松川 由衣菜 Feed

今回はコンクリートウォッシュのご紹介です。

コンクリートの素材をそのままに着色し、
柔らかな空間を作り出せる
コンクリート用の浸透系ペイント、コンクリートウォッシュ。

01e38f3cd71b4513b20ffb9013f7f1fc


09aebfe209d54c8e812dd5fde40c3e05


61ecd4cf80394e6dbe8fc6d35f9f23a9


【コンクリート 塗装】と
インターネット検索するといくつかヒットしますが、

塗膜を張ってしまうべた塗りの塗装か、
PORTER'S PAINTSのコンクリートウォッシュと同じく浸透系塗料だが
色味があまり入らない塗装ばかり。

PORTER'S PAINTSのコンクリートウォッシュは、
コンクリート面の状態にもよりますが、かなり色が入ります。

また、特注で調色ができるので、
他メーカーの塗料では出せない表情を作り出すことができます。


外部で使用した場合の耐候性を検査すべく、
市販のコンクリート平板を使い、サンプルを作成中です!
※このコンクリート平板は、つるっとした表面です。
かなり色が入りましたが、これで1回塗りです。

経過はまたUPいたします◎

00369b516d034baaa995e2f85200534c


Ba93473856a5415fbde5906c3fa269d8


Af4de3402d7c483baa382e78517d4e90


本日は南青山のとある現場にて

エントランスの壁面にduchess satin・タタキ仕上げを施工しました◎

下の写真は、品質チェック時の一枚です。

入隅出隅のライン、塗装面へのゴミ付着、不陸、塗料溜まり、塗料垂れ、つなぎの有無、表情のバランスについて

細かくチェックをしました。

現場監督さんからはOKが出ていても、

120%の仕上がりを目指して、気になる部分を見つけては修正をします。

責任施工でお仕事をさせていただくプライドです。

とりわけduchess satinは艶のある素材のため、少しの不陸でも仕上がりに影響があります。

職人さんのおかげで、とてもよい壁面に仕上がったと思います◎

モデルルームOPENは7月予定。

どんな空間にしあがるのかとても楽しみです。


2d27ee437773433298bf555ede51fa47


2月末から色のお打ち合わせを重ね

細部までこだわった案件がついに完成しましたのでご紹介します◎

HaaT表参道店

期間限定の装いです。

6e34b01ede7b42e3b3a94cadd3c6dd4c

下は施工中の写真。

0771716d70e245e2ad805ad695f879d6

D59e6f45d98c4920822741ef00f97841

MDFを8種の図形にくりぬき、

そのピースを約100個ずつ、6色のEGGSHELLで塗り分け

くりぬいたパネルには、柔らかく上品なピンク系カラーの

FRENCH WASHを施工しました。

余談ですが

620個の細やかな塗装を施してくださった職人さんは、なんと

「夢の中でも図形のピースを塗ってました…」と仰っていました。

通常、プラスターボードに塗装する際は2回塗りですが

今回の下地は色が乗りにくく、3〜4回塗りをしています。

夢に出てくるほど、大変な作業だったということですね、、

FRENCH WASHは、しっかり色づく下色と

透明感のある上色とを組み合わせで色づけるので

単色ではないもの

たとえば、葉っぱの色、空の色、複数の色の糸でつくった衣服の色との

相性がばつぐんに良いです。

べた塗りの色よりも深くて、

輪郭のぼやけたような柔らかな印象を与えてくれます。

今回の案件は、

ストーンペイントやダッチスサテンなども候補にありましたが

最後はFRENCH WASHの色の魅力が一押しとなり

デザイナーさまに選んでいただきました!

(とても雰囲気の柔らかなデザイナーさまでした!)

表参道行かれる際は

ぜひHaaTに足をお運びください◎

https://www.isseymiyake.com/ja/news/2259

5b7db50ac8b24ed197ecbb648f9ab110

個人的な話ですが、いま一番行きたい国は、モロッコです。

スペインとモロッコを舞台にしたスペインドラマ

「情熱のシーラ」を見て以来、タンジールやテトゥアンにとても行きたくなりました。

モロッコ、と検索すると、青のまちシャウエンの写真がならびます。

0caaab6fda414214904bc20c5fddc873

このようなカラフルな街並みは日本にはなかなかないのでとても憧れます。

日本のまちにも、看板やらポスターやらの色が散りばめられており

ある意味、カラフルではありますが

美しいカラフルさとは思えません(訪日外客から見れば、美しく見えるかもしれませんが、、)

さて。

PORTER'S PAINTSにも、Moroccoという名前の色があります。

青ではなく、黄色です。

国の名前や街の名前が由来になった色って、ワクワクしませんか?

