2016年10月

綱島不動産マーケットの小堀です。

私が不動産業界で働き出した頃、インターネットは最先端なものでした。

当時の住宅情報媒体は雑誌や店頭のフリーペーパーが主で、ガラス張りの店頭に貼られた図面を見て、「この上から二番目の一番右の部屋って空いてますか?」と言ってお客様が来店されていました。

初期費用についても今とは少々違い、敷金・礼金も二ヶ月づつ、仲介手数料は一ヶ月をお客様から頂く事が普通、ちょうど賃貸では手付金を取ってはならないという事になった頃でしたが申込金という名目の預かり金を受領し、賃料発生は申込をした日から一週間後からが原則と言った感じでした。(某大手賃貸仲介会社が行政指導で営業停止を受けていた頃...なつかしい)

商圏が東京の城南地区という事もあり、スポットでは貸手市場の中であったと今は思いますが、10年以上前から日本全体では住宅は供給過多が明らかでしたのでそもそも借手市場なのが賃貸住宅業界。そんな中でも借手側にとって住み替えのハードルは昨今ずいぶん低くなりました。

今ではインターネットはもちろん、玄関の鍵の開け閉めもスマホ、人工知能の参入、重説のオンライン化、仲介会社の手数料の消耗戦は営業マンとしての価値を落とすどころか、淘汰を自ら招く結果となるでしょう。

「あなたが住みたいお部屋は、あなたが本当に豊かに暮らせる部屋であり建物であり街ですか?」こんなお節介な不動産屋さんがきっと恋しくなるはずです。

住みたい街No.1とは?街はオンリーワンであってもらいたい。

オーナー様の多くも街や地域に目を向けていくべきではないでしょうか?

100年後も残る街つくり、その他我々の想いは「的場メモ」をご参照ください。

的場メモはこちら
http://www.nengo.jp/matoba_memo/


株式会社NENGO
http://www.nengo.jp

綱島不動産マーケット
http://tsunashima.me


おんぼろ不動産マーケット
http://www.onboro.net/sp/

こんな賃貸での暮らしがある
「仕立てる賃貸」
http://shitateru.nengo.jp