2017年1月

綱島不動産マーケットの小堀です。

不動産屋が嫌いだったのに縁あって不動産業に関わらせていただいております。
今でも「不動産屋」と言われることが好きではありません。
ですがこれは私自身がより高い価値をお客様へ提供できていると実感できれば心境の変化が訪れるかもと特に最近はつくづく思います。

各地で盛んにリノベーションスクールが開催されています。
私が生まれ、住み、働く川崎市でも2月3日より3日間開催されます。
同じころ、お隣の大田区でも開催されていますね。

主催者側のお話を聞く機会が多くなりましたが、盛んに「建物の価値を高めるには、エリアの価値を高めるしかない」というお話を耳にします。

実務に関わり、「その通りだな」と。沁みます。

過去、前職では盛んに空室対策を提案してまいりました。
ですが、下がった家賃を多少は引き上げられても、これ以上は...という限界を常に感じておりました。

最近は空室対策とは言わず、「満室対策」をずっと考えています。
ですが、価値を上げる(家賃をあげる)事はなかなか難しいものです。

目の前の問題を抱える空室、空き家、事務所をずっと見ていても根本的な解決には導けません。

街をみてみると、活用事例として飲食業、保育事業の例をよく目にします。
ただ、これらは既存の建物では様々、比較的ハードルの高い業種です。
的確な家賃設定と活用、オーナー様の意識、もっともっと事例を見ていきたいと思います。

たくさんの方々と出会い情報交換して参ります。

写真は古い倉庫をバスケットコートにして、地域の子供達という賑わいを実現した事例です。

Image


こんにちは、NENGOの河田です。

さて年が明けて早3週間ですね。
昨日、会社にインターンの学生さんが来ていました。
今年の抱負を笑顔で話しているのを見て、
なんだか非常にさわやかな気持ちになりました。


さてお話は変わって、
今日は二子玉川にある弊社の管理物件のお話をしようと思います。

その物件は2015年から約1年かけて内外装の1棟リノベーションをさせていただき、
昨年の1〜3月に募集をした築48年のマンションです。
ちょうど1年前に計24部屋の募集を一気に行いました。

昨年の繁忙期は週に何回ご案内に足を運んだことか。
非常に思い出深い物件です。


基本的にほぼスケルトン状態で募集をスタートし、
壁の色とフローリング材を入居者さんがお選びいただけるという
”仕立てる"要素を入れた物件でした。

おかげ様で、スケルトン状態にも関わらず、
たくさんのお申し込みをいただきましたが、
築古で、室内もスケルトン状態ですので、
内見の方は気になるところだらけです。


時には現場監督にその場で確認しながら、
ご質問にひとつひとつ丁寧に対応していき、
「安心してください、うちが管理ですし、施工もやっているので、
何かあってもきちんと対応いたしますから!」と。
しっかりワクワクしていただいて、その後不安は丁寧に解消!


内装ができていないからこそ、自分の好みを反映した
お部屋が作れるのですが、誰しも完成後を想像できるわけでは
ありません。


パースやイメージ資料があっても、サンプルがあっても、
不安は不安です。
最後の決め手は、やはりこの人なら…この会社なら大丈夫だな。
という信頼なのだというのを改めて感じた経験でした。


そんな、思い入れのある物件の
最上階の4階の方がお仕事の都合でお引越しされることとなり、
新規の募集が始まりました。


二子玉川駅徒歩6分、高島屋から徒歩1分の好立地。
室内の壁面はビニールクロスではなく、塗装仕上げ。

収納側の一面は”水がき”というグレイッシュな紅赤色のアクセントウォールになっています。
フローリングもブラックチェリーで、全体的に温かい雰囲気の内装に仕上がっています。
断熱工事もしており、窓もペアガラス。
冬帰宅するとお部屋が暖かいんです。そして夏はひんやりするのです。


16128613_1162784307153635_118712174



ハードにもソフトにも心地よさが詰まったお部屋です。
内見も可能ですので、是非是非お問い合わせください。

河田がご案内いたします。


【物件概要】
賃料:10万3000円
管理費:5000円
現況:空室
構造:RC造4階建て


お問い合わせはこちらへ。
株式会社NENGO
電話:045-549-5495
メール:a-kawada@nengo.jp


Yoshioka



Yoshioka_entrance



綱島不動産マーケットの小堀です。

先日、川崎のオンザマークスで開催されたバルーンアートの教室に親子三人で参加いたしました。
最後にスタッフの方より「お父さんはお家で奥様に教えてもらってくださいね 笑」と言われました。
手先も仕事も不器用なようです。

現在、川崎の日進町エリアで築後50年の食品パッケージ工場の面影を活かした再生ビル「unico」のリーシングを担当しています。

Image


Image_2


Image_3



ご関心を頂ける様々なテナント候補の方々、企業様と接して日々考えさせられます。

「リーシング」とはどのような立場でしょうか?

今、私がしっくりきている例えは未来の奥さんに向けプロポーズをする男性です。

実際には所有者に代わり、言葉を発しない建物に代わる立場ではありますが。

テナント候補=未来の奥さんに
「僕はあなたを幸せにします。」
「僕と結婚するときっとあなたは幸せになります。」
抱く不安を一つ一つ説得力をもって納得させる。
あぁこの人と一緒ならわたしも成長していけると思ってもらう。
困難もあるだろうがそれを一緒に乗り越えられると思ってもらう。

人それぞれあると思いますが、「この人(建物)と結婚したい」と思っていただく事。
これがリーシングなんだなと。

家族が幸せになるためには資力や人柄、今後家族が成長するプラン、貯蓄と投資の計画、夢、ビジョンそうした事も明確に描けている人のほうが結婚相手としてより魅力的ですよね。

そうした事も踏まえてリーシング活動はプロポーズだ。
そう考えています。

的場メモはこちら http://www.nengo.jp/matoba_memo/
株式会社NENGO http://www.nengo.jp
綱島不動産マーケット http://tsunashima.me
おんぼろ不動産マーケット http://www.onboro.net/sp/
こんな賃貸での暮らしがある 「仕立てる賃貸」 http://shitateru.nengo.jp

皆様あけましておめでとうございます。
年始は実家で沈没しておりました河田です。

12月29日より年末年始休暇を頂いておりましたが、
本日より2017年の営業を開始致しました。

年始の初出勤日には、本社のある溝の口の溝口神社でのご祈祷からスタートです。
気持ちのいい冬晴れで清清し(寒)かったです。


15895289_1208864112522816_793392914



今年は酉年。
鳥のように俯瞰した視点で、綱島をますます「住みたい・遊びに来たい・働きたい」街に出来るよう
がんばってまいります。


皆様がご健勝でご多幸でありますよう心からお祈りし、
年頭のご挨拶とさせて頂きます。


同期のヒナたろ~と。

15590185_1187238901354612_197759825