次回もまた、国や街の名前がついた色をご紹介したいと思います。

それでは。

株式会社NENGO PORTER'S PAINTS営業スタッフは、

PORTER'S PAINTSのみならず、特殊塗装・特殊左官の提案から施工までを行っています。

本日は、最近ご要望の多い、MORTEXについてご紹介いたします。

MORTEXは、優れた機能と高い意匠性を併せ持つ

”デザインコンクリート”を2~3mmという薄塗りでつくれる左官仕上げです。

27種の鉱物成分が順に硬化することで表面が強靭になり

コンクリートの5倍の強度があると言われています。

下地が動かないように出来ていることが大前提ですが、非常に割れにくい材料です。

開発したのはベルギーのBEAL社(https://bealinternational.com/fr/)。

至るところで幅広い仕様が可能なことから、最近ではかなりご要望があります。

Mortex04

床にも、壁にも、天井にも、ダイニングカウンターにも、

Ocrier_20locrier1304x400

水周り、浴室、浴槽、プールまで施工できてしまいます!!

Mortex31

下地は、選びません。

多孔質で吸水性のある下地(板、セメント、モルタルほか)や、

金属、タイルなど表面が滑りやすいものまで施工できるため

新築・改築問わず使用いただけます◎

MORTEXのご説明、設計中案件のお打合せ、御見積依頼、現場調査、

いつでも承りますので、弊社PORTER'S PAINTS営業担当までご連絡くださいませ。

松川由衣菜

こんにちは。

今日は、私たちの仕事のパートナー、職人さんのお話をしたいと思います。

PORTER'S PAINTSの施工は、大変に難しいものです。

Img_0812

他の塗料にはない、

特徴的な「くすみ」がある発色 ・ 繊細なテクスチャーを

100%活かして美しい空間を作るためには、熟練の技術が必要となります。

Img_0574_2

実は、10年ほど前は、塗料のみの販売もしていた時期がありました。

当時、雑誌を見て、こんな空間にしたい!と夢を持ったお施主様のため

一般の塗装屋さんがPORTER'S PAINTSを購入に、塗ったそうです。

ところが、その仕上がりは、お施主様が雑誌でみたものとは異なるものだったのです。

なぜか。

PORTER'S PAINTSの施工方法を理解しないままに、

通常のペンキと同じように施工してしまったからなのです。

これでは、誰もHAPPYにはなりません。

それから私たちは、PORTER'S PAINTSを大切にしてくださるパートナー(職人さん)の手による、

責任施工というスタイルをとっています。

PORTER'S PAINTSは、既製品のものではありません。

人の手が加わってはじめて、息が吹き込まれる仕上げです。

つまり、手仕事なのです。

私たちは、職人さんなしには、お客さまを幸せにすることは出来ません。

Img_1796_2

これは、職人さんが

いい仕上げにするため、独自で製作した道具なのだそう。

どこにも売っていないマイ道具で、

本日も細やかなお仕事をしてくださっています。

ただ色をつけるだけとは全く異なる

てしごとの塗装を、

あなたの空間にもいかがでしょうか◎

松川

すこし前、PORTER'S PAINTSカラーカードをお供に京都をめぐり

伏見稲荷神社にてカラーハンティングをしました⛩

Img_0408

Img_0410

神社の朱色にぴったりくる色が

“SPICE TEMPLE”や“PAGODA”だったことには

さすが、色の名前にぴったり!と納得&驚き。

さて、この1枚目と2枚目の写真

色はもちろん異なりますが

材質と、艶も異なりますね。

艶のない塗装は、古びた印象や風景と馴染んだ印象を

艶のある塗装は、新しい印象や目立った印象を与えてくれます。

また、艶の度合いによって、耐久力は変わります。

艶があるほど強く、艶がないほど弱いです。

PORTER'S PAINTSは、自然界と"馴染む”色を揃えており、

質感は、艶の少ないマットな仕上がりのテクスチャーが多いです。

わたしは、マットな質感が好きです。

ネイルや服にしても、色はもちろん、質感や艶感はとても重要な要素。

みなさまにもPORTER'S PAINTSのお気に入りのテクスチャーを

見つけていただければ幸いです。

Img_0415

✳︎伏見稲荷神社のグリーンの色がとても好み。


Img_0430

Img_0999


人づてで聞いた話ですが、

最近はビルやマンションなどに掲示される屋外広告が低迷しているとか。

まちを歩いていて、広告募集中!と書かれているのをよく見かけます。

