梅雨明けしましたね!

地球防衛隊 芹澤です。

7月の安全パトロールは梅雨明け直前の蒸し暑さの中慣行致しました。

この現場はかなり意識が高く、整理整頓されていました。

資材など置く場所が決められていても、使用後きちんとその場所に

戻しておくことが肝心です。

また指定場所は安全な場所に用意されているのがほとんどなので

現場内を動く人たちの動きを遮ったり、ぶつかってケガなどをすることも

なくなるのではないかと思います。

現場内休憩所には熱中症対策にスポットクーラーが設置されていました。

養生で建物全体が風を通しにくいので、これはとても助かります。

これからの2か月は十分注意して安全作業でお願いします!

Spot

皆さんこんにちは。地球防衛隊の石川です。

雨の日も続き、じめじめとした日が続いておりますが、

皆さん体調管理はいかがでしょうか。

建設現場では、風通りが悪く空気が籠ってしまい、

外よりも更に蒸し暑くなる場合があります。

真夏前ですが、作業員の方の為に塩飴を用意して下さる現場が増えてきました!

ちなみにロックウール吹付工事・発泡ウレタン吹付工事は、

防護服(防塵マスクやヤッケ※レインコートのような上着)を着用して

施工しなければならない工事ですので、

他工種よりも暑くなりやすい服装で作業しております。

更には発泡ウレタン吹付工事は化学反応を起こす施工となっており、

その際熱を発しておりますので、吹付の近くは更に暑くなっております。

施工面だけでなく、安全面・環境面を整えることも我々番頭の仕事の一つです。

最終的に体調管理は一人ひとりの個人の意識付けではありますが、

皆さんで呼び掛け、トラブルを未然に防げるよう取り組むことが大切です!

職方さんに限らず、皆さんも熱中症には十分気を付けてお過ごし下さい!

(6月末のじめじめした日に施工した発泡ウレタン現場です。とてもきれいな施工でした!)

Img4915

こんにちは。

地球防衛隊の中臣です。

前回に引き続き納まりについてです。

今回は断熱工事の話ではありませんが、

職人(大工さん)の技に感動した瞬間をお話できればと思います。

前回お話した通り、壁の中の誤差が部屋の広さに大きく影響します。

それを防ぐために大工さんが使用している壁下地の写真がこちら!

Img1869

Img1870

三角形の下地を使用することで、

ボードを貼るときに、納まりを調整することが出来ます。

単純に思われますが、考えられてるなぁと感じました。

壁の中の話で目に見えないところではありますが、

様々な工夫が施されています。

こんにちは、防衛隊の佐々木です。

平らに綺麗に吹けてます。

これぞ職人技!!

いつもありがとうございます!!

Img2587

皆さんこんにちは!地球防衛隊の石川です!

5月も安全パトロールを行いました。

今年は梅雨の時期が少し早いせいか、雨の中でのパトロールとなりました。

雨天の工事現場では足元が悪いので、

普段よりも安全面に気を遣いながら施工しなければなりません。

また、電気を扱う場合も漏電に気を付けなければなりません。

工事現場ではその日その日で状況が異なる為、

常に不測の事態を想定して対策を打っておくことが大切です。

今回の現場では天井に特殊な断熱材を使用しており、

ウレタンが付着してはならない仕様だった為、養生が発生しておりました。

養生作業は発泡ウレタン吹付工事にとって大切な作業工程となります。

ウレタンは付着すると非常に剝がれにくい性質の為、

建具や仕上げ部分をしっかりと塞がなければ、付着し剥がれなくなってしまうのです。

ちなみにNENGOの職人さんはとても美しい芸術的な養生をして下さります!

Img6440

発泡ウレタン吹付工事の仕上がりを美しくする要因の一つに「養生作業」があるのです。

ウレタンが美しく仕上がることによってその後の内装工事にもスムーズに進めることが出来るのです。

気になる方は是非NENGOの発泡ウレタン吹付工事を見てみて下さい!

お待ちしております!