伊藤 省太朗 Feed

ちょうど1年前。

絶賛ペイント工事をさせていただいていた2物件が、

この度商店建築5月号(現在最新刊6月号販売中)に掲載されましたので、

ご紹介させていただきます。

5

【葵HOTEL KYOTOプレミアム】

 設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.

 施工:株式会社 安藤・間

 仕様:STONE PAINT COARSE(天井・壁)

【NOHGA HOTEL UENO】

 インテリアデザイン

 共用:フォワードスタイル株式会社

 客室:エンネデザイン株式会社

 施工:清水建設株式会社

 仕様:EGGSHELL(共用・客室共)

共に仕上げ欄にて「ポーターズペイント」とご紹介いただいてます。

まことにありがとうございます。

設計、デザイナーさんとのやり取り、

現場監督さんとのやり取り、

施工スタッフとのやり取り、

今ではとても懐かしく宝物ですが、

1年前は必死でした。。。

このようにご紹介いただけることは本当に有難く、

施工していただいたスタッフと喜びを分かち合いたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

4月中旬に「NENGOの研修」という制度を使って、

Milano/Venice/Parisへ行ってきました。

今回はnendo×DAIKINの「空気の感じ方」について。

Milanoへ行った理由の一番はこれといっても過言ではなく、

実際に拝見させていただいて一番考えさせられたものでした。

普段何気なく感じている風。

風=風+音で感じます。

しかし今回は目のみ。

1回見た時は何だかよく分かりませんでしたが(鈍いので笑)、

2回目見て徐々に理解し始め、ようやく理解出来た時、

それはそれは心の中がむずむずしました。

草原にいるかのような風の波(=草の揺れ)を視覚で感じているのに、

風がないし音もない。

なのに視覚のみで風を感じている。

こんな体験な今までしたことがありませんでした。

しかも風を商売としているDAIKINさんがやっている。

そしてnendoさんの会場の大きさから人を計算されてつくられたインスタレーションは、

個人的には一番良かったです。

この感動は伝わらないと思いますが、

せっかくなので写真をいくつか。

Img_0985

Img_0996

Img_0997

Img_0998

Img_0999

Img_1001


石林さん、丸山さん、渡邉さん、ありがとうございました!

来たる4月で入社して丸12年。

多くの出会いと別れがあり、

今後もきっとあるんだろうな~と。

そんな入社して長い私ですが、

初めて上棟式にお声がけいただき、

先日参加してきました。

一業者なのにお声がけいただけたことに驚き、

大変光栄でした。

お施主さまと施工会社さまの懐の深さを感じるとともに、

設計さん含め、本PJに関してとても強い想いと、

みんなで一緒に良いモノを作るために頑張っていこう!という場は、とても感慨深いものでした。

普段お施主さまとはお会いする機会はあまりないのですが、

お施主さま達の想いを直接聞ける場にいれたことは財産になりました。

これからもお施主さまの為に何がベストかを考え仕上げをご提案していくのはもちろん、

便利な世界になってはいますが、

みんな一つの場に集まって想いを伝えるという事の大切さ・良さを感じ、

今後自分の行動でどうやったらそのような事をお伝え出来るのか。まだまだ課題は多いです。

より良いモノを作るために。

関係者の皆さま、

ありがとうございました。

 伊藤

以前よりご縁のあるACTUSさんへお邪魔してきました。

Actas1

ご縁があるといいながらも新宿店へ行ったのは初。

かっちりさの中に温かさを感じながら店内を拝見していると、

あっという間(=集中していた)に子供の机エリアへ。

Actus2

子供が喜びそうだな~と妄想を膨らませていながら、

何気なく壁を見ていると(=職業病)どこかで見覚えのある刷毛跡が。

以前PORTER'S PAINTSをペイントしていただいており、

その上からAEPローラーにて塗り重ねていました!

Actus3


まさかこのような壁に出会うとは。

感動しました。

まさに壁のメンテナンス。

このように塗り重ねることで壁の歴史は積み重なり、

どんどん壁の表情に深みが増し、

それは空間にまで良い影響を与えていきます。

個人的に現在の日本人に感じることは、

「面倒くさい」「便利」といった残念な感じ。

今後メンテナンスの大切さをどう発信していくか。

すぐに結果を求めるのではなく、

長いスパンで考え、自らの人生をどうしていくのか。

改めて考えていかなくてはならないと感じるひと時でした。

45憶年後には地球はなくなると想定されていますが、

そこからの逆算が出来れば良いのかそうでないのか。。。

それでは。

ミャンマーより技能実習生にきてもらってから、

昨日(2019年1月30日)で訪日してから早一年が経過しました。

この一年を振り返ってみると、、、

「怒涛の一年」という、、言葉では簡単に終わってしまいますが、

とても良い経験をミャンマー技能実習生はもちろん、私もさせていただいています。

一番の失敗は、

当初二人採用したのですが、

一人に逃げられてしまったこと。

当初は正直怒りがこみ上げ中々現実を受け入れることが出来ませんでした。

ただ今となっては素直に自分の悪かったことを受け入れられ、反省し、

残っている一人には同じことを繰り返さないよう気を付けています。

やはり現場を知る・知る姿勢をとることはとても大切なことであり、

逃げられてしまいましたが、彼から改めて学びました。

(今何をしているのかな。。)

