焦げたフレンチトーストから賃貸経営を考える

Img_6361




おはようございます。

いきなり食べ物の写真で失礼いたします。


今日は素晴らしい物件でも、見せ方と管理が大事というお話です。


トップの写真は少し前の私の朝食なのですが、


メインのフレンチトースト、裏側は焦げています。


同時並行でベーコンエッグやサラダの準備をしていたら、


少し目を離した隙に焦げてしまったのです。


また、私は不器用で何分盛り付けが下手です。


なんだか、あまり美味しそうに見えないですよね。


だけど味はなかなか美味しいのです。


どんなに設備を新しくして、内装はピカピカでも、


外装や外構が汚かったら、住みたいとは思えないですよね。


フレンチトーストと同じで物件も少し目を離すとすぐ何かよくない変化が起こったりします。


フレンチトーストだけでは物足りなくてベーコンエッグをつくり始めた私のように、


2棟目、3棟目の購入をした方もいらっしゃるでしょう。


料理の段取りは仕事に通ずるといわれます。


ご自身のそれぞれの物件の状況はいかがでしょうか?


まとまって美しい、ワンプレートになっていますか?


是非、色々な視点で賃貸経営を見つめてみてください。

料理修行中のスタッフでした。