<今回のパトロール内容>

耐火被覆工事

<現場名>

・S様土地利用計画

<GC名>

・N工業株式会社

<パトロールメンバー>

牧野、沼尻、服部、芹澤、中臣

<現場の特徴(みどころ)>

・全面道路が主要幹線道路にあたり車の往来も多い立地条件でした。

<パトロール結果>

・第3者災害が起こらないよう配慮がされていました。

・安全保護具の使用が徹底されており、職長の安全への高い意識が感じられました。

Img_5985_2

こんばんは。

地球防衛隊 牧野です。

突然で驚いた方、すみません。

6月より、耐火・断熱事業部⇒地球防衛隊 と部署名が変わっています。

そのくだりについては、お会いした時にゆっくり丁寧にご説明いたしますので、

本日は割愛いたします。

さて、地元二子新地で発泡ウレタンの断熱工事が始まりました。

今回は駅にも近い立地ということもあり、第3者災害や搬入の段取りにも

神経を使います。

今のところ、現場の皆さんのご協力もあり、順調に進んでおります。

本日もそうでしたが、いよいよ本格的に暑い日が続きます。

作業に従事する方も、そうでない方も熱中症、十分注意くださいね。

それではまた。

Img_5315

■断熱リノベーション専用 現場発泡ウレタン

■東京・神奈川での耐火被覆工事・断熱工事なら㈱NENGO

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

■社長ブログ 「的場メモ」

■一緒に働く仲間を募集中。

<今回の施工内容>

1件目

耐火被覆工事

<現場名>

・M店舗併用共同住宅工事

<GC名>

・D株式会社

<パトロールメンバー>

牧野、沼尻、服部、田谷、萩原

<現場の特徴(みどころ)>

・階高が高く、ローリングを使用する現場です。

<パトロール結果>

・外部飛散養生がしっかりとされていました。

 高所作業では安全帯の使用徹底されており安全な作業が実施されていました。

Photo_2

Photo_3

2件目

発泡ウレタン吹付け工事

<現場名>

・N6丁目計画新築工事

<GC名>

・K建設株式会社

<パトロールメンバー>

牧野、沼尻、服部、田谷、萩原

<現場の特徴(みどころ)>

・現場周辺が住宅街のため、近隣に配慮が必要な現場です。

<パトロール結果>

・現場内が綺麗に整理整頓されていたため、安全に施工を進める事ができました。

Photo

Photo_4

みなさん、こんばんは。

NENGO断熱の牧野です。

雨が降っています。雨の日は雨の日なりに良いものです。

最近、家庭菜園に凝っています。

と言っても、駐車場の片隅にプランターをいくつか置いて

ちょっとした苗を植えた程度なのですが。

それでも、自分なりに土を数種類ブレンドしてオリジナル土を試してみたり、

あえて同じプランターにきゅうりの違う品種同士を植えて競合状態にしてみたり、

蔓の這わせ方を工夫してみたりと、休日の合間をみつけては、作付け面積を増床?しています。

こどもたちも楽しそうに水やりや収穫を手伝ってくれ、弁当の

おかずにひっそり入っていたりすると結構うれしい様子で、

ビールのつまみにするか、弁当のおかずにするかの親子争奪戦が

勃発したりと、なかなか一筋縄には参りません。

ところで、私たちNENGOは会社のミッションを次のように発信しています。

「100年後の街つくり 気候、風土、歴史、文化をいかし、

『らしさデザイン』をすることで“住みたい” “遊びたい” “働きたい”街をつくります。」

自分自身も結構まじめに考えているのですが、まずは楽しくできることから始めて、

周りの人たちを無理なく巻き込みながら、賛同してくれるファンを作って行きたいと考えています。

植物を育てながら、こどもたちが自然に「旬」とか、「季節」とか、きゅうりを味噌で食べる

「文化」とかに興味を持ってくれたら、面白いなと感じます。

みなさんも童心に帰って土いじり、いかがですか? 結構楽しいですよ。

それではまた。

Img_5146

Img_5147

■断熱リノベーション専用 現場発泡ウレタン

■東京・神奈川での耐火被覆工事・断熱工事なら㈱NENGO

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

■社長ブログ 「的場メモ」

■一緒に働く仲間を募集中。

皆様

こんばんは。

とある新築工事現場での断熱欠損があったのでご紹介させていただきます。

32871784_1573914559372631_167809778

32769714_1573914612705959_629504737

屋上断熱で断熱ボードを敷いているのですが、

1枚1枚の断熱ボードとの間に隙間ができています。

隙間=断熱欠損箇所

  ↓

断熱欠損箇所=熱流入の入り口 

  ↓

熱流入=結露の可能性

  ↓

結露の可能性=カビ発生の可能性

  ↓

カビ発生の可能性=アレルギー症状の原因の可能性

  ↓

健康被害

といった危険性が潜んでいます。

数年後に改めて断熱改修工事などを行えば

お施主様にとって無駄な費用負担がかかってきます。

ほんの少しの断熱材の隙間があることにより

お施主様を不幸にする可能性があります。

当社が扱う発泡ウレタン吹付け工事は

断熱層がシームレスであることが強みです。

また扱う商品だけではなく

取り扱う側の人間の断熱リテラシーが最も重要です。

我々は断熱工事を行うだけではなく

断熱の意義を伝えていく立場になるべきと考えています。

建築に携わる方々へ

断熱への興味が少しでも深まっていただければ幸いでございます。

■断熱リノベーション専用 現場発泡ウレタン

■東京・神奈川での耐火被覆工事・断熱工事なら㈱NENGO

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

■社長ブログ 「的場メモ」

■一緒に働く仲間を募集中。