように使いやすくなっていくという特徴があります。

こうして良い玉子焼き器や他にも良い調理道具を使うことで私の好きな料理をより充実したものにしてくれたり、より美味しく作れることで自信がついたりするので料理がより楽しくなるというメリットがあります。

***********************************

ポーターズペイントにこのお話しを重ねると、ポーターズペイントではLIME WASH BRUSHという専用の刷毛を使って塗っていただいております。

D0fb094997f8490199f25b83f50f59ab

こちらの刷毛はイタリアのオメガ社という刷毛の会社で作られている特注品です。

猪豚というイノシシの毛から作られており、粘度の高いペイントを塗るために適したコシとしなやかさを持ち合わせています。

そしてペイント後の刷毛は丁寧に洗い、ブラッシングし、メンテナンスをすることで、長く使っていただくことができます。

刷毛を洗ったあとと乾かしたあとのお写真↓

761bf285debc4c969cef00744018faff

湿っている状態ですね。

こちらをドライヤーで乾かします。

5c8e78182ba248f4b564df893ac36a1c

こんなにふわっとなります。

このようにしっかりメンテナンスしていただくことで見た目は新品には戻りませんが、より風合いが増し手になじむようになってきます。

そしてペイントするごとに色付き、どんどん刷毛の歴史が塗り替えられていくという点も、面白いところだと感じています。

お客さまにレンタルしている刷毛も、帰ってくるたびにその色と表情を変えてきます。

ぜひLIME WASH BRUSHをご購入いただいたお客さまも、レンタルしていただいたお客様も、大事なご自宅の壁を塗るための道具である刷毛に愛着をもってお使いいただければと思います。

********************************

さて、このように良い刷毛を使うことでよりペイントの良さを引き出すことができる、これって先ほどの料理の話と似ている!と感じていただけると幸いです。

みなさんもぜひ持ち物や道具に愛着をもって、味方につけ、より豊かな生活が送れるように意識してみてはいかがでしょうか。

今日はそんなご提案でした。

それでは今日はこの辺で失礼します。

お読みいただきありがとうございました。

ブログをご覧のみなさまこんにちは。

PORTER'S PAINTS SHOPの渡辺です。

少し温かな日が続いたかと思えば雪が降るほど冷え込んだりと、安定しない気温の日々が続いていますね。

みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

さて、そんな春の雰囲気もまだ感じられなさそうな近頃ですが、我が家にはいただきもののヒヤシンスが花を咲かせてくれています。

Img_3183

どんな色の花を咲かせるのかと心待ちにしていたこともあり、可愛らしいピンクの花が咲いたときはなんとも言えない喜びに包まれました。

可憐な見た目だけでなく、部屋に甘い香りも漂わせてくれています。

先日は会社にもお花が添えられました。

0ce2735b70fe431faecaacf3e40677e0_1

神宮前のVOICEさんというポーターズペイントをセルフペイントしていただいたお花屋さんの花たちです。

数日間、会社のエントランスやショールーム、キッチン等で空間を華やかに演出してくれました。

VOICEさんは"こえを聴き、こえを届ける"をコンセプトとされており、生産の場の想いや声を届け、よりお客様に花を飾るということを身近に感じてもらいたい、そういった願いを込めてお店にVOICEという名をつけたそうです

ポーターズペイントは❝壁一面からはじまる街づくり❞を掲げ、よりみなさまにペイントを身近に感じていただきそこからその地域や街を元気にしたい、そういった想いをもっています。

VOICEさんとポーターズペイント、双方のコンセプトや抱いている想いにとても共通点を感じます。

モノは違えどどちらも心を豊かにし、心地よい空間づくりのお手伝いをしてくれます。

そして、花とポーターズペイントはとても相性が良いということもお伝えしたいポイントです。

ポーターズペイントの顔料はオーストラリアの自然由来のものから作られており、その種類は16種類と世界最多となっております。

その自然由来で多彩な顔料を組み合わせることで多弁かつ奥深い色を表現することができます。

自然由来の顔料なのでその発色はいたって落ち着いており、さもそこにあったかのような色合いを表現してくれます。

そんなペイントだからこそ花や木といった自然素材のものと非常に相性が良いと言えます。

ぜひ、みなさまも気軽に花を飾ったり、壁一面からお部屋に色を添え、豊かな空間づくりをしてみてはいかがでしょうか。

それでは今日はこの辺で。

本日もお読みいただきありがとうございました。