『快適』の視える化

こんにちわ。

NENGO耐火被覆・NENGO断熱 岩原です。

突然ですが、このブログをご覧になっている皆様が恋をする、もしくは過去に恋をした時、相手のどのポイントを重視されているのでしょうか。

容姿?性格?それとも相性?

私は面食い、というほどではありませんが、好みの容姿はありますし、性格がいいことに越したことはありませんし、趣味などが一緒であれば最高です。

でも現実には、そんな全てを満たすパートナーに出会える確率は、なかなかに難しいことなのでしょう…。

などと、そんな暗い話をしに来たのではありません。それを自分の暮らす住まいに当てはめてみたらいかがでしょう?

容姿 = 住宅の内外装・間取り(カッコよさ・広さ)

性格 = 住宅の温熱・省エネ性能(快適さ)

相性 = 住まいのある街の環境(利便性・住みごこちの良さ)

というところでしょうか。

容姿(内外装・間取り)についてはわかりやすいですね。好きなタイプの人と同じく好みがあります。

相性(街の環境)についても、住みたい街・環境など好みはわかりやすいはずです。

では性格(住宅の性能)はどうでしょう?

これは人と同じく、意外とパッと見ではわかりません。ですが、パートナーを選ぶとき、性格を重視される方は多いはずです。

人であれば、付き合ってみれば人となりがわかりますが、住まいは暮らしてみなければわからないことが多々あります。

住む前に、その家の性格を知れたら便利ですよね。実はそんな家の性能を表示する制度が2016年の4月1日からスタートしています。

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)

Building-Housing Energy-efficiency Labeling Systemの略で、〔ベルス〕と読みます。

これは住まいの成績表のようなもので、その家の省エネ性能を☆の数で表します。ミシュランガイドのようですね。ミシュランと違うのは☆の数は0~5まであることです。

01_2

住宅に関する専門知識を知らない一般の方でも、☆の数で「この家は☆が5つだから、定められた省エネ性能を満たしているんだな」とわかります。

もとは省エネルギー制度を国をあげて推進している、省エネ先進国ドイツが住宅性能表示を義務化したのが始まりで、日本ではまだ制度が始まって1年が過ぎたばかりの為、これから加速度的に増えるでしょうが、表示のある建築物はまだまだ少ないのが現状です。

そして、このBELSで☆を5つ獲得していても、「最高レベルの住宅性能を備えている」というわけではないので、そこは注意が必要です。

重要なのは『省エネ住宅 = 快適な住環境』だということです。

少ないエネルギーコストで、夏は涼しく・冬は暖かく過ごせる、健康的で快適な住まいであるということです。

このような制度がスタートし、皆さんがこれを機に省エネ性能や温熱環境の大切さを知るきっかけとなればとても嬉しく思います。

これからは、家の性格を重視して住まいを選ぶ人がたくさん増えるかもしれませんね。

■断熱リノベーション専用 現場発泡ウレタン

■東京・神奈川での耐火被覆工事・断熱工事なら㈱NENGO

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

■社長ブログ 「的場メモ」

■入居者・オーナー・NENGOでつくる愛着ある空間 「仕立てる賃貸」

■一緒に働く仲間を募集中。