Kataru2_640_3

「キッチンを対面式にしたい」とか、「お風呂を大きくしたい」とか。
そういった要望は、手法や技術でいくらでも叶えることができます。

でも「カタチ」を考える前にどのように暮らしたいのか、
まず『暮らし方』から考える必要があります。

今回、単にリノベーションや家探しという視点ではなく、
暮らし方を掘り下げ、『自分らしい豊かな暮らし』を考える
きっかけになるようなイベントを開催します。

雑誌「Hanako」の副編集長と、
「LYURO 東京清澄 THE SHARE HOTELS」のクリエイティブディレクターをゲストにお招きし、
弊社の空間ディレクターがゲストの私生活を大公開しながら、
3者で暮らしについて語り合い定義していきます。

この機会に『豊かな暮らし』について考えてみませんか?
ご興味ありましたら気軽にご参加くださいね。

-----------------------------
【くらしを語る会 vol.2】

■日時:平成29年8月26日(土) 8:30-10:15

■会場:TODAY'S SPECIAL 自由が丘 3F

■参加費:お一人 2,000円
*おいしいモーニングビュッフェをご用意しています

■お申し込み方法
以下、Peatixの特設ページよりお申し込みください。
http://ptix.co/2hf9E3y

Guest
≪登壇者プロフィール≫

【阿部太一】
-雑誌編集者

「BRUTUS」の編集者を経て、現在は「Hanako」の副編集長を務める。
旅・建築・暮らしなど、メディアとして様々な文化を発信し続けてきた第一人者。
自らの家創りを通して、「建売戸建」「建築家と創る家」「新築マンション」など、様々な暮らし方を検討した結果、「中古マンション×リノベーション」を実践。
世界中の豊かな暮らしを見てきた彼が創った家とは......。

【佐藤利樹】
-クリエイティブディレクター兼モデル

合同会社Yello 代表。 
ライフスタイルエディトリアル ショップ「CIBONE」のビジュアル・イベント企画を担当。 
「LYURO 東京清澄 THE SHARE HOTELS」トータルディレクション・グラフィックデザイン、「蔦屋書店」シーズングラフィック、「第一ホテル」チャペルデザイン等、 ジャンルを越えて様々なプロジェクトで東京をデザインする傍ら、「Giraffe」や「UOMO」などのモデル業も務める。

【和泉直人】
-空間ディレクター 兼 仕立て屋 兼 不動産の目利き人

株式会社NENGOにて、その人らしい暮らしづくりを手がける空間ディレクター。
リノベーションを多く手掛ける中で、リノベーション案件としては初めて『完成!ドリームハウス』に取り上げられるなど、多数のメディアで活躍中。
また最近では、マンション1棟を丸ごとリノベーションした二子玉川の賃貸物件の再生、葉山にある歴史的建造物 加地邸の継承、建物に人が集まる仕掛けをつくり、街全体に賑わいを生んでいる二子新地(神奈川県川崎市)のエリアプロデュースなどを手掛けている。

《2017/08/16発売 日経新聞 朝刊》

弊社がプロデュースさせていただいた「unico」のオーナー

武井雅子様のインタビュー記事が、日経新聞に掲載されました。

簡易宿所の集まる街だった日進町再生への想い、リノベーション再生に至るまでなど、

想いが詰まった記事となっております。


川崎・日進町ににぎわい拠点

かつて日雇い労働者が集まる街だった川崎市の日進町でこの夏、飲食店や体育館、オフィスなどが集まる新しい複合施設「unico(ウニコ)」がオープン ...

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO20014560V10C17A8L82000/


記事全文は、無料会員登録をしてご覧ください。

170712_unico_viewing_1f_2

《2017/08/12発売 産経新聞 朝刊》

神奈川県の元気企業として、代表の的場のインタビューを掲載していただきました。

NENGOの沿革から、的場の描く今後まで盛りだくさんの内容となっております。


総合建設業「NENGO」

現社長の的場敏行氏(47)は、父親が昭和58年に創業し、耐火被覆工事を主に行う会社を受け継ぎ、徐々にリノベーションや不動産業なども手がける今の ...

http://www.sankei.com/region/news/170812/rgn1708120050-n1.html



同記事、Yahooニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000047-san-l14


誌面

201708161751390001

【そもそも仕立てる賃貸とは...】
従来のように、不動産オーナーが内装を仕上げてから貸し出すのではなく、
既存の古い状態のまま、先に新しい住まい手を決めます。
その後、オーナー・住まい手が一緒になって間取りから考え、リノベーションを行う。

住まい手にとっては、賃貸マンションであっても自身の想いや理想を反映させた暮らしを
オーナーと一緒になって創ることが可能となり、「自分らしい暮らし」を手に入れることができます。

オーナーは無駄な先行投資が不要となり、所有物件への確実な投資へと繋げることができる仕組みです。

Samezu

仕立てる賃貸の仕組みは、きっと理解して頂けたと信じて、
今回、品川宿近くの漁師町であった鮫洲の街で、
仕立てる賃貸の入居者を募集し始めました。

「自分らしい暮らし」、「自身の思い描く暮らし」を創りたい方、
このチャンスに賃貸でも理想の生活を手に入れてみませんか?

