こんにちは、防衛隊の佐々木です。

今回は車の入れない狭小現場での施工を紹介します。

車の入れない細い道に建っている鉄骨造の現場です。

NENGOではそういった現場でも耐火被覆ができます。

100Vの動力で施工出来る機械を所有しており、主に改修、補修現場などで使用します。

普通では出来ない様な場所でもNENGOなら施工可能です。

なんでもやります防衛隊!

どんな事でも相談してください!

436feb0c3261447b8fef49d4fd11a3d8

皆さんこんにちは。地球防衛隊の石川です!

今回はウレタンとロックウールの2か所の現場へ行って来ました!

【発泡ウレタン】A棟B棟がある2棟現場。

「2棟分の業者+搬入口が一つ」という現場で、多くの業者が出入りする現場となっておりました。

発泡ウレタンの施工は、基本的に2tトラック常駐させながら施工を行います。

機械を動かし始めると、トラックの移動が出来ない為、搬入情報はとても大切な情報になります。

特に現場が込み合っている際は要注意です!!

一歩間違えれば資材搬入のクレーンとウレタンホースが絡まってしまい、

資材落下・ホース破裂などの事故に繋がってしまいます。

搬入情報・搬入位置の打ち合わせは大切な段取りの一つとなります。

【ロックウール】階高が高く高所作業車を使用する現場。

Img_1991

写真の通り、高所作業車を使用し施工していきます。

先ほどのウレタンとは異なり、施工する現場内(室内)の資材関係に注意する必要があります。

高所作業車の移動範囲に資材があると皆さんこんにちは。地球防衛隊の石川です!

今回の安全パトロールはウレタンとロックウールの2か所の現場へ行って来ました!

実際の施工に目が行きがちですが、

このような準備を細かく打ち合わせするからこそ、良い施工が出来るようになります。

皆様、ご無沙汰しております。

地球防衛隊の牧野です。

久しぶりに投稿です。

人であっても、物であっても、偶然の再会というのは嬉しいものですね。

先日、訳あって埼玉県某市を彷徨っておりました。

いわゆる「迷子」という状態です。ちなみに当方なかなかの方向音痴です。

いわゆる勘ナビに頼りすぎていたところ、思わぬ道に迷い込み四苦八苦しておりました。

これが、社内でよく言われるところの「慢心」か・・・と深く後悔していたところ、

何度も見たことがある風景が車窓を流れていきます・・・。

いよいよ走馬灯まで回り始めたか?とドン引き始めた時、ハタと気づきましたよ!

「あ、昔この近くで現場やった!!」

そして、その記憶通りに道をたどると、立派な雄姿をたたえた、老人ホームの現場が。

それはそれは、感動の再開です。かれこれ5年以上はたつでしょうか。

私たちが現場に入るのは、躯体が立ち上がってすぐの段階で、ほぼほぼ建物の完成の日の目を

見ることが無いのが日常なので、立派に建物として働いている姿はそれはそれは頼もしかったです。

そして、その物件にたどり着いたおかげで、何度となく通った懐かしい道から、目的地まで

無事にたどり着くことができました。

こんな楽しみや救いの手?があるのが、この業界ならではだなーと思う次第です。

それでは、今日はこの辺で。

Image_67166977

Image_67187713

皆様

こんにちは 地球防衛隊の服部です。

お盆に近づきテナントの改修工事が増えています。

Photo

今回の相談内容は、解体工事をした際にケイカル板が剥がれてしまった、RWが

解体工事中に欠損してしまったです。

現場の搬入条件を踏まえ、当現場ではケイカル、RWともにNENGOで改修工事を行います。

地球防衛隊では、目的に応じた断熱、耐火被覆工事の提案をいたします。

お困りごとがあればお気軽に防衛隊までご相談くださいませ。

梅雨明けしましたね!

地球防衛隊 芹澤です。

7月の安全パトロールは梅雨明け直前の蒸し暑さの中慣行致しました。

この現場はかなり意識が高く、整理整頓されていました。

資材など置く場所が決められていても、使用後きちんとその場所に

戻しておくことが肝心です。

また指定場所は安全な場所に用意されているのがほとんどなので

現場内を動く人たちの動きを遮ったり、ぶつかってケガなどをすることも

なくなるのではないかと思います。

現場内休憩所には熱中症対策にスポットクーラーが設置されていました。

養生で建物全体が風を通しにくいので、これはとても助かります。

これからの2か月は十分注意して安全作業でお願いします!

Spot