こんばんは。
NENGO小沢です。
 
明日から師走に突入です。
41歳にもなると体のあちらこちらに歪みが
出るもので…
チョットした不摂生で口内炎がいくつも出来たり、
肩の痛みがまさかの四十肩だったり。
 
まずは運動不足を解消しようと、
長男(小学5年生)が所属するサッカーチームの
へっぽこコーチとして、一緒に体を動かしたりしています。
 
今週末に開催される就学児対象による
国分寺市主催の駅伝があるのですが、
サッカーチームでエントリーしまして、
先週の日曜日、その練習にも参加しました。
 
1人1.4kmを走り、5人で駅伝。
小学生には負けまいと本番コースを
一緒に走りました。
ストップウォッチ付きの時計なんかはめちゃったりして、準備万端。
 
長男の5年生には負けませんでしたが、
6年生には勝てず…
目下のライバルは6年生です。
 
40歳を過ぎると体にくるとは聞いていましたが、
その通りですね。
今年は本厄なので残り1ヶ月を無事に
生き残りることができれば何よりです。
 
お陰様で来年の戌年は長男は年男です。
縁起にあやかって良い年にしたいと
思います。
 

こんばんは。

NENGO 小沢です。

2020年4月1日より住宅の断熱性能に基準値が定められ、ついに義務化されます。

まだまだ3年後か。。。と思った方、大きな間違いです!!

ただでさえ建物の価値が下がりやすい日本において、

断熱性能の低さが資産価値を大きく下げる可能性が高まります。

なぜなら、3年後に省エネ法の施行決定後は、既存不適格扱いされるからです。

1981年(昭和56年)た耐震基準が施行されたことより、

「旧耐震」「新耐震」に区別されることになりました。

1981年以前の建物(=旧耐震)を不動産業界では「既存不適格」と呼びます。

決して違法ではありませんが、日本風土の対し「不適切」であり財産価値としては

大きなマイナス評価です。素人の方でも旧耐震は気分的に嫌がる方が多いのが実情です。

あくまでも建築価値の大きな判断基準の一つに現行法との比較があり、

お家の担保価値や、販売時に不利になるのです。

みなさん、お分かりただけましたでしょうか?

つまり、今から2020年基準レベルの断熱性能を施さないと、

すぐに省エネ法的「既存不適格住宅」のレッテルを貼られてしまうということです。

多くの建築・不動産会社が確信犯的に3年後の省エネ法を見据えた住まい提案を

していない状況ですが、当社ではお客様の資産を守るため、

よりよい断熱性能を踏まえた住宅のご提案を行っております。

断熱性能は既存不適格対策のみならず、

健康で過しやすい室内環境を整える優秀なアウターです。

先進国で「夏暑く、冬寒い家」でガマンをしているのは残念ながら我が国だけです。

少しでもご興味のある方、お気軽にご相談くださいませ。

こんにちは NENGO小沢です。

突然ですが、私の知る限り3 次元方向の動きを可能にする方法は3 つしかありません。

宇宙遊泳、ヘリコプター、そしてスクーバダイビングです。

その中でも機器の出力に依存せず、肉体を用いて3 次元移動ができるのは唯一スクーバダイビングのみです。

この限定感の発見は、いまだに勝るものはありません。

20年前、その発見が頭から離れずついにスクーバダイビングライセンスを取得するため、

技術的な知識が一切ないままイメージ先行で潜水し最も感動したことは、

以外にも「中性浮力を利用した水中移動」でした。

まさか、肺に含む空気量をコントロールすることで上下移動を可能にするとは

想像もしていませんでした。狙った深度まで呼吸を止め、呼吸を再開した深度から水平移動。

ただでさえ3 次元体験に憧れがありましたが、スクーバダイビングの醍醐味は

肺を活用したアナログ感であり、海の生き物になりきればなりきるほど、

堪能度合いがUPする擬人ならぬ擬「魚」アクティビティーです。

20年たった今でも陸に上がった瞬間に覚えた水中への未練が忘れられません。

そして再チャレンジの日は遠い…