こんにちは。NENG小沢です。

皆さん、お盆休みはいかがでしたか?

我が家では毎年恒例、キャニオニングで涼を取りました。

来月9月の連休は、これまた毎年恒例になりつつある

西湖でカヤック or SUPの予定です。

そんな遊びが大好きな私のアウトドアアクティビティー履歴をご紹介します!

■キャンプ50回以上■バンジージャンプ1回■スクーバダイビング2回、

■屋久島単独縦断登山1回■スキー多数■シュノーケリング多数

■ATV四輪バギー1回■キャニオニング3回■ラフティング1回

■カヤック2回■ケイビング1 回

おー、なんと浅く広いことでしょう!

話はシリアスに飛びますが、、、

自然に触れずして環境問題を語る輩は、

まー、環境問題の本質というか、何たるかをおそらく理解していない。

つまり、自分のことだけしか考えられない。人間のことだけ。

人間が人間のことを考えだせば、当然ながら目の前が重要。

500年後の人類のために、あなたの人生で何かを犠牲にできますか?

これじゃいつまでたっても解決策はない。

ん~、ではどうすれば。。。

難しい話はさておき、

次はスカイダイビング、グライダーの「空系」にチャレンジしたいと思います。

息子の身長が体験制限を越すまでおあずけです。

ちなみに私の夢は宇宙遊泳です。がんばれホリエモン!!

NENGO

小沢でございます。

今回はNENGO断熱が得意とする、

『リノベ専用発泡ウレタン吹付工法』をご紹介いたします。

 

実際の様子はコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=vXa0oX6V64w

 

以下3点についてお心当たりのある方は、

是非リノベ専用発泡ウレタン工法をご検討くださいませ。

1、 

躯体~断熱建材間で最も結露が生じにくい現場発泡ウレタンを採用したが、

2トントラック車の設置スペースもしくは、動力(3相式 200V 30A)が確保できない。

 

2、

他断熱材(スタイロフォームおよびグラスウール)には無い

現場発泡

ウレタンの3大特徴(接着性、性能安定性、建材連続性(シームレス))

を知っている。

 

3、

今後、断熱性能の向上を差別化・標準化に向けて検討している。

4、

価格はそれほど大差が無いにも関わらず、断熱性能に関しては

中古+リノベ  << 新築物件の状況に違和感を感じている。

いかがでしたでしょうか?

施工方法・施工条件、お見積りなど、お気軽にお問合せください。

NENGO断熱では、現場調査~自社専属職人による施工まで

自社一括で管理いたします。

■断熱リノベーション専用 現場発泡ウレタン

■東京・神奈川での耐火被覆工事・断熱工事なら㈱NENGO

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

■社長ブログ 「的場メモ」

■一緒に働く仲間を募集中。

皆様、こんにちは。

私、小沢が久しぶりにBLOGを復活させました。

しばしお付き合いくださいませ。

今回は、
‘‘リノベーションって新築とほぼ同じ購入価格にもかかわらず、断熱は中古なりの性能って残念ですよね‘‘というお話です。

BELSを始め、世は高断熱化の波が押し寄せていますね。
先日開催されたHEDA研究会主催「BELSセミナー」もおかげさまで予想来場者数を大きく上回り、「断熱」熱の高さを改めて感じました。

(次回:7月24日(月)18:00~ 詳細はBLOGの最後に)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

断熱パフォーマンスを最大化するために何より大切なことは、何をどのような工法で施するか、ということです。

現在、新築マンション(RC造)の99%以上が現場発泡ウレタン吹付け工法を採用しています。 

採用理由は大きく4つ。要するに他の断熱材には実現できないことですね。

■専門業者が施工する■

多くの断熱建材は、大工さんやボード屋さんなど、専門が異なる職人さんが片手間で施工する。

(一部、東北地方の大工さんが施工するグラスウールの腕前はピカイチです)

■建材形状の安定性■

 グラスウールのように自重で垂れない。コンセントBOX廻りなど切り込みムラが出ず、隅々まで隙間無く施工できる。

■躯体への接着力■

 密着するので躯体と発泡ウレタンの間に空気は入らず、躯体結露しにくい

■つなぎ目が出ないシームレス建材■

 つまり空気が進入する隙間がなく、躯体結露しにくい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方、新築マンションの販売個数をついに超えた中古マンション。

新築を含め、世にある住宅数のなんと50%以上が無断熱であり、残念ながら中古リノベーション業界ではほとんど発泡ウレタンが採用されません。

なぜでしょうか?

やりたくてもやれない現場環境だからです。

新築とほぼ同じ購入価格にもかかわらず、断熱は中古なりの性能、、、という残念極まりない状況を解決するのが我々NENGO断熱の役目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NENGO断熱では、リノベーション専用発泡ウレタン吹付工法を開発しました。

↓↓↓ 施工動画はこちら↓↓↓

NENGO断熱 オリジナル リノベ専用発泡ウレタン吹付工法
YouTube: NENGO断熱 オリジナル リノベ専用発泡ウレタン吹付工法


 

 リノベーション物件の現場環境とは、

通常の現場発泡ウレタン工事で必要となる2トントラック車の設置スペースが確保できない。

■動力(3相式 200V 30A)を確保できない。

いかがでしょうか?

リノベーション物件で現場発泡ウレタンを採用するハードルの高さ。一方で、現場発泡ウレタンの施工が可能であれば、お施主様の暮らしに大きく貢献できると思いませんか?

施工価格・施工条件など、お気軽にお問合せください。

NENGO断熱では、自社の専属職人による施工をご提供いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お知らせ HEAD研究会 エネルギーTF主催 BELSセミナー >>>

次回:7月24日(月)

詳細:bels170627.pptxをダウンロード