2017年8月

みなさんこんにちは。

夏季休暇から戻って参りました。

残所お見舞いを申し上げておきながら、涼しい日が続いております。

さて、世田谷区で新しく発泡ウレタン断熱吹付工事の現場が動きだしました。

作業の滑り出しも上々で、きれいに吹付けられています。

施工後の部分アップの写真ですが、細かいところも隙間なく

ぴったり密着している様子がわかるかと思います。

皆さんがよく目にするグラスウールやロックウールなどマット状の断熱材は

実は、隙間なく施工するのがとても難しいということはあまり知られておりません。

隙間ができてしまうと、この時期ですとエアコンで冷やした冷気が隙間から逃げてしまい

余分なエネルギーがかかってしまいます。

未来の地球環境のことまで考えると、細かいところですが、

丁寧な施工を心がけたいと思います。

それではまた。

Img_4142_3

■断熱リノベーション専用 現場発泡ウレタン

■東京・神奈川での耐火被覆工事・断熱工事なら㈱NENGO

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

■社長ブログ 「的場メモ」

■一緒に働く仲間を募集中。

〈今回の施工内容〉

半湿式ロックウール吹付け工事

             

〈現場名〉

E地区施設(商業)新築工事

 

〈G.C.名〉

株式会社F 

 

〈パトロールメンバー〉

小沢、牧野、沼尻、服部、岩原

 

〈現場の特徴(見どころ)〉

・交通網に隣接している箇所の為、第三者災害防止に力を入れている。

・断熱材吹き付け箇所に不燃処理を施す施工を行っている。

 〈パトロール結果〉

現場内は整理整頓がされており、各工種の職人たちの往来もスムーズで安全が確保されておりました。

一部、転落防止柵の不備や、足場の管理が不十分な箇所が見受けられた為、是正のアナウンスを行いました。

耐火被覆の施工は綺麗に施されており、安全・暑さ対策を十分に行いながら、引き続き丁寧な仕事を心がけていきます。

B

D

Img_0342_2