さて今いるミャンマー実習生の彼はあと2年弱日本にいます。

その2年で技術を磨いてもらうのはもちろんですが、

3年以降どうするかも併せて話すようにしました。

彼は日本で可能であればずっと働きたいと言っており、

せっかくの縁なので、会社として何が出来るのか彼の為にも考えていき、

ずっと一緒に仕事をしていける環境をつくることを考えています。

是非現場にて見かけた際は、

声をかけていただけると彼も喜びます。

日本語もどんどん理解できるようになっており、

最近良く笑ってごまかされますが、、、

とても素晴らしい人間性で、笑顔も素敵な34歳(男性)イエトエを、

今後ともよろしくお願いいたします。

27540503_1647061642039760_604421732

2018年は日本の様々な土地に行かせていただきました。

東京神奈川県内はもちろん、

館山、成田、朝霧、福岡、大阪、京都、宇治、奈良、名古屋と。

年末で色々な出来事をしっかり振り返らせていただきます。(お酒と一緒に。)

平成30年も大変お世話になりました。

来年もまたよろしくお願い致します。

それでは良いお年を。

673220ce6e0a4f94b192672ad57ee232

11月1日(木)上野に新たなホテルがOPENしました。

その名も「NOHGA HOTEL UENO(ノーガホテル上野)」。

8e8003744fb741668ec8a715a4f7ee42

その地域と深くつながること。

そこから生まれる素敵な経験を大切にするホテル。

そのホテルにてこの度PORTER'S PAINTSを使用いただきました。

(客室、1F2F共用部、3F以上のEVH、スイート等々)

340242bb712747aeaa24a5b85ddde7fe

今回使用いただいたテクスチャーはEGGSHELL

2~3部艶があり、刷毛でランダムにペイントすることで表情が生まれ、

光と見る角度によって表情が変わり、

フラットなんだけどすっきりすぎない味のある、

美しい仕上がりになります。

(写真からでは全く伝わってません。。HPのROOMにてテレビが取り付けられている壁面で良い写真有。)

今回重きをおかれたのはタッチアップ(=部分補修)。

EGGSHELLは一般塗装よりも強度が強く外部でも使用可能。(2018年11月現在)

汚れた場合は水拭きで元通りになる、実は優れもの。

傷がついた後でもどの程度タッチアップ箇所が分かるのか、

デベロッパーである野村不動産様へ伺いPJチームの方へ実際にタッチアップ実演を行い、

もちろん全く艶が上がらないわけではないのですが、

この程度なら全然問題ないということで採用いただきました。

今後汚れや傷つくことは必ずありますが、

ペイントは自分でもペイント可能なもの。

是非タッチアップも違った角度からの地域とつながる一つのイベントとしてやっていただけたら、

他にはないホテルになるのではと勝手に妄想しています。

是非お近くによられた際は足を運んでみていただけると嬉しいです。

ひと月前になってしまいましたが、

商店建築10月号に御協力させていただいた物件が紹介されておりましたので、

ご紹介させていただきます。

71dde3073a484cbfba7976172ab3efe3

物件名 : ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント

設   計 : 株式会社   松井亮建築都市設計事務所

施   工 : 株式会社   礎コラム

仕   様 : FRENCH WASH

設計の方、施工会社の方、施工スタッフ、社内・社外の方、

大変多くの方に助けていただきながら終わる事が出来た現場です。

多くの事を学ばせていただいた現場。

この場をお借りしまして、、、

ありがとうございました!

もう店内には置いてませんが、

ネットでは販売されているのでよろしければ是非。

それでは。

会社近くの駅の駅舎を新築している現場がある。

その駅は学校が隣接していて、

学校の校庭の一部(といっても結構な広さ)を駅舎にしている。

建築は基本的には時間がかかる。

その時間をどう使うのか。

ただイメージパースやストーリーある写真だけ並べても周りの人には深くは伝わらない。

周りの人に愛着を持ってもらうにはどうしたら良いのか。

今回の駅舎はどうだったのだろう。

当然学校に通っている子供達は校庭が狭くなって嫌な気持ちだろう。

もしかしたら納得してない児童もいる。

その逆でほとんど気にしない子もいる。

でもきっと先生達は駅が新しくなるから仕方がないと伝えているのか、いないのか。

学校はどのように子供達に伝え、

市はどのように学校に伝え、

子供達にどのように伝えるのか伝えたのか。

またその周辺の人たちへも。

伝えたとしていてもタイミングも重要で、

そのスケジュールは遅くなかったのか。

伝えても遅かったら意味がない。。。

そこら辺をしっかり伝えているのであれば、

将来ここの小学校を卒業した子供達は、

今回新築される駅に愛着を感じるだろうし、

自分の住んでいる街にも愛着を感じる一つのきっかけになるんだろうなと。

なかなか根気がいる事ではあるが、

そろそろ上辺だけではどうにもならないので、

将来の為にも今出来る事を精一杯やる。

Fdf52b00afe14f71844f95988ca87404

ここで終わってもあれなので最後に宣伝を(笑)

PORTER'S PAINTSは色に名前をつけている。

ただ完成しました!ではなく、

なんでこの素材でどうしてこの色なのか、

相手に愛着を持ってもらえる一つのきっかけにもなるので、

ご興味のある方は是非。

残暑が厳しい中、
自然はようやく秋らしくなってきました。
最近よく気にしているのは葉の緑。


生き生きとした緑から徐々に色褪せてきているのを確認出来ると、
夏の終わりを猛暑の中感じてます。


ふと、なぜ葉は緑なのか、、、と単純な疑問。


それはクロロフィルが短波長と長波長をよく吸収して、
中波長を反射するから。


またこれからの季節は、
そのクロロフィルの働きが衰えカロテノイドの活動が活発になり、
短波長は吸収されて中波長と長波長が反射されるので黄色く見えます。


また赤くなる葉はアシアトニンが関係してます。


そういった視点から普段目にしている景色を見ると、
また違った景色に見えて結構おススメです。


是非これからの季節、
自然の色が豊かになるので楽しんでみてください。


12182c11da3f4813b094fbd542c34892