Samezu2_2


【鮫洲の街の知られざるポテンシャルの高さ】
開発都市に隣接しながらも、古くからの文化を残すこの街。
運河沿いのプロムナード、人情味ある商店街、歴史の遺構、などさまざまな表情を持っています。
また少し坂を登れば緑もあり、別の道へ進むと潮風を感じることもできる。

「鮫洲駅」は徒歩2分ですが、3路線が乗り入れる「大井町駅」へも徒歩12分。

多種多様な人々と文化が入り混じったこのエリアには、
エネルギッシュな「粋」な文化が根付いています。
今回「粋」を一つのキーワードに、
築40年超えの集合住宅の外装と内装をリノベーション。

詳細は、NENGO不動産をご覧下さいませ。
http://nengo-fudosan.jp/project/shitaterutintai_samezu/

誠に勝手ながら下記の日程で休業させていただきます。

【2017年8月11日~2017年8月15日】

休業期間中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、
ご了承いただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

こんばんは。
家を買うって大きなお買い物ですよね。
それこそ人によっては人生を変えていく可能性になるようなお買い物。
 
 
だからこそ知ってもらいたい
『コーポラティブハウス』という、新しい暮らし方の選択肢。
 
 
コーポラティブハウスは、まだマンションつくる前の企画段階から計画に加わり、自身が他の住まい手と共にマンションを0から建築し、住まうことができます。
 
計画時から主体的に関わることができるので、エントランスなどの共用部のデザインにも、自身の想いや意見を反映させることができます。
そして建物をつくるプロセスに住まい手が関わることで、一般の新築分譲マンションでかかってくる中間コストを省くことにもつながり、コストも下がるのです。
 
もう一つ良いこと。
企画段階で建設組合を結成します。住まい手同士の顔の見える関係性が生まれ、住まう環境や子供を育てていく環境も同時に養うことができるのです。
お子さんがいらっしゃるご家族も安心ですね。
 
 
meidaimae
■階段の位置やデザインにも自身の考えを反映させることができる
 
 
 
meidaimae
■窓の位置も自分らしい暮らしに合わせることができる
 
 
 
あなた自身が計画に加わり、そして住まい手になることで、ご自身の歴史が建物の歴史になっていきます。
 
夫婦で重ねていく時間、子供を育んでいく時間、家族で歩んでいく「時」そのものが、建物の歴史として刻まれていく。
そして住まい手が年を重ね、子供の成長を見守り、10年、20年と経過していく「時」が、建物を醸成していくことで、後の世のヴィンテージマンションとよばれる建物がつくられていくのです。
 
 
現在、NENGOでは京王線・京王井の頭線「明大前」駅にて、コーポラティブハウスプロジェクトが進めております。
ちなみに先行してプロジェクトを開始している「目黒」は残り1部屋です。
 
ご興味のある方は、説明会を毎週末開催しておりますので、是非参加してみてください。
 
詳細は下記URLより
 

《2017/08/01発売 新建築8月号 集合住宅特集》

1708018_1

Japanarchitectcojp_2

Japanarchitectcottonhouse_3


-新建築-
国内の新たな建築作品の紹介を中心に、環境、都市、建物のリニューアル、コンバージョンなど、建築界が直面している様々なトピックスを独自の視点で編集した建築総合専門誌です。

本紙集合住宅特集にて掲載していただきました。

【ヒルトップマンションリノベーション】
建主:リスト
企画:リスト、NENGO、横浜国立大学大学院Y-GSA
設計・監理:横浜国立大学大学院Y-GSA+針谷將史建築設計事務所(キッチンルーム)、吉田裕一建築設計事務所(居室)
構造(協力):江尻建築構造設計事務所
施工:NENGO(吉﨑啓太、七條香純)
サイン:株式会社セルディビジョン
産学協同:横浜国立大学大学院Y-GSA

敷地面積:366.286m2
建築面積:187.96m2
延床面積:771.63m2(内234.5m2を改修)

【コットンハウス】
建主:リスト
企画:リスト、NENGO、横浜国立大学大学院Y-GSA
基本設計:横浜国立大学大学院Y-GSA+Studio Tokyo West
実施設計・監理:Studio Tokyo West
施工:NENGO(七條香純)
サイン:瀬川翠 Studio Tokyo West
産学協同:横浜国立大学大学院Y-GSA

敷地面積:470.31m2
建築面積:168.88m2
延床面積:531.13m2

<新建築Online>
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldnews/15/072701536/

《2017/07/31 日経BPnet アーキテクチュア》

1_3

一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけではなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする建築の総合情報誌「日経アーキテクチュア」WEBに掲載していただきました。

<日経アーキテクチュア 日経BPnet>http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldnews/15/072701536/

<unico webサイト>
http://unico.link/

《2017/7/28 神奈川新聞 P.19》

17072819

横浜、川崎、鎌倉、小田原をはじめとする神奈川県内の事件事故・ニュース・おすすめ情報を毎日発信している神奈川新聞に、NENGOプロデュースの unico が掲載されました。

<カナコロ>神奈川新聞のWEBサイト

http://www.kanaloco.jp/latest/?p=3

<unico webサイト>

http://unico.link/