無くしちゃえば良いのにな、と思ってしまいます。

看板とか、広告って

一般的に我こそ目立て!という性質を持っているので

まちを俯瞰して眺めたときには、とても悪目立ちをしますよね。

先日までは選挙活動がされていました。

議員のポスターがずらっと貼られている風景も、美しくありません。

これも、無くしちゃえば良いのにな、と思ってしまいます。

街中を歩いていて、突然ビビットな塗装の建物に遭遇することがあります。

美容室だったり、住宅だったり、用途は様々。

周りの建物とあまりにも連続性がないことに、歩いていてびっくりしてしまいます。

NENGOでは、建物の外装はまちのものだ、という考え方をしています。

建物の外壁も、看板も、広告も、まちに面しているのだからまちのもの。

自分勝手に扱ってはいけないもの。

もちろん、そんな決まりはありません。

地域によっては制限があるところがありますが、

基本的に、自分が扱っていいものは自分の意志で扱えます。

けれども、私はNENGOの考え方に共鳴しています。

美しい街並みは、何がしかの連続性や統一性や、

マナーというか、周囲に対する思い遣りのようなものがあると思っています。

PORTER'S PAINTSは、interior & exterior どちらでも

色と質感を与えてくれるペイントです。

意匠的な美しさや優しさとともに

まちとの連続性、統一性、まちへの思い遣りを考えて

ご提案ができるよう 日々精進したいと思います。

ワールドカップ出場が決定しましたね!!

サッカー観戦が好きな、営業スタッフ松川です。

対戦したオーストラリアは、なんといっても、PORTER’S PAINTSの本社がある場所。

よくお客さまから、

「どこの国のペイントなのですか?」

と尋ねられるのですが

「オーストラリアですよ!」

とお答えすると、みなさん若干驚かれます。

私も、PORTER’S PAINTSに出逢ったとき、驚きました。

なんとなく、ヨーロッパのような印象を受けていたからです。

そして、その感覚は間違いではありませんでした。

PORTER’S PAINTSは、創設者のおじいさまの名である“PORTER”から名付けられています。

建築士であったおじいさまは、ヨーロッパ中で使われていた伝統的な塗料の味わいを好んだそうです。

そのおじいさまが残された日記をもとに生まれたのが、PORTER’S PAINTS。

ヨーロッパの建物の修復技術を応用し、現代に取り入れた、歴史あるペイントと言えます。

特徴は、外装であれば、まわりの建物・植栽・街並みと

内装であれば家具やファブリックといい具合に【馴染む】こと。

あるいは、【経年変化が美しい】ということ。

ぴっかぴかで、いかにも新しく見えて、悪目立ちするような空間ではなく

あたかもそこにあったかのような色と、光を味方につけるテクスチャーで

柔らかな主張をする空間をつくることができます。

私も、これから住みはじめる自宅にPORTER’S PAINTSを塗りました!

大好きでいつか使ってみたかった色、“DEW”

Img0545_1_2

こちらは、“NAPOLEON”

Img0546


暑い中の養生作業は、なかなか大変でしたが。。。。

どちらもとても良い壁に仕上がってくれました!

それでは、今日はこのへんで。

Yuina Matsukawa

前回ちらっとご紹介した

タイルおよびレンガの並べ方、第2弾です◎

Img_3666

レンガには、長い方(長手)と短い方(小口)があります。

長手と小口の並べ方によって、全体の表情や受ける印象がすこし異なるのです。

まずはこちら。ご近所の動物病院の外壁です。

Img_0509

長手と小口が交互になっています。

これは「フランス積み」と呼ばれます。

こちらはご近所のお家。

Img_0510

こちらは長手だけで積まれているので、そのまま「長手積み」

同じく小口だけならば「小口積み」です。

こちらは、横浜赤レンガ倉庫。

長手の列と小口の列が交互になっています!

Photo(出典:http://www.yokohama-akarenga.jp/about/history/

こちらは「イギリス積み」と呼ばれています。

これは何積みだろう?と考えながら

まちを歩いてみると、新たな発見があって、とても楽しいですよ。

さて。ここからはプライベートな話ですが

前回紹介したタイルの施工が、ついに今日完了したとのこと!

Img_3668

期待以上の仕上がり!!

オーナーさん、工務店さんに感謝です。

早く住みたくてたまらなくなりました。

このあとは、ついに塗装です。

もちろん、PORTER'S PAINTSも塗装しますよ。

それでは。