2017年9月

こんにちは NENGO小沢です。

突然ですが、私の知る限り3 次元方向の動きを可能にする方法は3 つしかありません。

宇宙遊泳、ヘリコプター、そしてスクーバダイビングです。

その中でも機器の出力に依存せず、肉体を用いて3 次元移動ができるのは唯一スクーバダイビングのみです。

この限定感の発見は、いまだに勝るものはありません。

20年前、その発見が頭から離れずついにスクーバダイビングライセンスを取得するため、

技術的な知識が一切ないままイメージ先行で潜水し最も感動したことは、

以外にも「中性浮力を利用した水中移動」でした。

まさか、肺に含む空気量をコントロールすることで上下移動を可能にするとは

想像もしていませんでした。狙った深度まで呼吸を止め、呼吸を再開した深度から水平移動。

ただでさえ3 次元体験に憧れがありましたが、スクーバダイビングの醍醐味は

肺を活用したアナログ感であり、海の生き物になりきればなりきるほど、

堪能度合いがUPする擬人ならぬ擬「魚」アクティビティーです。

20年たった今でも陸に上がった瞬間に覚えた水中への未練が忘れられません。

そして再チャレンジの日は遠い…

皆様

こんにちは

耐火断熱事業部 服部です。

今週省エネ住宅診断士という民間資格を受験してきました。

受講した中で感じた事は、今まで家といえば夏暑く、冬寒いという

寒い時は、服を着て、暑かったら我慢するという日本独特の四季の暮らしから、

断熱を整え、安い光熱費で、健康的に快適に暮らしたいと考える人が増えてきている。

快適に暮らすという事は、建材の力で変ると考えてる人が増えてきていると感じました。

私のお客様からも結露を無くしたいと相談があり、

外気温、室内温度、想定湿度から、断熱材を提案し、室内仕様を決める案件もあり、

将来的には、○○の住環境だから良い物件、市場価値が高いなどと借主、買主側が

考え時代の変化を大きく感じます。

快適に暮らしたい、将来的な資産を守りたいと感じる方は、

気軽にNENGO断熱までご相談下さい。

■断熱リノベーション専用 現場発泡ウレタン

■東京・神奈川での耐火被覆工事・断熱工事なら㈱NENGO

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

■社長ブログ 「的場メモ」

■一緒に働く仲間を募集中。

1

2

<今回の施工内容>

半湿式ロックウール吹付工事

<現場名>

K駅前高架下商業施設

<GC名>

M建設株式会社

<パトロールメンバー>

小沢、牧野、沼尻、服部

<現場の特徴(みどころ)>

線路の高架下の空間を有効利用した建造物で、

高所作業時の安全確保がきちんとなされているかを確認してきました。

<パトロール結果>

・高所作業車を使った作業でも、保護具の着用が徹底されており、

安全に十分配慮し、テンポよく作業を進めておりました。

・場内の整理整頓もきちんとなされており、安全意識の高さが

感じられる現場環境でした。

Fullsizerender_7

Fullsizerender_8

Fullsizerender